2022/10/22(土) 12:0010/23(日) 15:45Googleカレンダー登録
締切間近

『TAOの丘 DRUM TAO スペシャルコラボレーションライブ』

東アジア文化都市コア事業 日中韓交流フェスティバル
  • 【三次受付(抽選)】①10月22日(土)12:00~(DRUM TAO/中国華樂団/慶州市立新羅鼓吹隊) :無料   締切間近
  • 【三次受付(抽選)】②10月22日(土)15:00~(DRUM TAO/許可/山本 祐之介) :無料   受付中
  • 【三次受付(抽選)】③10月23日(日)12:00~(DRUM TAO/中国華樂団/慶州市立新羅鼓吹隊) :無料   締切間近
  • 【三次受付(抽選)】④10月23日(日)15:00~(DRUM TAO/許可/山本 祐之介) :無料   受付中
  • 【二次受付】①10月22日(土)12:00~(DRUM TAO/中国華樂団/慶州市立新羅鼓吹隊) :無料   申込締切
  • 【二次受付】②10月22日(土)15:00~(DRUM TAO/許可/山本 祐之介) :無料   申込締切
  • 【二次受付】③10月23日(日)12:00~(DRUM TAO/中国華樂団/慶州市立新羅鼓吹隊) :無料   申込締切
  • 【二次受付】④10月23日(日)15:00~(DRUM TAO/許可/山本 祐之介) :無料   申込締切
  • 【一次受付】①10月22日(土)12:00~(DRUM TAO/中国華樂団/慶州市立新羅鼓吹隊) :無料   申込締切
  • 【一次受付】②10月22日(土)15:00~(DRUM TAO/許可/山本 祐之介) :無料   申込締切
  • 【一次受付】③10月23日(日)12:00~(DRUM TAO/中国華樂団/慶州市立新羅鼓吹隊) :無料   申込締切
  • 【一次受付】④10月23日(日)15:00~(DRUM TAO/許可/山本 祐之介) :無料   申込締切
【一次受付】9月12日(月) 11:00~/先着 ※終了いたしました
【二次受付】9月19日(月) 11:00〜/先着 ※終了いたしました
【三次受付】9月26日(月) 11:00〜29日(木) 23:59/抽選
※抽選結果は10月2日(日)までにお知らせいたします。
【四次受付】10月3日(月) 11:00〜10日(月) 23:59/抽選
※抽選結果は10月13日(木)までにお知らせいたします。

東アジア文化都市大分県コア事業として、大分県を代表する「DRUM TAO」と各交流都市の特徴ある楽器や舞踊などのアーティストが一堂に会するスペシャルコラボレーションライブ、およびマルシェを「野外劇場TAOの丘」で開催いたします。
会場
野外劇場TAOの丘
ホームページ
http://www.drum-tao.com/nature-theater/
住所
〒8780205 大分県竹田市久住町白丹7571-2
アクセス
・JR豊後竹田駅から車で30分(豊後竹田駅からの公共交通機関はございません)
・熊本空港から車で1時間20分
・大分空港から車で1時間50分
・福岡空港から車で2時間10分

出演者情報

DRUM TAO

世界観客動員数800万人超。「和太鼓」を驚異のパフォーマンスで表現する「THE日本エンターテイメント」グループ。2016年のオフ・ブロードウェイでは全公演SOLD OUT!2017年より訪日外国人向けナイトエンタメ「万華響」東京ロングラン開催。2018年パリ「ジャポニスム2018」、「ロシアにおける日本年」開会式にて演奏。大分県より「大分県文化功労者 学術・文化振興」、竹田市より「文化創造賞」、政府より「第6回観光庁長官表彰」「地方自治法施行70周年記念総務大臣表彰」受賞。
2022年3月には2年越しでアメリカツアーを皮切りに海外ツアーも再開。大分県竹田市を拠点に国内外で精力的にライブ活動を行なっている。来年結成30周年を迎える。

中国華樂団 鄭 宇/揚琴

10月22日(土)、23日(日) 12:00〜ライブ出演
中国長沙市生まれ。7才より揚琴を学ぶ。15才飛び級で湖南師範大学芸術学院に入学。卒業後、湖北芸術学院民族音楽学部で更に研鑽を積む。1982年中 国文化部主催による第一回民族楽器コンクールで「表演賞」を受賞。その後、中国でコ ンサートをしながら大学の音楽教師を務める。1990年来日。1995年3月千葉大学大学院にて音楽教育修士 課程を修了。柏市立高等学校国際科で非常勤講師を13年間務め、2016年から放送大学千葉学習センターで講師に就任。アジアと日本各地で多彩な演奏活 動など数々アーデいストと共演。中国建国記念日などに、中国大使館の招待会に出演。
2018年中国CCTVで世界傑出華人で紹介。
『中国故事』雑誌日本代表、(公社)日中友好协会顧問、上海市对外文化交流协会海外理事
2017、2018年女子十ニ樂坊日本マネージャー兼プロデューサー

中国華樂団 王晶/二胡

10月22日(土)、23日(日) 12:00〜ライブ出演
中国の天津出身。五歳で二胡を学び始める。 1999年、中国音楽名門の天津音楽大学に進学。昭和音楽大学 二胡講師。2005年来日。日本全国の劇場、テレビなどさまざまな場所で演奏を行い。翌年2006年初のオリジナルアルバム「夢二胡楽園」を発売。日中国交正常化35周年記念コンサート。ベネッセチャンネル「イーハトーヴ・幻想音楽紀行」に出演。シンセサイザー奏者の姫神と共演。テレビ朝日ドラマ「 男装の麗人」に演奏家役で出演。王晶二胡コンサート「山紫水明」。「上海万博」観光客招致PR起動活動開幕記念式典でオープニング演奏を担当。日中合作映画「叶問」の音楽に参加。2015年 宝田明ミュージカルに出演。2017年 フランスリヨンオペラ座「二胡縁」コンサートに出演。
2021年 NHK番組「映画音楽は素晴らしい」に出演。

中国華樂団 鮑捷/中国琵琶

10月22日(土)、23日(日) 12:00〜ライブ出演
中国天津生まれ、8歳より琵琶を始める。天津音楽学院大学、琵琶本科卒業。卒業後、天津大学北洋芸術団の琵琶教師となる。‘02年来日。’08年東京学芸大学大学院修士課程終了。各地でコンサートなど演奏活動を実施,その確かな技術とその音楽性は高く評価されている。炎の料理人金萬福氏とともに本格中国料理を味わう楽しい美食会「華食の宴」に出演。日中合作映画「叶問」の音楽に参加、日中合作アニメーション「三国演義」完成発表会で演奏。
2010年鮑捷「変るもの変らないもの」アルバム発売。
2017年阿倍仲麻呂~に日本と中国の架け橋~遣唐史に出演。

中国華樂団 姜小青/古箏

10月22日(土)、23日(日) 12:00〜ライブ出演
北京出身。15歳で中央音楽学院に入学。古箏五大流派の伝統演奏を修得。北京市優秀芸術家。来日後、坂本龍一氏と出会い、アカデミー賞作曲賞受賞作品「ラストエンペラー」のサウンド・トラックに参加、同氏の国内コンサートや全米ツアーにも同行。奈良東大寺・大仏開眼1250年慶讃コンサート、JAL萬福寺音舞台、カターニア国際音楽祭、上海万博、平城遷都1300年記念事業イベント、美空ひばりエンターテインメント「あなたのひばり!私のひばり!!」等、日本各地及び海外で多くのコンサートに招かれ、絶賛されている。2015年ジブリ映画『かぐや姫の物語』監督:高畑勲、音楽:久石譲のサウンド・トラックに参加。古筝のソロを担当。2020年宝塚歌劇団星組『眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~』で古筝を担当ほか、近年では交響楽団との共演も行う。

慶州市立新羅鼓吹隊

10月22日(土)、23日(日) 12:00〜ライブ出演
慶州市立新羅鼓吹隊は、2017 年 1 月 20 日、新羅時代の楽器や衣装を高証、復元し、新羅 時代鼓吹隊の姿を再現するために創立。 
鼓吹隊は叩く打楽器と吹く管楽器で構成される楽隊を意味し、現代の軍楽隊と言えます。
 1350 年以上前、新羅の鼓吹隊は儀式行事と王や貴族たちの行列を壮大にするだけでなく、 戦場でなどで信号を伝える重要な媒介体として先頭で音楽を演奏していた演奏団です。
 現在、慶州市立新羅鼓吹隊は各種国際行事やパレード、国楽演奏部分でも活躍を繰り広げ、 ユニークで新しい観光コンテンツで期待を集めています。
現在、団員数約40名
その中より8名の奏者と、1名の舞踊(ソゴ・小太鼓舞)のメンバーが来日予定。
来日公演では、サムルノリと舞踊を披露予定 。

許可(シュイ・クゥ)/二胡

10月22日(土)、23日(日)15:00〜ライブ出演
中国・南京生まれ。1982年、国立中央音楽学院卒業、翌年、国立中央民族楽団の首席二胡奏者(コンサートマスター)に就任するなど早くから第一線で活躍、クラシックやジャズの奏法も研究し、楽器に独自の改良を加えるなど、二胡の可能性を飛躍的に拡げた二胡演奏の第一人者。
アジア地域、ヨーロッパ各国、アメリカなど世界各地へ頻繁に招かれ、カーネギーホール、ベルリン・フィルハーモニーなど世界の著名なホールでのリサイタルやオーケストラとの共演。日本では、指揮者/作曲家・外山雄三氏より作品の献呈を受け初演 するなどオーケストラとの共演も多く、これまで日フィル、東響、東フィル、新日フィル、東京シティ・フィル、名フィル、仙台フィル、神奈川フィル等と共演。また、人気歌手ユーミンとの共演で愛知万博やNHK紅白歌合戦に出演するなどユニークな活動も多い。テレビ朝日「徹子の部屋」「題名のない 音楽会」、テレビ東京「タモリの音楽は世界だ」等々、日本のテレビ番組にも頻繁に登場。
01年、「シルクロード・プロジェクト」のメンバーとしてアジア・ツアーに参加、ヨーヨー・マとの二重奏は台湾国営テレビで放送される。
16年、テレビ朝日主催「徹子の部屋」クラシック・コンサートにソリストとして東フィルと共演。
18年、NHKテレビBSプレミアムにて、「スーパープレミアムドキュメンタリードラマ蘇る太陽の塔“閉塞する日本人”へのメッセージ」番組の音楽担当。32枚を超えるCDや2枚のDVDをリリース。
・写真:©︎Toru Shiozaki

山本祐ノ介(チェロ)

10月22日(土)、23日(日)15:00〜ライブ出演
両親ともに作曲家の家庭に生まれ、早くからピアノ、作曲を学ぶ。また指揮を父山本直純、籾山和明、川本統脩の各氏に師事する一方、チェロを斎藤建寛、堀江泰の各氏に師事。東京藝術大学を経て同大学院を修了。ハレーストリングクァルテットのチェロ奏者、東京交響楽団首席チェロ奏者などを経て、現在ソロチェリスト及び、指揮者として活躍中。指揮者としては、京都市響、東京ニューフィル、新日本フィル、日本フィル、東京シティ・フィル等に度々招かれるほか、各地のジュニアオーケストラや市民オーケストラを指揮、特にファミリー向けのコンサートでは企画、編曲、指揮、司会を務め好評を得ている。2011年、東京ニューフィルハーモニック管弦楽団常任指揮者に就任。同オーケストラのメンバーからなる東京ニューフィル・ポップスオーケストラの設立に尽力、『寅さんクラシックコンサート』、『華麗なる映画音楽の世界』(民音主催)『名画座コンサート』(朝日新聞社主催)などの企画で注目を集めている。2014年、ミャンマー国立交響楽団音楽監督兼首席指揮者に就任、わずかの間にオーケストラのレヴェルを飛躍的に高め、高い評価を得ている。幅広い分野で作・編曲、指揮、及びチェロ演奏を手掛けているが、その全ての活動において、人々の心に安らぎと勇気を与えるため、心温まる表情豊かな音楽を追究している。

各日スケジュール

時間 内容
10:30 TAO HOUSEオープン/受付開始
11:30 ライブ(1回目)開場
12:00 ライブ(1回目)開演(DRUM TAO/中国華樂団/慶州市立新羅鼓吹隊)
14:30 ライブ(2回目)開場
15:00 ライブ(2回目)開演(DRUM TAO/許可/山本 祐之介)
17:00 TAO HOUSEクローズ

注意事項

■お申し込み日スケジュール
一次受付:9月12日(火)、二次受付:9月19日(月)、三次受付:9月26日(月)、四次受付:10月3日(月)
・お申込みはお一人様1回限りとなります。1~5名まで同時申込が可能です。
・当選者様は当日受付にて身分証明書をご提示いただきますので、必ずご来場者ご本人様のお名前でお申し込みください。
・一次、二次受付は先着順となります。枠がなくなり次第終了となりますのでご了承ください。
・全席指定席です。お座席は選べません。お座席の位置は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。
・座席チケットは、当日のお渡しとなります。
・駐車場の台数が限られております。できるだけ乗り合わせてのご来場をお願いいたします。
・車椅子席をご希望の方は、TAO文化振興財団(TEL:0974-76-0950)までお問い合わせください。
・会場外からの飲食物の持ち込みは禁止です。TAO HOUSE内のカフェ、キッチンカーマルシェにてご購入のものは観劇中の飲食も可能です。
・少雨決行。公演中の傘のご利用は、他のお客様の鑑賞の妨げとなるため禁止といたします。カッパ等の雨具の準備をお願いいたします。
・ペットの同伴は禁止です。
・TAOの丘は標高1036mです。寒暖の差が激しく風が強い場合があります。上着等の準備をお願いいたします。
・公演中の写真撮影、動画の撮影は禁止となっておりますので、ご了承ください。

主催

一般財団法人TAO文化振興財団/東アジア文化都市2022大分県実行委員会