2019/3/24(日) 10:0013:00Googleカレンダー登録
受付中

【専門家限定】摂食障害患者の瀉下薬(下剤)乱用について考える

~専門家や製薬メーカー担当者が分かりやすく解説します~
摂食障害患者では、体重の増加を防ぐために下剤や利尿薬を乱用する者や、処方された薬のカロリーや副作用としての体重増加を気にする者が多く見受けられます。しかし、「摂食障害」では保健適応のある薬がないことから薬剤師が大学在学中に摂食障害について学ぶ機会は少なく、働き始めてからその対応に苦戦することも少なくありません。
 さらに、近年「下剤ダイエット」が広まっている中、海外では、薬品メーカーがLaxative abuse syndrome(下剤乱用症候群)に対する取り組みを行っていますが、日本では未だ少ないのが実状です。そこで、製薬会社や薬剤師が下剤の使い方を見直し、正しい知識を広めていくことが必要であると考えられます。
 本講習会では、①摂食障害についての理解を深めること、②下剤の使い方、減らし方、アドバイス方法について学び、一緒に考えてみませんか。多くの皆様のご来場お待ちしております。
会場
政策研究大学院大学 会議室1A
ホームページ
http://www.grips.ac.jp/about/access/
住所
〒1068677 東京都港区六本木7-22-1
アクセス
◆東京メトロ千代田線乃木坂駅
5出口 徒歩約 6分

◆都営地下鉄大江戸線六本木駅
7出口 徒歩約 5分

◆東京メトロ日比谷線六本木駅
4A出口 徒歩約 10 分

※駐車場のご用意はありません。公共交通機関等の利用をお願いします。

タイムテーブル

時間 内容
09:30 開場
10:00 一般社団法人日本摂食障害協会からのご挨拶  鈴木眞理先生
10:10 摂食障害ってどんな病気? 髙木 洲一郎先生
10:40 瀉下薬(下剤)の正しい使い方 EAファーマ株式会社 武智祐介様
11:40 休憩
11:50 病棟薬剤師による摂食障害患者との接し方のコツ 山本ゆりえ先生
12:35 討論会(意見交換会) 登壇者全員
13:00 終了

プログラム

1)一般社団法人日本摂食障害協会からのご挨拶
 一般社団法人日本摂食障害協会 理事 政策研究大学院大学 教授 鈴木眞理 先生
 
2)講演1:「摂食障害ってどんな病気?」
 一般社団法人日本摂食障害協会 参与 自由が丘髙木クリニック 院長 髙木 洲一郎先生

3)講演2:「瀉下薬(下剤)の正しい使い方」
 EAファーマ株式会社 東京支店 企画推進室 武智祐介様 

4)講演3:「病棟薬剤師による摂食障害患者との接し方のコツ」
 国立国際医療研究センター国府台病院 薬剤部 山本ゆりえ先生

5)討論(意見交換)会:「瀉下薬(下剤)乱用のある摂食障害患者と関わるには」
 登壇者全員

参加資格

薬剤師、MR、登録販売者資格を有する方など
※一般の方、ご家族の方向けの講習会ではありません。ご参加はご遠慮ください。

費用

5000円(税込)
※当日受付にて現金にてお支払いください。 
※クレジットカードなどはご利用頂けません。
※お釣りのないようにご協力よろしくお願いします。

主催・後援

主催:一般社団法人日本摂食障害協会  

特別後援:日本財団  

後援:公益社団法人日本医師会、公益社団法人日本精神神経学会、公益社団法人日本薬剤師会、一般社団法人日本社会精神医学会、一般社団法人日本精神薬学会、日本摂食障害学会、精神科臨床薬学研究会、EAファーマ株式会社、皇漢堂製薬株式会社、マイランEPD合同会社

   
◆本講習会は日本財団の助成金によって運営されています。

申込締切

定員:120名

申込締切:3月21日(木)締切 17:00まで
※定員に達した場合は申し込みを終了させていただきますので、予めご了承ください。

持ち物

  • 筆記用具
  • お名刺 ※お名刺をお持ちの方はご持参ください。

注意事項

◆参加証等はございません。「登録完了」の返信のメールを印刷いただくか、スマートフォンなどをご持参いただき、受付でご提示ください。
◆FAXでお申し込みの方は、お送り頂きました用紙をご持参いただき、受付でご提示ください。