2018/11/4(日) 14:0017:00Googleカレンダー登録
申込締切

郊外団地2.0~団地を活かしたリノベーション街づくり~ シンポジウム第一回

郊外団地・住宅街の現状とこれからの可能性
申し込みは終了しました
「団地再生」というキーワードを団地に住む人達の想いを乗せて進化させたのが「郊外団地2.0」。

「団地を再生しましょう!」よりも、「団地の未来を創りましょう!」の方がワクワクするし、何かできることしたいと思うのは私たちだけではないはず。

そして、この想いや今後の日本の社会課題に対して、様々な知見やアイデア、技術を持った団地内・外の人がフラットに意見を出し合え、
実践に移していくためのヒントを得る場が、全6回の創発型シンポジウムです。

第一回目の今回は、「郊外団地・住宅街の現状とこれからの可能性」と題して、
全国の団地や住宅街の現状からそこで行われているユニークな取り組みを基に話題を広げていきたいと思っています。

登壇者の方は、ITやヘルスケア、家・街づくり、都市農業、地方活性化、NPO、大学の先生etc…
バックボーンが様々且つ、第一線でご活躍の皆様ばかりです(交流・懇親の場もございます)。

開催場所は、外からの人は団地のリアルを体験し、団地内に住む方も聞ける機会をつくりたいと思い、
千葉県市川市のハイタウン塩浜商店街に2018年1月オープンした「みどりtoゆかり」というカフェ&コミュニティスペースで開催致します。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
会場
みどりtoゆかり
ホームページ
https://www.facebook.com/midoritoyukari0128/
住所
〒2720127 千葉県市川市塩浜4-2ハイタウン塩浜3号棟105
アクセス
東京メトロ東西線「南行徳駅」から京成バス新浦安駅行き
「塩浜四丁目」バス停下車徒歩2分

JR京葉線「新浦安駅」から京成バス江戸川スポーツランド行き
「塩浜四丁目」バス停下車徒歩2分

登壇者紹介

柴田建

大分大学理工学部 准教授
元九州大学建築学部助教授。
「ストック型社会におけるハウジングのあり方」をテーマに、戸建てや集合住宅の開発時プランニングと、その後の居住マネジメントとの関係を研究領域としている。

吉川稔

東邦レオ株式会社 代表取締役社長
ファイナンス、ラグジュアリーブランド、カフェという経歴を経て、 緑を核とした街づくり・暮らし・働く・住いをトータルプロデュース する「ライフスタイル提案」に取り組む。
 

吉田啓助

東邦レオ株式会社 事業リーダー
当シンポジウムのファシリテーター
2012年にマンション植栽管理サービス事業を立上げ、現在180管理組合の実績。
2018年1月からはみどりtoゆかりをオープンさせ、団地の新たな可能性を模索している。

プログラム

●シンポジウムならびにワークショップ、懇親会(軽食とお飲み物をお楽しみ下さい)
●14:00スタート(13:30開場)
●17:00終了

費用

無料

募集

先着順
申し込みは終了しました
無料で作れるホームページ・
予約システム・メールフォーム
このページはSELECTTYPEを使って作成されました。あなたも無料で作成してみませんか?