2022/1/23(日) 09:3017:30Googleカレンダー登録
受付中

スクールカウンセラーの未来に向けて

「SCの未来を創る会」主催 第1回全国研修会
受講料:¥3,000
SCの相互支援と専門性向上を目指して発足した「SCの未来を創る会」では、実践力を高めるための研修会を下記の要領で開催致します。
公立・私立の別や学校種別、資格背景に関係なく「スクールカウンセラー」として活動している方々やSC養成や後方支援を担っている方々と共に、SCに期待されている役割について考え、期待に応じるための知識やスキルの再確認やブラッシュアップができればと考えています。
zoom会議室での開催となりますので、全国各地の皆様と共に学び情報共有できることを期待しています。

午前の部 9:30〜12:30(受付開始9:00)
【ミニレクチャー】 司会:石川悦子(こども教育宝仙大学)
 ①「不登校対応の変遷とSCアイデンティティ」
   植山起佐子(岡山県SC)
 ②「家庭と学校をつなぐ保護者対応」
   徳田仁子(京都光華女子大学・私立高校SC)
 ③「常勤SCができること〜チーム学校、そしてチームSC〜」
   阪口裕樹(名古屋市教育委員会 子ども応援室)
午後の部 13:30〜15:30
【シンポジウム】 「SCを支える全国組織について考える」
 企画:本間友巳(神戸親和女子大学)   司会:内田利広(龍谷大学)
 話題提供1:「SC実態調査アンケートの結果を受けて」
        花井博(愛知県SC)
 話題提供2:「SCを支える全国組織のイメージ」
        本間友巳(神戸親和女子大学)
 グループ・ディスカッション

※臨床心理士研修ポイントを申請予定
会場
ホームページ
住所
アクセス

講演者紹介

植山起佐子(岡山県SC)

「不登校対応の変遷とSCアイデンティティ」
 文部省(当時)のSC活用調査研究委託事業を経験した第一世代の一人として、導入目的のひとつである「不登校」対応の変遷(文科省の見方も変化)から何を学び、SCとしてのアイデンティティを形成していったかをお話したいと思います。
 臨床心理士の応用編としてのSC活動は、養成課程で学んできたことだけでは現場のニーズに応えられないというショッキングな現実との対峙から始まりました。様々な不登校児童生徒と向き合う中で、気づかされたこと、また、米国などへの視察ツアーの体験から学んだことを踏まえ、今後のSCに期待されている資質やその向上と次世代への継承について話題提供したいと思います。

徳田仁子(京都光華女子大学・私立高校SC)

「家庭と学校をつなぐ保護者対応」
 子どもと学校を取り巻く環境や人と人との関係性は年々大きく変化しています。子どもも大人も自分の気持ちをしっかり感じた上で、その気持ちの揺れや葛藤を心の中に抱え表現することが難しくなっているのではないでしょうか。しかし、何か問題が起こった時、保護者と教師が子どもの気持ちを共有し、成長を促進する方向で協力できればとても大きな力になります。SCは家庭と学校の連携を支える「つなぎ手」として黒子の役を果たしたいものです。中学校5校(及び関係する小学校数校)と高等学校2校でSCとして勤務したささやかな経験から、つなぎ手としての保護者面接のポイントをお話したいと思います。

阪口裕樹(名古屋市教育委員会 子ども応援室)

「常勤SCができること〜チーム学校、そしてチームSC〜」
 SC活用事業導入から20年以上経った8年前、名古屋市では常勤SCはじめ常勤の援助職が中学校に配置されました。これまでは各学校で1人のSCが奮闘しながら活動してきましたが、本市では組織的に子どものための支援システムを構築しています。そのひとつに、本市は常勤だけでなく、非常勤SCも配置し、常勤と非常勤のSCがコラボレーションすることで、網の目を細かくした支援を展開しています。チーム学校として常勤SCができることは何か、常勤SC同士や常勤・非常勤SC同士といったチームSCとしてできることは何かについて話題提供したいと思います。

本間友巳(神戸親和女子大学)

【シンポジウム企画者より】
 本会の主要な目的のひとつは、SCを支えるとともにスクールカウンセリングを発展させるための全国組織を構築することです。この目的に到達するために、これまでキックオフミーティング(2020年11月)や日本心理臨床学会での自主シンポジウム(2021年9月)を開催してきました。これらの取り組みをもとにして、本シンポジウムでは、現場のSCの支援ニーズに即し、かつスクールカウンセリングの発展に寄与できる全国組織とはどのようなものなのかについて、考えてみたいと思います。そして、このシンポジウムをきっかけにして、新たなSC全国組織づくりを加速させていこうと考えています。

研修申し込みの流れ

研修申し込みフォームでの申し込み
(本ページ上部もしくは下部の「セミナーに参加する」ボタンより)
 ↓
研修費支払い
(参加申し込みフォームに続いて、支払いが可能)
 ↓
Zoomの事前登録
(参加申し込み自動返信メール内の登録URLより登録)
 ↓
Zoomより当日のミーティングID(URL)が発行
(事前登録時に登録したメールアドレス宛てにミーティングIDが配信)

【注意事項】
事前登録手続きによって発行されるZoomミーティングIDは、それぞれの参加者で異なる固有のミーティングIDになります。
固有ミーティングIDを他者を共有し、他者が先にミーティングにアクセスしてしまった場合、申し込まれたご本人がミーティングに参加することができなくなりますので、固有ミーティングIDを他者に伝えることはお控えください。
なお、固有ミーティングIDを他者と共有したことによるトラブルには研修会主催者は関知しかねますのでご承知おき下さい。

主催団体【SCの未来を創る会】について

 
2020年に発足。公立私立、校種の別、資格背景を超えて「スクールカウンセラー」として「子どもたちの未来」に資する実践力や専門性を高めるプラットフォームの創設を目指している。参加者のニーズに応じた研修会や情報交換会などを実施し、一人職場であることの多いSCの相互研鑽やエンパワーの場とすることで、次世代育成と共にSCスタンダード作りも目指している。
<世話人>
荒井久美子(京都)、石川悦子(東京)、植山起佐子(岡山)、内田利広(京都)、窪田由紀(福岡)、
高田 晃(山口)、小林哲郎(京都)、阪口裕樹(愛知)、進賀友一(岡山)、高田みぎわ(京都)、田波勝(東京)、徳田仁子(京都)、福田憲明(東京)、本間友巳(京都)、吉村隆之(鹿児島)
<事務局>
川嵜由起美(兵庫)、鈴木美和(奈良)、花井博(愛知)、松丸未来(東京)