2022/11/18(金) 13:1516:00Googleカレンダー登録
申込締切

円空仏を鑑賞しよう

講師:瀧川 和也
  • 会員(入館料・室料含む) :¥3,000(税込)   申込締切
  • ビジター(入館料・室料含む) :¥3,500(税込)   申込締切
申し込みは終了しました
この講座は三重県総合博物館に行き「企画展・三重の円空」を見て瀧川先生のお話を伺います。
円空さんは岐阜の人、あまり三重には関係がないと思われていますが、実は三重県内には円空さんの仏像があちらこちらに残されています。有名なところでは、志摩市磯部町五知の薬師三尊像、志摩市阿児町にある立神少林寺の護法神像・観音像・片田三蔵寺の聖観音像などがあります。
珍しいのは、菰野町にある明福寺の薬師如来・阿弥陀如来像、実は一本の木の両面に彫られているのです。大きさは166cm、頭が大きくてちょっとユーモラスな仏像です。そして、圧巻なのは津市真教寺にある2mを超える十一面観音像です。
また、立神と片田に残された大般若経の扉絵が188点も展示されます。北は北海道から南は奈良まで歩き、現存する仏像は5300体あまり、数は多くありませんが、その中で三重に残された円空仏から読み取れるものはなんでしょう。
会場名
三重県総合博物館
ホームページ
https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/index.shtm
住所
〒5140061 三重県津市一身田上津部田3060
アクセス

講師紹介

瀧川 和也

三重県総合博物館 調査・資料情報課 課長

その他

※参加費は当日、会場入り口にて五十鈴塾スタッフへお支払いください。

※申し込み受付後、自動返信メールが送られます。受信画面にメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられる可能性がありますので、一度ご確認頂きますようお願い致します。
※返信メールが届かない場合は、五十鈴塾までご連絡ください。
申し込みは終了しました