2021/11/5(金) 09:1011/7(日) 17:15Googleカレンダー登録
キャンセル待ち

HLC鎌倉 奥秩父・奥多摩2泊3日ULハイキング

【UL HIKING PRACTICE】
参加料金:¥5,000(税込)

関東在住のハイカーにとって裏山的な存在の奥秩父・奥多摩で、2泊3日の実践的なUL(ウルトラライト)ハイキングを行います。

今回のプログラムは、ULハイキングを学ぶことに重点を置いた『UL HIKING LECTURE/WORKSHOP』からステップアップし、チャレンジングなハイキングを実践する『UL HIKING PRACTICE』。2泊3日の歩きごたえのある山行を山と道スタッフとコミュニティの仲間がチームになって行い、共にULハイキングの可能性を深めていきます。

過去に山と道HLCのプログラムに参加したことがあり、十分に山の経験がある方を対象としたプログラムです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 行動時間・距離が長いULハイキングの実践
  • 事前のギアリスト作成や山と道スタッフによる道具の取捨選択への提案を経て、実際にUL装備での山行を経験
  • 山と道とシックスムーンデザインズ製品のレンタルが可能

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


HLC鎌倉 奥秩父・奥多摩2泊3日ULハイキング
場所:関東西部に広がる『奥秩父・奥多摩』
開催日:11月5日(金)ー7日(日)
集合:11月5日(金)9:10/三峰口駅
解散:11月7日(日)17:15/武蔵五日市駅
定員:8名 ※最少催行人数:3名
参加費:5,000円 ※当日現金でお支払いください。
参加対象:過去に山と道HLCへの参加したことがあり、テント泊山行を経験したことがある方 
募集締切:10月7日(木)

※申込み後にギアリストや山行経験を確認させていただいた後、正式に参加確定の連絡をします。山行経験が十分でない場合、参加をお断りする可能性があります。

※緊急事態宣言、まん延防止措置の延長や発令によって、参加対象者を限定したり、プログラムの内容の変更や順延、中止とする場合があります。


山と道スタッフよりメッセージ
「HLC鎌倉で初となる『UL HIKING PRACTICE』の開催が今から楽しみです。ルートは関東に住んでる皆さんにとっては馴染みのある奥秩父・奥多摩。地図とにらめっこし、このエリアの魅力が詰まった歩きごたえのあるルートを考えてみました。チャレンジなハイキングを一緒にメイクしましょう!」(山と道スタッフ 木村弘樹)

「ハイキング出発までに不必要なものはないか、不安というだけで荷物が増えていないかなど、パッキング一式を再度見直しいただきます。このプロセスを経て山に入ることでより道具の理解が深まり、ULの新しい魅力に気づけるはずです。参加者の皆さんと奥秩父・奥多摩を歩けることをとても楽しみにしています!」(山と道スタッフ 中村純貴)

奥秩父・奥多摩について
雲取山、甲武信ヶ岳など2,000メートル級の山が連なる山岳と、多摩川などの源流域がつくる美しい渓流が特徴的なエリアです。山岳信仰として栄えた三峯神社や、山間の集落や昔からの生活路など趣がある風景も見られます。都心からアクセスもよく年間を通してハイキング、トレイルラン、沢登りなど様々なアクティビティで親しまれています。









行程
【1日目】9:10三峰口駅(集合)、9:35西東京バス 乗車、10:25三峯神社 下車、10:30三峯神社 出発、11:40地蔵峠、13:50白石山、14:45雲取山荘、16:30三条の湯
【2日目】6:00三条の湯、8:30丹波天平、10:20藤タワ、13:40大菩薩峠、14:30大菩薩嶺、15:15福ちゃん荘
【3日目】5:45福ちゃん荘、8:45棚倉小屋跡、10:20奈良倉山、13:00三頭山、15:00数馬の湯、16:08西東京バス 乗車、17:15武蔵五日市駅(解散)

※行動時に昼食時間は設けません。休憩時または行動時に行動食を取りながらの山行になります。
※予定は変更する場合があります。


参加確定とプログラム当日までの流れ
今回のプログラムでは、申込み後に山と道スタッフがギアリストや山行経験を確認させていただいた後、正式に参加確定の連絡をします。参加者確定後、事前のZoom打ち合わせ、道具の取捨選択や軽量な道具への交換を経てプログラム当日を迎えます。下記のプロセスのご確認をお願いします。

  1. お申し込み時にギアリストと山行経験を記載するシートの作成方法や注意事項等を記したメールをお送りします。
  2. ギアリストと山行経験を作成し、ご提出いただきます。※10月10日(日)まで
  3. 山と道スタッフがギアリストと山行経験を確認し、正式に参加確定の連絡をします。※10月13日(水)
  4. 参加者全員で山行に向けたZoom打ち合わせをします。※10月21日(木)19-20時
  5. 山と道スタッフから軽量化のアドバイスを行うと共に、山と道製品等の軽量な道具へのレンタルでの交換を提案します。※10月29日(金)まで
  6. 山と道スタッフからの提案を元に、ご案内するレンタルサービスからレンタル希望品をご注文いただきます。(山と道スタッフ提案以外の製品のレンタルも可能です)。※11月1日(月)まで
  7. レンタル製品への装備の交換を経て、実際にプログラムに参加します。

※山と道スタッフにより装備の軽量化がなされていると判断された方も、レンタルサービスのご利用は可能です。お試しになりたい製品があればぜひご活用ください。


必携品について
2泊3日テント泊山行の装備一式(ベースウエイト4.5kg以下にすること)、食料、水、アルコールジェル


山と道HLCレンタルサービスについて
本プログラムでは、実施シーズンに適した山と道及びシックスムーンデザインズ製品のレンタルが可能です。申し込み方法については、ギアリスト作成後の軽量化のアドバイスと一緒にご案内させていただきます。

レンタル料金:無料
※お届け時の送料と配送手数料として、一律800円いただきます。
※お戻し時の送料はご負担ください。


感染防止対策について

  • ご自身もしくはご家族に、風邪の症状や37度以上の発熱がある場合は参加をご遠慮ください。
  • 移動手段で公共交通機関を使う場合はマスクを着用してください。
  • プログラム中は適宜マスクを着用し、参加者同士のソーシャルディスタンスを維持してください。
  • トイレの前後、食事の前は手洗いもしくはアルコールジェルを使った手指消毒を徹底してください。
  • 飲食時には、食器の貸し借りや食べ物等のシェアは避けてください。



その他

  • 本プログラムは登山ガイドによるツアーではなく、ULハイキングについての理解を深める目的で実施します。集合場所までの移動中またはハイキング中の事故等は、全て自己責任となることをご理解の上ご参加ください。
  • 参加費に保険料は含まれておりません。万が一の事故や怪我に備えて、YAMAP登山保険やモンベル野あそび保険等の保険に、各自で加入されることをお勧めいたします。
  • 自動車等の手配が困難で、集合・解散場所へのアクセスができない方は、一度ご相談ください。
会場
ホームページ
住所
アクセス

山と道スタッフ

木村 弘樹 Kimura Hiroki

山と道HLCの情報発信、オンラインショップの発送管理など担当。
幼少期の父との旅を原点に、学生時代から海外の僻地への旅や、砂漠マラソンなどのクレイジーレースに傾倒。その後、逗子の身近な自然や暮らしに惚れ引っ越し。逗子鎌倉葉山のローカルな山をくまなく散策し、仲間を連れ走り回る日々の中、山と道とULハイキングと出会う。
逗子では山と道での経験を活かし地域のこども向けの冒険企画や、逗子海岸でテントサウナを主催したりと、自身の好きなこと軸に誰かや地域と活動をライフワークとしている。
山と道を通してその人がありのままにいられるハイキングコミュニティを、全国様々な場所で作っていきたい。

中村 純貴 Junki Nakamura

山と道研究所SHOP店長など営業業務全般を統括。
学生の頃にはまった山登りを続ける中で、アメリカのロングトレイルを知り、2018年にメキシコからカナダまでアメリカを縦断する「パシフィッククレストトレイル」4250kmを踏破。歩いたことで「足るを知る」という考え方に気づき、身軽になる重要性を知る。
そして道中にSNSやBookをつくり発信していくことで、ハイキングカルチャーを伝えていくことの面白さに気づき山と道の門をたたく。
ハイキングがいかに楽しく、心身共にヘルシーになれるかを沢山の人に伝えていきたい。