2020/7/18(土) 12:0013:00Googleカレンダー登録
受付中
残り12

「(第二回)聲明 拝聴のてびき~理論と実際~」

参加料金:¥2,500(税込)

※こちらの講座は2/22、7/11に開催した1回目の「聲明」講座の続きになりますので、いずれかを受講した方のみ参加可能です。


会場は當麻寺中之坊さんとなります。オンライン講座ではありません。

お寺の法要・儀礼などで独特の節がついたお経を耳にしたことはありませんか。
それが「聲明(しょうみょう)」です。
「聲明」はお坊さんが修行でお唱えするものなので、一般人が教えていただくことはできないものですが、今回は一般向けに差し障りのない範囲で、「声明はなぜ唱えられるのか?」、「どのように唱えられているのか?」などの声明の基礎を、當麻寺中之坊院主 松村實昭師に教えていただき、拝聴の心構えを学ぶ講座です。當麻寺中之坊の蓮華会声明の一部も具体的に解説される予定なので、一緒にお唱えできるようになるかもしれません。

【内容(一部)】
・聲明の歴史と詠唱の意義
・どのような人が伝えてきたのか?(意外な人物も!)
・どんなことを唱えているのか?
・蓮華会での声明を一部解説(一緒にお唱えできるようになるかも!)
などなど
声明についての基礎を教えていただきます。

 

会場
當麻寺中之坊
ホームページ
住所
〒6390276 奈良県葛城市當麻1263 中之坊
アクセス

講師紹介

當麻寺 中之坊 院主 松村實昭(まつむら・じっしょう)

昭和47年 奈良県生まれ。昭和57年信貴山で得度、平成8年高野山で阿闍梨位を授かり、平成9年當麻寺に入寺。伝統の「當麻曼荼羅絵解き」を口伝継承し、中之坊客殿で定期的に実修するほか、大本山総持寺(神奈川)や国立劇場(東京)など各地で口演布教に活躍する。また、平成17年には當麻曼荼羅の写仏道場を開設し、出張教室開催や文化センター講師を務めるなど、宗教体験を目的とした写仏の指導者としても知られている。現 中之坊院主。僧正位。當麻寺前住職。大峯山大先達。
東日本大震災復興支援「あゆみ観音プロジェクト」代表。

タイムテーブル

時間 内容
12:30 12:30受付開始
13:00 聲明 講座
15:00 講座終了

注意事項

※オンライン講座ではなく、當麻寺中之坊さんで受講していただきます。
12:30頃から受付開始。
事前決済・当日支払い両方ともOKです。
消毒液等は運営も準備しますが、マスク等の着用をお願い致します。