2020/10/10(土) 13:0014:30Googleカレンダー登録
受付中
残り38

中将姫願経から極楽世界を観る〜称讃浄土経から読みとく〜第一回

参加料金:¥1,600(税込)

奈良時代の伝説の女性、中将姫様をご存知でしょうか。
中将姫様が千巻写したお経、 中将姫願経『称讃浄土佛摂受経』です。現在當麻寺中之坊さんには、中将姫さまのものと伝わるお経が伝わっており、その文字をうつすお写経をすることができます。2018年8月にも称讃浄土経の講座をしていただきましたがその時より具体的に内容を教えていただくシリーズ講座第一回目です。二回目は10月24日の開催を予定しています。

当初は5月に予定をしておりましたが、オンラインの開催に変更になりました。



◎ご希望の方には、称讃浄土経のお写経をおうちでできる、
「おうち写経」の送付もしております。
別料金、送料込7,870円です。



セット内容は
①写経手本 15枚
②浄書用紙 15枚
③参照用全文 4枚
④説明用紙 1枚

注意点:
・當麻寺中之坊さんで行われている中将姫さまの筆跡そのもののお写経ではなく、
中将姫さまの筆跡をもとに書写しやすい活字に文字起こしたものです。
字体は中将姫さまが使用した文字に可能な限り準じています。
・レターパックライトで発送のため、若干の折り目がつく場合があります。

 

会場
ZOOMでのオンライン配信
ホームページ
住所
アクセス

講師紹介

當麻寺 中之坊 院主 松村實昭(まつむら・じっしょう)

昭和47年 奈良県生まれ。昭和57年信貴山で得度、平成8年高野山で阿闍梨位を授かり、平成9年當麻寺に入寺。伝統の「當麻曼荼羅絵解き」を口伝継承し、中之坊客殿で定期的に実修するほか、大本山総持寺(神奈川)や国立劇場(東京)など各地で口演布教に活躍する。また、平成17年には當麻曼荼羅の写仏道場を開設し、出張教室開催や文化センター講師を務めるなど、宗教体験を目的とした写仏の指導者としても知られている。現 中之坊院主。僧正位。當麻寺前住職。大峯山大先達。
東日本大震災復興支援「あゆみ観音プロジェクト」代表。

タイムテーブル

時間 内容
12:45 入室開始
13:00 オンライン講座
14:30 講座終了

注意事項

・スマートフォン、タブレット、PCなどから視聴いただきます。

・顔出し不要です・ビデオをオフにしてご参加ください。

・事前にメールURL、資料があれば資料のPDFをお送りします。

 

開催時刻10分前になりましたら、事前にお送りするメールに記載の

URLをクリックいただくと、ZOOMが起動します。その後、画面の中央に「コンピューターでオーディオに参加」というボタンが表示されますので、これをクリックしていただくとご参加が完了します。

■ ご参加にあたってのお願い

・安定したWi-Fi環境下で受講ください

・何らかの理由で通信が中断してしまう事がありますがご理解ください。中断した時間分は補填させていただきます。

・マイクをオフにしてご参加ください

以上ご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡くださいませ