2020/9/22(火) 14:0016:00
受付中

【無鄰菴】特別連続講座 日本の文化財はどのように保存、活用されてきたか 第1回~明治維新と近代的文化財保存の幕開け~

参加料金:¥3,900(税込)
いつまでも変わらないものとしてまもり伝えられる「文化財」。例えば国宝の阿修羅像から、能などの伝統芸能、果ては工芸技術まで、さまざまな形で今の日本文化のベースをかたちづくっています。この無鄰菴も名勝というカテゴリの中で、お庭として国から文化財に指定されています。
しかし、「文化財」は、はじめから変わらないものだったのでしょうか? 「文化財」が文化財になるまでには、日本という国が歩んだ近代の歴史がダイナミックに刻まれています。そうして今指定されてないものも、いずれは文化財になってゆきます。現在もそのドラマの渦中にあると考えると、日々接する場所や技術も違って見えてきますね。2020年の無鄰菴では、このヒストリーを4回に分けて学んでいきます。
まず、第1回目は明治維新から。明治維新後、各地の文化財は危機に瀕します。所有者の経済的没落により海外へ流出するもの、放置され荒れ果てるもの・・・。この状況に明治の元勲たちはどのように対応し、どのようにして危機を乗り越えたのか、について話します。

※5月5
日(火)の「特別連続講座 日本の文化財はどのように保存、活用されてきたか 第1回~明治維新と近代的文化財保存の幕開け~」につきましては新型コロナウイルスの影響を考慮し、開催を延期させていただくことになりました。詳細は決定後、またお伝えさせていただきます。
 
会場
ホームページ
住所
アクセス

開催概要

開 催 日   2020年9月22⽇(火・祝)
開催時間  14:00〜16:00
会 場   無鄰菴 洋館1階
料 金   3900円
定 員   10名(要予約・先着順)
講 師   無鄰菴主任学芸員 重岡 伸泰


=今後の予定=
各回14:00~16:00

第2回:11/3(火・祝)コレクター蒐集(しゅうしゅう)から博物館へ - 好事家と今日の文化財保存の関係
第3回:2/23(火・祝)そして文化財は集められた- 高等教育機関による文化財の保存収集
第4回:2021/4/18(日)文化財がつくった「日本らしさ」- 博物館施設による文化財保存と地域社会  
※コロナウィルス等感染症拡大予防対策として、募集人数および開催日に変更が生じています。あらかじめご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ご来場時のお願い:
〇ご来場の際にはマスクの着用をお願いいたします。
〇体調不良もしくは37.5度以上の熱がある場合は、ご入場をご遠慮くださいますようお願いいたします。
〇入場時にアルコールにて手消毒をお願いいたします。

注意事項

*講座開催の二週間前までにお支払をお願いいたします。
*支払を確認出来ない場合は自動的にキャンセル扱いとさせていただきますので、ご了承ください。
*講座開始一週間前以降のキャンセルにつきましては、全額のキャンセル料を申し受けます。