17/12/09 10:3015:30Googleカレンダー登録
締切間近
残り28

かんもくフォーラム2017

「大人のかんもくフォーラム」
参加料金:¥1,000
 今年は成人当事者にフォーカスした「大人のかんもくフォーラム」をコンセプトに企画しました。

 現在も緘黙とともにある成人当事者、緘黙とともにあった経験者を含めた成人当事者の声を届ける、あるいは成人当事者の声に耳を傾けたいと思えるようなプログラムを考えております。

 成人を対象とした緘黙当事者の研究、支援、居場所づくり等は、未だ進んでおらず、当事者自身の苦しみもあまり知られていない現状です。今まで埋もれてしまっていた「声」を発信することで、様々な立場の方にとってよき時間となりますよう準備中です。

 スタッフ一同、多くの方のご参加をお待ちしております。
会場
愛知県産業労働センター ウインクあいち
ホームページ
https://www.kanmoku-forum.com/
住所
〒4500002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
アクセス
▶︎電車でお越しの方
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より
◎JR名古屋駅桜通口から
 ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
◎ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

※名駅地下街サンロードからミッドランドスクエア、マルケイ観光ビル、名古屋クロスコートタワーを経由 徒歩8分

--------------------------------------------------------

▶︎お車でお越しの方
名古屋高速都心環状線
「錦橋」出口より約6分

駐車場…収容台数123台
※駐車場からの台車利用は出来ません。

登壇者紹介

広瀬 慎一さん

臨床心理士

2015年より場面緘黙を抱えている人、経験者、支援者、家族、のための交流の場として緘黙支援のボランティアグループ「かんもくグループ(北海道)」を運営。
成人当事者への関心も高い。

浜田 貴照さん

場面緘黙経験者

2006年より場面緘黙症(選択性緘黙)・全緘黙症を巡る諸問題を社会に訴え、解決に取り組む「かんもくの会」を運営。

症状が重く社会に出られない成人当事者の現状などを伝えたいと、日本特殊教育学会において毎年自主シンポジウムを開催している。

らせん ゆむさん

イラストを中心に活動するクリエイター
場面緘黙経験者

自身の緘黙経験を綴ったコミックエッセイ『私はかんもくガール しゃべりたいのにしゃべれない場面緘黙症のなんかおかしな日常』(2015 合同出版)著者。

現在は二児の母であり、子育てに奮闘中。

加藤 諄也さん

場面緘黙当事者

2013年より、支援者、保護者らと「場面緘黙を考える会 富山」を運営。副代表。
教員に向けた研修会、趣味であるけん玉を通しての交流など、当事者ならではの活動を行っている。

現在、新聞配達に勤務。
カフェ(週1)で就労の体験。

日本けん玉協会認定2級指導員(アシスタント役と一緒に指導に当たる条件つき)も有している。

入江 紗代さん

場面緘黙経験者

2014年よりfacebookページ「かんもくの声」を開設。

「私の自己表現」を軸に、場面緘黙経験者として講座などのイベント企画、情報やテキストの発信、緘黙の当事者研究などの活動を行っている。

高木潤野さん

長野大学社会福祉学部准教授、博士(教育学)、臨床発達心理士

東京都立あきる野学園養護学校自立活動専任教諭(言語指導担当)
きこえとことばの教室(通級による指導)などを経て現職

専門は言語・コミュニケーション障害
日本緘黙研究会事務局長
信州かんもく相談室代表

Program

時間 内容
10:30 講演「緘黙の成人当事者の支援について 〜認知行動療法の発想と技法をヒントに〜」 講師:広瀬 慎一(ひろせ しんいち)さん(北海道かんもくグループ)
13:00 シンポジウム 「大人のかんもくフォーラム 〜成人当事者・経験者の声から〜」