2020/4/19(日) 14:005/31(日) 16:00Googleカレンダー登録
受付中

『オトナのジャズ研 Vol.3』by Bottoms Up Project

ライブ・ストリーミング
投げ銭:¥500(税込)

『日本の音楽をあげていこう!』の Bottoms up PJが

お届けする、極上で敷居の低いライブのご紹介です♪


共演するミュージシャンは、Bottoms up PJに賛同した

ギタリストのお二方!!

松田聖子をはじめ、大物アーティストのステージを

支えてきたギタリストでありプロデュー サーの加藤泉さん。


そして、東大出の緻密で繊細、そしてパワフル。

ギタリストが尊敬してやまない山口友生さん。


「アーティストは、自分に満足したらおしまいだ!」

これは、出演者3人の共通する思いであり、

先輩ミュージシャンから繋いできた思いです。



残念ながら今回は延期・・でしたが!!

ストリーミング&動画配信をやります。
・・『オトナのJazz研』初の試みです(^_^;
 

「投げ銭式にして♪」

と言ってくださる皆様にお答えして
  ↓↓↓↓↓↓↓

一口500円のチケットを買えるシステムにしました!

何口でもOKですし、

お仕事がなくて大変な方は
とにかく
ライブを楽しんでいただければ
幸いです❤️

会場
ホームページ
住所
アクセス

Musician

Guitar : 加藤 泉

19歳よりプロとして活動する。 ジャズギタリスト潮先郁男氏に8年間師事し、 松田聖子をはじめ大物アーティストのステージを支えてきたギタリストでありプロデュー サー。

活動は日本国内に留まらず、何度も渡米して一流アーティスト達のライブやCDに参加す る。 ポールマッカートニーやマイケルジャクソンバンドのメンバーでも知られるドラマーのジェ イムズ・ギャドソンとは1999年にレコーディング。 また自身のリーダーCDには、グラミー賞を受賞ピアニストのビル・カンリフが参加してい る。

音楽講師としても、大手音楽教室や自らの教室で35年間講師を務め、 プロ・アマ問わず多数のギタリストを育てている。 また、ギター教則本は現在までに10冊執筆、日本全国のギタリストに高い評価を得ている。

Guitar : 山口 友生

東京大学・在学中にジョージ大塚バンドでプロ活動を開始。
1990年頃から、フルアコギターによるオーソドックスなJAZZに 移行。
2011年4月 リーダーCD「これでいいのだ!Live At P's Bar」を発表。
2016年11月セカンドアルバム「Sirocco」(シロッコ)を発表。公表を得る。

現在はジャズ・ボサノバ他いろいろなジャンルで、アコースティックギターを中心に 活動している。

Vocal : 冴理 (SAERI)

ヘヴィメタル出身の生き様系ジャズシンガー。「その歌声は唯一無二」
「ジャズ批評No.112号"岩浪洋三のジャズ日記"」において「ユニークな新人」として紹介される。
GQ JAPAN誌「ジャズミュージシャン50人」にも選出。
現在も精力的に全国でライブ活動を行い。作曲・作詞・訳詞・役者など活動は多方面に渡り、
作曲家・作詞家としては著作権協会認証を受ける。
2019年7月、旭川にて1ヶ月の休養を経て、日本の音楽シーンを上げるべく『Bottoms Up Project』を立ち上げ、ボーカルスクール『Frontier Music Salon』を設立した。

タイムテーブル

時間 内容
14:00 ストリーミングスタート(予定)
14:30 終了予定(アーカイブとしていつでも動画を楽しめます)

飲食OK!

是非、飲みながら、食べながら、お楽しみくださいね!!

お願い

ストリーミング&YouTubeへのコメント、励ましなど、よろしくお願いします。

次の音楽&動画制作へのパワーチャージになりますっ!!