2021/7/30(金) 10:457/31(土) 15:00Googleカレンダー登録
キャンセル待ち

HLC鎌倉 八ヶ岳1泊2日ULハイキング

【UL HIKING WORKSHOP】
参加料金:¥4,000(税込)

7月のHLC鎌倉では、深い原生林や神秘的な湖沼が美しい北八ヶ岳で、1泊2日のUL(ウルトラライト)ハイキングワークショップを行います。

ULハイキングのノウハウを実践的に学ぶことを目的とした本プログラムでは、事前のギアリスト作成と山と道スタッフによる装備軽量化の提案後、道具の取捨選択や山と道HLCレンタルサービスを使っての軽い道具への交換を経て、実際にULスタイルでのハイキングを経験します。

当日のハイキングは距離をあえて短めに設定し、ハイキング中やテント場で、パッキング講座や参加者を交えたディスカッションをしながら、より具体的にULハイキングの理解を深めます。

ULハイキングをこれから実践したいと考えている方、テント泊を伴う山行経験がある方を対象としたプログラムです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • ULハイキングのノウハウをフィールドで実践的に学ぶ
  • 事前のギアリスト作成や山と道スタッフによる道具の取捨選択への提案を経て、実際にUL装備でのハイキングを経験
  • 山と道・シックスムーンデザインズ製品のレンタルが可能

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


HLC鎌倉 八ヶ岳1泊2日ULハイキング
場所:山梨・長野両県に跨る『八ヶ岳』
開催日:7月30日(金)ー7月31日(土)
集合:7月30日(金)10:45/麦草峠
解散:7月31日(金)15:00/麦草峠
定員:10名 ※最少催行人数:5名
参加費:4,000円 ※当日現金でお支払いください。
参加対象:テント泊を伴う山行経験がある方
募集締切:7月2日(金)

※雨天決行、荒天中止です。プログラムの中止の場合は、前日の15時までに判断しご連絡します。
※感染症拡大の影響に伴い、プログラム内容に変更が生じる場合があります。


山と道スタッフよりメッセージ
「HLC鎌倉の初となるUL Hiking WORKSHOPは八ヶ岳で開催! 個性的な山々が連なりシーズンによって様々な顔をもつ八ヶ岳は、山と道スタッフ皆が大好きな山です。今回はただ歩くだけでなく参加者の皆さんとのULハイキングについてのディスカッションや、シェルターやストーブの実践的な説明もあるので、学び多き時間になると思います。ぜひ、ご参加ください!」(山と道スタッフ 木村弘樹)

「軽量化をしていくには基本となる考え方を学ぶことから始まりますが、フィールドで実際に歩き、今の重量をリアルに感じることが何よりも重要です。元気なときには軽く感じていても、1日目の終わり、2日目の終わりと徐々に身体が疲れていくことで、見えていなかった重さを身体で知ることになります。軽量化の恩恵を山で感じ、また試行錯誤し山に行く。これを繰り返すことで皆さんのハイキングがより快適に軽く楽しめるようになります。」(山と道スタッフ 中村純貴)

八ヶ岳について
長野県と山梨県に南北30kmにわたって広がる山々の総称で、日本百名山の1つです。夏沢峠を堺に、南八ヶ岳と北八ヶ岳とそれぞれ分けて呼ばれており異なる表情を見せます。南八ヶ岳は男性的で荒々しい岩稜帯や急登が続き、多様な針葉樹林と美しい湖沼が広がる北八ヶ岳は女性的で優しい雰囲気を持ちます。








行程
【1日目】10:45麦草峠(集合)、11:10麦草峠出発、12:00丸山、12:15高見石小屋(休憩30分)、14:15中山、14:45黒百合ヒュッテ、15:15ワークショップ開始
【2日目(かめ組)】6:00朝食、7:00黒百合ヒュッテ発、8:45東天狗岳、9:05西天狗岳、9:25東天狗岳、10:40黒百合ヒュッテ(休憩30分)、12:15にゅう、白駒の池14:00、14:20麦草峠、15:00麦草峠(解散)
【2日目(うさぎ組)】6:00朝食、7:00黒百合ヒュッテ発、8:15東天狗岳、8:30西天狗岳、8:45東天狗岳、10:15硫黄岳、11:45東天狗、12:30黒百合ヒュッテ(休憩30分)、14:00にゅう、14:45白駒の池、15:00麦草峠(解散)

※1日目は通常のコースタイムで全員で歩きます。2日目は1日目と同じスピードのかめ組と、コースタイムの0.7程度で進むうさぎ組の2組に分かれて歩きます。
※上記の地図は2日目にうさぎ組を選んだ方の行程です。かめ組を選んだ方は西天狗岳で折り返します。
※行動時に昼食時間は設けません。休憩時または行動時に行動食を取りながらの山行になります。
※予定は変更する場合があります。


プログラム当日までの流れ
今回のプログラムでは、参加者の方に事前のギアリストの作成や山と道スタッフによる道具の取捨選択への提案、山と道製品等の軽量な道具への交換を経て、実際にULスタイルでのハイキングを経験していただくことを目的としております。そのため、参加者の方には事前に以下のプロセスへのご協力をお願いしております。
 

  1. お申し込み時に、ギアリストの作成方法、注意事項等を記したメールをお送りします。
  2. プログラムの山行を想定したギアリストを作成し、ご提出いただきます。※7月9日(金)まで
  3. 山と道スタッフがギアリストを確認し、軽量化のアドバイスを行うと共に、山と道製品等の軽量な道具へのレンタルでの交換をご提案します。※7月16日(金)まで
  4. 山と道スタッフからの提案を元に、ご案内するレンタルサービスからレンタル希望品をご注文いただきます。(山と道スタッフ提案以外の山と道製品のレンタルも可能です)。
  5. レンタル製品への装備の交換を経て、実際にハイキングに参加します。

※山と道スタッフにより装備の軽量化がなされていると判断された方も、レンタルサービスのご利用は可能です。お試しになりたい製品があればぜひご活用ください。


必携品について
1泊2日テント泊山行の装備一式、食料、水、アルコールジェル


山と道HLCレンタルサービスについて
本プログラムでは、実施シーズンに適した山と道及びシックスムーンデザインズ製品のレンタルが可能です。申し込み方法については、後日ご案内させていただきます。

レンタル料金:無料 ※郵送時の送料のみご負担いただく予定です。


感染防止対策について

  • ご自身もしくはご家族に、風邪の症状や37度以上の発熱がある場合は参加をご遠慮ください。
  • 移動手段で公共交通機関を使う場合はマスクを着用してください。
  • プログラム中は適宜マスクを着用し、参加者同士のソーシャルディスタンスを維持してください。
  • トイレの前後、食事の前は手洗いもしくはアルコールジェルを使った手指消毒を徹底してください。
  • 飲食時には、食器の貸し借りや食べ物等のシェアは避けてください。



その他

  • 本プログラムは登山ガイドによるツアーではなく、ULハイキングについての理解を深める目的で実施します。集合場所までの移動中またはハイキング中の事故等は、全て自己責任となることをご理解の上ご参加ください。
  • 参加費に保険料は含まれておりません。万が一の事故や怪我に備えて、YAMAP登山保険やモンベル野あそび保険等の保険に、各自で加入されることをお勧めいたします。
  • 自動車等の手配が困難で、集合・解散場所へのアクセスができない方は、一度ご相談ください。
会場
ホームページ
住所
アクセス

山と道スタッフ

木村 裕樹 Kimura Hiroki

山と道HLCの情報発信、オンラインショップの発送管理など担当。
幼少期の父との旅を原点に、学生時代から海外の僻地への旅や、砂漠マラソンなどのクレイジーレースに傾倒。その後、逗子の身近な自然や暮らしに惚れ引っ越し。逗子鎌倉葉山のローカルな山をくまなく散策し、仲間を連れ走り回る日々の中、山と道とULハイキングと出会う。
逗子では山と道での経験を活かし地域のこども向けの冒険企画や、逗子海岸でテントサウナを主催したりと、自身の好きなこと軸に誰かや地域と活動をライフワークとしている。
山と道を通してその人がありのままにいられるハイキングコミュニティを、全国様々な場所で作っていきたい。

中村 純貴 Junki Nakamura

山と道研究所SHOP店長など営業業務全般を統括。
学生の頃にはまった山登りを続ける中で、アメリカのロングトレイルを知り、2018年にメキシコからカナダまでアメリカを縦断する「パシフィッククレストトレイル」4250kmを踏破。歩いたことで「足るを知る」という考え方に気づき、身軽になる重要性を知る。
そして道中にSNSやBookをつくり発信していくことで、ハイキングカルチャーを伝えていくことの面白さに気づき山と道の門をたたく。
ハイキングがいかに楽しく、心身共にヘルシーになれるかを沢山の人に伝えていきたい。