2022/3/15(火) 18:0020:00Googleカレンダー登録
申込締切

<東京大学バリアフリー教育開発研究センター インクルーシブ定例研究会>いま悩んでいるあなたへ、

――生きづらさを抱える子どもたちへの応援メッセージ
申し込みは終了しました
今回の講師の渡邊洋次郎さんは、中学生のときに不良グループから強制的にシンナーを吸わされ、鑑別所、少年院へ。18歳でホストになったことをきっかけに酒に溺れ、アルコール依存症等で精神病院への入退院は48回。30歳で窃盗などで刑務所にも3年間服役。末期がんの父親の最期にも立ち会わず仲間と薬物にふけり、家族とも断絶。出所後、「リカバリハウスいちご」とつながり、ピアカウンセリングや就労支援を受け、10年以上をかけて少しずつ回復。現在は、同団体員として働いています。
 渡辺さんは自身の体験を『下手くそやけどなんとか生きてんねん』という本にまとめられました。


 今回は、渡邊さんに、生きづらさを抱えて悩む小学生・中学生・高校生・大学性など10代の若者に向けた応援メッセージを語って頂きます。
 生きづらさを自覚している若者の皆様、そして、生きづらさを抱えた子どもや若者の心の内をどう理解したら良いか迷っている大人の皆様、ぜひご参加ください。
会場
オンライン(zoom):無料
ホームページ
https://www.p.u-tokyo.ac.jp/cbfe/
住所
アクセス

講演者紹介

渡邊洋次郎

1975年、大阪府生まれ。介護福祉士。十代から鑑別所入所、少年院入院を繰り返す。二〇歳からアルコール依存症等で精神科病院へ四八回入院。三〇歳からの刑務所服役後、自助グループへつながり、回復の道を歩み始める。現在、依存症回復支援施設で職員として働きながら、啓蒙活動や海外の自助グループとの交流を行っている

タイムテーブル

時間 内容
18:00 ご講演
19:00 質疑
20:00 終了予定

注意事項

当日の講演内容は録画して、後日センターホームページより視聴いただけるようにする予定です。当日の録画・録音などはご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

問い合わせ先・その他

配慮事項のある方は、3月10日までにご相談ください。
お問い合わせは以下から御願いします。
https://www.p.u-tokyo.ac.jp/cbfe/contact/
申し込みは終了しました