2021/12/24(金) 09:002/28(月) 17:00Googleカレンダー登録
受付中

いばらき水素普及促進シンポジウム2021

茨城県では、カーボンニュートラルの実現に向け、燃やしてもCO2を出さない新時代のエネルギーとして注目される「水素」への関心や理解を深めていただくために、県民・県内企業・行政関係者の方々を対象とするオンラインシンポジウムを開催いたします。今回のシンポジウムでは、行政や研究機関、企業など産学官様々な分野の方々をお迎えし、水素の製造や利活用に係る国内外の最新の取組をご紹介いたします。
たくさんの方々のご視聴をお待ちしております。
会場
ホームページ
住所
アクセス

開催プログラム

●基調講演
カーボンニュートラル時代における水素政策の今後の方向性
経済産業省 資源エネルギー庁
新エネルギーシステム課/水素・燃料電池戦略室
三木 美加子 氏

●国内の先進事例紹介
「変動再エネ電力へ対応するアルカリ水電解設備の開発およびトクヤマの水素事業の取り組み」
株式会社トクヤマ
GREEN プロジェクトグループ主席
田中 康行 氏

「やまなし水素・燃料電池バレーの実現」
山梨県 産業労働部
成長産業推進課 主任
山寺 勲 氏

「カーボンニュートラルの実現へ!山梨県における水素エネルギー社会の実践とYHCによるエネルギー需要転換への挑戦
山梨県 企業局 電気課
新エネルギーシステム推進室 副主幹
坂本 正樹 氏

●海外の先進事例紹介
欧州における水素製造・利活用の最新動向
株式会社野村総合研究所
サステナビリティ事業コンサルティング部 プリンシパル
樋詰 伸之 氏

●先端研究紹介
産業技術総合研究所における水素エネルギー技術等に関する研究開発
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 
ゼロエミッション国際共同研究センター
水素製造・貯蔵基盤研究チーム長
高木 英行 氏

新型MIRAIの開発と水素社会実現にかけた想い
トヨタ自動車株式会社
MidSize Vehicle Company MS製品企画 ZS 主査
清水 竜太郎 氏

参加費は無料ですが、事前申込みが必要です。

2022年2月28日15:00まで。

【視聴上の注意】

・プログラムの内容は主催者の都合により変更する場合がございます。
・プログラムの視聴は長時間となりますので、通信容量や速度制限のないWi-Fi利用を推奨します。

【申込み方法】

・インターネット環境のあるパソコン、スマートフォンを使用して視聴いただくシンポジウムです。
・ご視聴を希望される場合は、お一人ずつ事前申込が必要となります。
・参加ご希望の方は申込みフォームに必要事項等をご入力いただきお申込みください。

○主催:茨城県、いばらき水素利用促進協議会

○後援:関東経済産業局
【問い合わせ】茨城県 産業戦略部 技術振興局 科学技術振興課( 担当:樫村)