2022/3/12(土) 08:453/14(月) 15:00Googleカレンダー登録
キャンセル待ち

HLC関西 熊野古道・小辺路2泊3日ULハイキング

【UL HIKING PRACTICE】
参加料金:¥8,000(税込)
3月のHLC関西では、紀伊半島の山々と集落を繋ぎ熊野本宮大社まで伸びる熊野古道・小辺路で、2泊3日の実践的なUL(ウルトラライト)ハイキングを行います。

今回のプログラムは、ULハイキングを学ぶことに重点を置いた『UL HIKING LECTURE/WORKSHOP』からステップアップし、チャレンジングなハイキングを実践する『UL HIKING PRACTICE』。通常、3泊4日かかる行程を2泊3日で行く歩きごたえのある山行をアンバサダーとコミュニティーの仲間がチームになって行い、共にULハイキングの可能性を深めていきます。

過去に山と道HLCの1泊2日以上のハイキングプログラムに参加したことがあり、十分に山の経験がある方を対象としたプログラムです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 行動時間・距離が長いULハイキングの実践
  • 事前のギアリスト作成やアンバサダーによる道具の取捨選択への提案を経て、実際にUL装備での山行を経験
  • 山と道とシックスムーンデザインズ製品のレンタルが可能
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


HLC関西 熊野古道・小辺路2泊3日ULハイキング

場所:紀伊半島中央部『熊野古道・小辺路』
開催日:3月12日(土)ー14日(月)
集合:3月12日(土)8:45/高野山駅
解散:3月14日(月)15:00/紀伊田辺駅
定員:6名 ※最少催行人数:3名
参加費:8,000円 ※当日現金でお支払いください。
参加対象:過去に山と道HLCプログラムに参加経験がある方で、1泊2日以上のテント泊縦走の経験のある方
募集締切:2月11日(金)

※申し込み後に山行経験が十分でないと判断した場合、参加をお断りする可能性があります。
※緊急事態宣言、まん延防止措置の発令によって、参加対象者を限定したり、プログラムの内容の変更や順延、中止とする場合があります。
※雨天決行、荒天中止です。プログラムの中止の場合は、前々日の19時までに判断しご連絡します。


山と道HLC関西アンバサダー 中川裕司よりメッセージ
「高山の縦走とは違う古道ならではの歴史と人との触れ合いを感じながらの、関西らしい温かい旅になるのではないかと思います。ゴールには圧倒的な存在感の熊野本宮大社があり、旅の終わりを演出してくれるのも最高です。きっといつものハイキングとは一味違った趣のあるものになることでしょう! 季節も春めいて草花も動きをみせる頃。標高も低い位置でのテント泊なのでギアテストなんかもしやすくて最高の季節ですね。」

熊野古道・小辺路について
熊野古道のひとつで、高野山を起点に水ヶ峰、伯母子岳、三浦峠、果無峠などの1000m級の山と集落を繋いで熊野本宮大社まで伸びる山岳古道で、古くから山岳信仰と神道や仏教が融合した修験道の地として成立。「紀伊山地の霊場と参詣道」の「熊野参詣道」の構成資産の一部として、ユネスコ世界遺産にも登録されています。

山と道HLC関西アンバサダー中川裕司が過去に小辺路をファストパッキングした時の山行記








行程
【1日目】8:45高野山駅(集合)、9:30ろくろ峠、12:30水ヶ峰、16:00萱小屋跡避難小屋
【2日目】6:30萱小屋跡避難小屋、8:30伯母子岳、12:00三浦峠、15:00川合神社付近
【3日目】5:45川合神社付近、8:00果無集落、9:30果無峠、11:30熊野道の駅、12:30熊野本宮大社、15:00紀伊田辺駅(解散)

※行動時に昼食時間は設けません。休憩時または行動時に行動食を取りながらの山行になります。
※天候等により、予定は変更する場合があります。


プログラム当日までの流れ
今回のプログラムでは、参加者の方に事前のギアリストの作成やアンバサダーによる道具の取捨選択への提案、山と道製品等の軽量な道具への交換を経て、実際にULスタイルでのハイキングを経験していただくことを目的としております。そのため、参加者の方には事前に以下のプロセスへのご協力をお願いしております。
  1. お申し込み時に、ギアリストの作成方法や注意事項等を記したメールをお送りします。
  2. プログラムの山行を想定したギアリストを作成し、ご提出いただきます。※2月20日(日)まで
  3. アンバサダーがギアリストを確認し、軽量化のアドバイスを行うと共に、山と道製品等の軽量な道具へのレンタルでの交換をご提案します。※2月27日(日)まで
  4. アンバサダーからの提案を元に、ご案内するレンタルサービスからレンタル希望品をご注文いただきます。(アンバサダー提案以外の山と道製品のレンタルも可能です)。※3月6日(日)まで
  5. レンタル製品への装備の交換を経て、実際にハイキングに参加します。
※アンバサダーにより装備の軽量化がなされていると判断された方も、レンタルサービスのご利用は可能です。お試しになりたい製品があればぜひご活用ください。


必携品について
2泊3日テント泊山行の装備一式、食料、水、アルコールジェル


山と道HLCレンタルサービスについて
本プログラムでは、実施シーズンに適した山と道製品のレンタルが可能です。申し込み方法については、ギアリスト作成後の軽量化のアドバイスと一緒にご案内させていただきます。

レンタル料金:無料
※お届け時の送料と配送手数料として、一律800円いただきます。
※お戻し時の送料はご負担ください。


感染防止対策について
  • ご自身もしくはご家族に、風邪の症状や37度以上の発熱がある場合は参加をご遠慮ください。
  • 移動手段で公共交通機関を使う場合はマスクを着用してください。
  • プログラム中は適宜マスクを着用し、参加者同士のソーシャルディスタンスを維持してください。
  • トイレの前後、食事の前は手洗いもしくはアルコールジェルを使った手指消毒を徹底してください。
  • 飲食時には、食器の貸し借りや食べ物等のシェアは避けてください。


その他
  • 本プログラムは登山ガイドによるツアーではなく、ULハイキングについての理解を深める目的で実施します。集合場所までの移動中またはハイキング中の事故等は、全て自己責任となることをご理解の上ご参加ください。
  • 参加費に保険料は含まれておりません。万が一の事故や怪我に備えて、YAMAP登山保険やモンベル野あそび保険等の保険に、各自で加入されることをお勧めいたします。
  • 自動車等の手配が困難で、集合・解散場所へのアクセスができない方は、一度ご相談ください。

 
会場
ホームページ
住所
アクセス

山と道HLC関西アンバサダー

中川 裕司 Yuji Nakagawa

『山道具谷ノ木舎』店主。カメラを片手に放浪中、チベットやカラコルム、ラダック等の山岳民族の生活文化や、その圧倒的な風景に魅せられて、アウトドアカルチャーにハマっていく。旅の経験からアジアや中東各地の手仕事と結びついたアパレルメーカーを経営しつつ、2020年4月に山道具屋、山道具谷ノ木舎をオープン。持ち前の機動力を活かして、ウルトラライトスタイルで野山を駆けめぐり、ハードリカーを飲みながら野営するのがいちばんの大好物。ニックネームは『きんにくん』。
@hlc_kansai