予約管理担当者にログイン情報を通知する/予約管理担当者機能


SELECTTYPEの予約システムでは、予約情報を複数の担当者(サブ管理者)で共有管理することが出来ます。

登録された担当者(サブ管理者)は、担当者専用画面から予約情報を管理できるようになりますので、
担当者には担当者専用画面のログイン情報をお知らせしなければなりません。
担当者の登録情報・ログイン情報は担当者管理画面から担当者宛てにログイン情報を通知する機能がございます。

このブログエントリーでは、予約担当者に登録情報(ログイン情報)を通知する方法をご案内します。

予約管理担当者にログイン情報を通知する/予約管理担当者機能

担当者へ登録情報を通知する機能は担当者一覧画面から行います。
ログインしたらページ上部ヘッダーの「担当者管理」をクリックします。

担当者一覧画面が表示されます。
担当者毎の操作欄にある「メール通知」ボタンをクリックします。

メール通知画面が表示されます。
メール通知画面には、担当者の登録情報、ログイン情報が初期セットされています。
件名や内容を変更たり補足する内容を追加してメールを送ることもできます。

パスワードはセキュリティを考慮して管理者でも確認することは出来ません。
通知画面では「[[PASS]]」と置き換え文字になっていますが、通知されたメールにはパスワード情報が記載された状態で通知されます。

通知内容が確定しましたら「送信する」ボタンをクリックします。
これで担当者宛てに担当者画面のログイン情報、登録情報が通知されます。

担当者は通知されたメールから担当者画面にアクセスします。

通知されたメールの登録情報を入力して担当者画面にログインできるようになります。

このようにSELECTTYPEの予約システムでは、担当者に担当者画面の登録情報・ログイン情報を通知する機能をご用意しています。
担当者(サブ管理者)を登録しましたら、メール通知機能を使用してお知らせするようにしましょう。

SELECTTYPE: 無料でWEBサイト/予約フォーム付き予約システム/イベント管理・セミナー管理システム/メールフォーム付きサポートシステム/各種フォーム作成(アンケート,診断テスト)