2021/9/3(金) 14:0015:30Googleカレンダー登録
申込締切

『全固体電池入門の入門』第3回 材料メーカーから見た課題とロードマップ

ニュースイッチラボby日刊工業新聞社【シリーズ】注目の「全固体電池」は何を変えるのか?
  • 一般 :¥5,500(税込)   申込締切
  • 第1回・第2回参加者(2回とも参加された方のみ対象) :¥4,400(税込)   申込締切
申し込みは終了しました
全固体電池が自動車向けなどで実用化するには材料のブレークスルーが必須です。特に全固体電池における主要材料である固体電解質の開発がカギになります。
固体電解質のリーディング企業で、その研究開発の最前線に立つ三井金属鉱業株式会社 事業創造本部の高橋司氏を講師に招き、
当事者である材料メーカーの生の声をお届けします。
量産化への課題は何か、硫化水素の発生問題にどう対応するか、国内外メーカーの動向は?
高橋氏と日刊工業新聞の担当記者が、技術とビジネス両方の視点から解説します。

※ウェビナー終了後、お申込者限定でアーカイブ配信いたします。
【視聴可能期間】9月6日(月)15:00~9月13日(月)17:30
(配信開始時間は多少前後する場合がございます)
 当日の参加が難しい方も、上記期間に視聴いただけます。
 視聴用URLは、9月6日(月)にメールにてご案内いたします。

※第1回(5月21日)と第2回(7月2日)の両方に参加された方は、特別料金(1,100円割引)にてお申込いただけます。
 
お申込方法は、別途お送りしているメールをご確認ください。
会場
ホームページ
住所
アクセス

講演者紹介

高橋 司(たかはし つかさ)

三井金属鉱業株式会社
事業創造本部 SE事業推進ユニット 副ユニット長


2002年  4月 三井金属鉱業株式会社入社 総合研究所配属
2013年  9月 機能材料事業本部 機能材料開発センター 主査
       LiB向け正極材料開発従事
2016年  4月 総合研究所 電池材料プロジェクトチーム
       全固体電池・固体電解質の開発に従事
2021年  1月 事業創造本部 SE事業推進ユニット 副ユニット長
       現在に至る

日下 宗大(くさか たかひろ)

日刊工業新聞社 
編集局 第一産業部 記者


2016年 日刊工業新聞社入社 大阪支社編集局配属 
      素材業界(繊維、化学、塗料、商社)を担当。
2018年 京都総局 電子部品や酒類、繊維の各業界と京都府庁を中心に担当。
2019年 大阪支社編集局 電機業界を担当。
2020年 本社編集局第一産業部 電機、自動車業界の取材にあたる。

タイムテーブル(予定)

時間 内容
14:00 オープニング
14:05 高橋氏による講義
14:45 業界の最新動向に関してフリーディスカッション
15:00 QAコーナー(事前にいただいた質問にお答えします) ※時間の都合上、全ての質問に答えられない場合がございます。予めご了承ください。

申し込み締切

2021年9月2日(木)12:00

注意事項

本セミナーは、「Zoomウェビナー」を使用して開催いたします。
下記より注意事項を必ずお読みください(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)。

ご受講にあたり
・本セミナーは、「Zoomウェビナー」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・セミナー開催の1週間前に、当日視聴用URLをメールにてご案内いたします。セミナー当日、本URLよりログインいただき、ご視聴ください。
(8/27 17:00以降に申込された方は、開催前日までにメールでお送りいたします。)
・当日は、セミナー開催時間15分前よりログインいただけます。時間に余裕をもってログインください。

Zoom のご利用について
・スマートフォンの場合はGoogle play や Appstore などから事前にアプリのインストールが必要です。
(インストールや使用は無料ですが、別途インターネット回線が必要です。)
・各種アプリは最新版にアップデートしてからご利用ください。
・Zoom インストールアプリに関する不具合・トラブル・使用方法について、弊社ではサポート外とさせていただきます。
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になる場合があります。
 また、それを原因とした映像等の不具合が発生したりする可能性がございますので、予めご了承ください。

諸注意
・予期せずネット環境が乱れる可能性がございます。予めご了承ください。
・本セミナーの録画・録音はご遠慮ください。
 また、無断に画面をスクリーンショットや撮影等をすることもご遠慮ください。
・配信 URL を他の方に知らせたり SNS などで公開したりしないようお願いします。

キャンセルについて
お申込み完了後、原則として、キャンセルはお受けできません。予めご了承ください。

問い合わせ先

日刊工業新聞社 デジタルメディア局(担当:友田、坂本)
dsemi@media.nikkan.co.jp

関連書籍『全固体電池入門』


2018年のトヨタの発表をきっかけに急激に注目の高まった全固体電池。
従来のリチウムイオン電池よりも安全、長寿命、高性能といわれており、期待を集めています。
本書は第一線の研究者が全固体電池のエッセンスをコンパクトにまとめた、初めての入門書です。

※本セミナーに書籍は含まれておりません。

▼書籍の詳細はこちら
https://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003393
申し込みは終了しました