広告効果測定タグ内に予約情報ごとに発行される予約識別番号を埋め込む


SELECTTYPEの予約システムでは、予約フォームから受付けた予約情報ごとにユニークな「予約識別番号」を発行することが可能です。
この予約ごとに発行された識別番号を、広告効果測定タグ内に埋め込んで連動させることが可能です。

このブログエントリーでは、広告効果測定タグ内に予約識別番号を埋め込む方法をご案内します。

事前に予約識別番号を割当てる設定が必要です。
設定方法は以下のヘルプ記事をご参照ください。
予約ごとにユニークな予約識別番号を発行する

広告効果測定タグ内に予約情報ごとに発行される予約識別番号を埋め込む

ログイン後、ページ上部ヘッダーより「予約フォーム」→「SEO設定」とクリックします。
1.ヘッダーから予約フォームのSEO設定画面へ

 

予約フォームのSEO設定画面が表示されました。
広告効果測定タグの設定エリアがページ下部に用意されています。
2.広告効果測定タグエリアの様子

予約識別番号を埋め込みたい位置にカーソルを置き、「予約識別番号挿入」をクリックします。
すると予約識別番号と自動置換されるプレースホルダー文字列が挿入されます。
4.識別番号置き換え用のプレースホルダーが挿入された

 

タグの設置位置は「完了画面」に指定しましょう。
5.タグ設置位置は完了画面に

 

最後に「保存する」ボタンをクリックして設定完了です。
5.適用は保存ボタンで

 

これで、予約完了画面に”予約識別番号と自動置換するプレースホルダー”が埋め込まれた広告効果測定タグが表示されるようになりました。
お客様が予約を完了させると、「予約識別番号」が表示されます。
この発行された「予約識別番号」は広告効果測定タグ内のプレースホルダーに自動置換され、広告効果測定タグに渡されます。

これで予約情報ごとに詳細な広告効果測定をすることが実現出来ることでしょう。
(広告効果測定タグの仕様は提供元会社様によって異なります。各測定会社様へお問合せください)

 

SELECTTYPEの予約システムではこのように「予約識別番号発行機能」と「広告効果測定タグ埋込機能」も連動しています。
予約情報ごとに広告効果測定をするには、この予約識別番号の広告効果測定タグ埋込機能をぜひご活用ください!

 

SELECTTYPE: 無料でWEBサイト/予約フォーム付き予約システム/イベント管理・セミナー管理システム/メールフォーム付きサポートシステム/各種フォーム作成(アンケート,診断テスト)