2021/4/30(金) 10:005/31(月) 16:00Googleカレンダー登録
締切間近
残り1

アゲハ蝶の幼虫おすそ分け企画

※ゆったりーの会員限定
昨年好評につき、今年も企画しました!

虫好きのお子さん、親子でアゲハの幼虫を育ててみたい、と思ったパパ・ママいらっしゃいませんか?

※キャンセル待ち2組まで受付けます
会場
ゆったりーの
ホームページ
http://yuttarino.org/contact.html
住所
〒1620853 東京都新宿区北山伏町2-17 北山伏児童館1階
アクセス

幼虫を育てる流れ

おすそ分けする幼虫は3匹

ペットボトルの簡易的な虫かごに、幼虫とミカンの葉を入れてお渡しします。

虫かごはこのままでも育てられますが、一般的な飼育ケースに入れたほうが観察しやすいと思います。
ミカンの葉は2~3日に1回は新しいものに変えます。近所にミカンの木がない場合はゆったりーののお庭にもらいに来てください。

飼育は難しくありませんが、きちんとお世話していても、死んでしまう場合もあります。

卵から4齢幼虫は黒色

脱皮を重ねるごとに白い線が入り、鳥のフンに擬態して食べられないように身を守っています。
幼虫の大きさには個体差もありますが、葉っぱをよく食べてみるみる大きくなっていきます。

5齢幼虫~サナギになるまで

5齢幼虫への脱皮で体は緑色になります。眼のように見える大きな黒いのは模様で、目は別のところにあるので観察してみてね。

蛹になるときには、好みの場所を探すために歩き回ります。隙間があると、脱走してしまうので気をつけてください。蛹になる直前に体内の不純物をすべて出し尽くすので、水っぽいフンが葉に付いていたら、蛹になる準備だと思います。

羽化

サナギになって10日〜2週間ほどで羽化します。羽化直前は蛹が黒ずみ、模様が透けて見えてきます。

羽化した後は、枝などにつかまり縮んだ羽根を伸ばししばらくは飛び立ちません。
羽化の時間はとても短い時間なので、その瞬間に立ち会うのはけっこう難しいので、見られたらラッキー!です。

参考資料

お渡しする時期にもよりますが、だいたい1か月くらいのお世話で羽化していきます。(写真はゆったりーので羽化した蝶を花壇に移したときの写真)

お家でお世話している様子や、羽化した蝶など、昨年も皆さんが写真を送ってくれました。
よかったらゆったりーのに写真を送ってね!

参考資料

お渡しする幼虫は黄色いアゲハ(いくつか種類があるらしい)がほとんどなのですが、稀に黒いアゲハも混ざっていることもあります。
すみません、ゆったりーのスタッフは正式な種類や、幼虫の時に見分けたりができません~
ぜひ図鑑で調べてみてね!

応募条件1

2021年度、上期の活動会員または、運営会員であること。
(お申し込みの際に、会員になっていただくこともできます)

応募条件2

ゆったりーの開館時間に取りに来られる方。
月火水金土 10時~16時
 

応募条件3

餌になる柑橘系の葉っぱを入手できる方。
(ゆったりーののお庭にもらいにくるのでもOK)