2022/12/11(日) 11:0014:30
受付中

HLC北関東 山と道のULハイキング入門(冬期編)

【LECTURE】
参加料金:¥2,000(税込)
『山と道のULハイキング入門(冬期編)』は、山と道の考えるUL(ウルトラライト)ハイキングの概要や魅力を知り、ULハイキングを冬期に実践するための方法論を身につけることを目的としたプログラムです。

山と道HLCアンバサダーを講師に座学形式で学び、各自が持参した道具のギアリストを作成しながら道具の取捨選択の方法を知り、冬期のUL装備化の手順やポイントを理解します。

他にもシェルターやストーブなどULギアの紹介やパッキングの方法など、ULハイキングを様々な角度から学べる内容となっています。

登山・ハイキングの経験があり冬期のULハイキングに興味がある方、山と道HLCの活動に興味がある方にオススメのプログラムです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 冬期のULハイキングの考え方と方法論を学ぶプログラム
  • 山と道HLCアンバサダーによる座学形式の講座
  • 軽量化の手順やポイントを理解
  • 様々なULギアの紹介
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


HLC北関東 山と道のULハイキング入門(冬期編)
会場:那須塩原市まちなか交流センター「くるる」
開催日:12月11日(日)
集合:11:00/那須塩原市まちなか交流センター「くるる」
解散:14:30/那須塩原市まちなか交流センター「くるる」
定員:12名 ※最少催行人数:2名
参加費:2,000円 ※当日現金でお支払いください。
参加対象:冬期の登山・ハイキングの経験があり、冬期のULハイキングやHLCの活動に興味がある方
募集締切:12月9日(金)

※緊急事態宣言やまん延防止措置の発令に伴い、参加対象を限定したり、プログラムの内容の変更や順延、中止とする場合があります。


山と道HLC北関東アンバサダー 廻谷朋行よりメッセージ
「冬期編の『山と道のULハイキング入門』は、0℃以下の気温でのテント泊を想定して開催します。冬期の軽量化は簡単ではありません。必要な道具が増えたり,シュラフなどの防寒装備が重くなったりとどうしても装備が多く重くなってしまいます。安全に軽量化することは簡単なことではありませんが、このプログラムで一緒に考えてみましょう! また、他の参加者の装備を見ることや、その人の工夫や失敗談も聞けることも『山と道のULハイキング入門』の良さだと思っています。様々な情報交換することで新たな発見も生まれるでしょう。冬期の装備の軽量化にチャレンジしたい方,これから冬期のハイキングを楽しんでみたいという方、ぜひご参加ください!」


必携品について
冬期の1泊2日テント泊山行の装備一式
※温度帯は最低気温マイナス15℃ー最高気温0℃を想定してください。
※実際に道具の重さを測ってギアリストを作成しますので、必ずお持ちください。
※食料、水、燃料は不要です。


感染防止対策について
  • 密閉空間を避けるため、必要に応じて窓を開放し実施します。
  • ご自身もしくはご家族に、風邪の症状や37度以上の発熱がある場合は参加をご遠慮ください。
  • 移動手段で公共交通機関を使う場合はマスクを着用してください。
  • プログラム中は適宜マスクを着用し、参加者同士のソーシャルディスタンスを維持してください。
  • 必要に応じて手洗いもしくはアルコールジェルなどを使った手指消毒を行ってください。
 
会場
ホームページ
住所
アクセス

山と道HLC北関東アンバサダー

廻谷 朋行 Tomoyuki Meguriya

『LUNNETES』スタッフ。20歳の頃に友人と登った那須岳での言葉にできない感覚に魅了され山に登り始める。山と道のサコッシュを手にしたことでULカルチャーと出会う。同時にMYOGにも目覚め、自作した道具で山に行く楽しみを覚える。カメラメーカーを退職後『LUNETTES』のスタッフに。ハイクの他にフライフィッシングとテレマークスキーにも夢中。
@hlc_kitakanto