2019/10/30(水) 14:0016:30
申込締切

遺伝情報を取扱う企業が遵守すべきガイドラインについて

申し込みは終了しました
「(消費者向け)遺伝子検査サービス」で提供されるものは、疾病の診断や治療・投薬の方針決定を目的とした医療分野の検査とは異なり、利用者に気付きを与え、利用者自らの行動変容を促すサービスとして拡大しており、疾病の予防、健康の維持、増進等ヘルスケアへの寄与が期待されます。しかし、その一方で、検査の質の保証、会社の信頼性、検査結果と解釈への科学的根拠の正確性、倫理的・法的社会的諸問題、宣伝広告面での配慮、個人遺伝情報保護など、様々な課題も挙げられます。事業者は一定のルールのもと、消費者にわかりやすく適正な「遺伝子検査サービス」を提供することを促進していく必要があります。

そこで、当協会の遺伝情報適正取扱認定制度で実際に利用している自主基準ガイドラインの紹介と遺伝関連情報の各種ガイドラインの理解促進、望ましいあり方について考える講習会を開催します。是非お誘い合わせの上、ご参加ください。尚、本事業は経済産業省 令和元年度健康寿命延伸産業創出推進事業(ヘルスケアサービス品質評価構築支援事業)補助事業として実施します。
会場
全国町村会館第一会議室
ホームページ
https://www.zck.or.jp/kaikan/access/index.html
住所
〒1000014 東京都千代田区永田町1-11-35
アクセス
◆地下鉄でお越しの場合
・有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」3番出口徒歩1分
・丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」徒歩8分

◆タクシーでお越しの場合
東京駅から約20分

※駐車場のご用意はありません。公共交通機関等の利用をお願いします。

タイムテーブル

時間 内容
13:30 開場
14:00 ご挨拶
14:05 消費者向け遺伝子検査ビジネスの現状について
14:35 質疑応答
14:45 一般社団法人遺伝情報取扱協会(AGI)について
15:00 休憩
15:10 AGI自主基準について ~各種ガイドラインとの関連性について~
15:40 遺伝情報適正取扱認定制度について
16:10 質疑応答
16:30 終了

プログラム

1)ご挨拶
一般社団法人遺伝情報取扱協会 理事 舟橋義人

2)消費者向け遺伝子検査ビジネスの現状について
経済産業省 生物化学産業課課長補佐(総括補佐) 大石知広 氏

3)一般社団法人遺伝情報取扱協会(AGI)について 
一般社団法人遺伝情報取扱協会 事務局長 市川久浩

4)AGI自主基準について ~各種ガイドラインとの関連性について~ 
一般社団法人遺伝情報取扱協会 自主基準委員会 委員長代理 有地正太

5)遺伝情報適正取扱認定制度について
一般社団法人遺伝情報取扱協会 認定制度運営委員会委員長 城戸忠之

6)​質疑応答
登壇者全員
 

参加資格

対象:参加条件はございません。遺伝子サービス取扱事業者、遺伝子サービスの販売を検討している会社など。

費用

参加費用:無料

主催

主催:一般社団法人遺伝情報取扱協会  
 

定員・申込締切

申込締切:10月28日(月)15:00まで  
定員:60名(先着)

※一般の方のご参加はご遠慮ください。
※定員に達した場合は申し込みを終了させていただきますので、予めご了承ください。

持ち物・参考

<持ち物>
・筆記用具
・名刺

※受付でお名刺をお渡しください。

注意事項

・参加証等はございません。「登録完了」の返信のメールを印刷いただくか、スマートフォンなどをご持参いただき、受付でご提示ください。
・会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。
・録音・録画・撮影はご遠慮頂いております。
・開催記録用に写真を数枚撮りますが、個人が特定されないように撮影します。ご了承ください。
・会場内にゴミは置かず、お持ち帰りいただきますよう、ご協力宜しくお願いします。
申し込みは終了しました