2021/10/22(金) 09:0010/24(日) 15:00Googleカレンダー登録
申込締切

HLC四国 石鎚参り2泊3日ULハイキング

【UL HIKING PRACTICE】
参加料金:¥5,000(税込)
申し込みは終了しました
10月のHLC四国では、皿ヶ嶺連峰から石鎚山系までを繋ぐ歴史あるトレイルで、2泊3日の実践的なUL(ウルトラライト)ハイキングを行います。

今回のプログラムは、ULハイキングを学ぶことに重点を置いた『UL HIKING LECTURE/WORKSHOP』からステップアップし、チャレンジングなハイキングを実践する『UL HIKING PRACTICE』。2泊3日の歩きごたえのある山行をアンバサダーとコミュニティーの仲間がチームになって行い、共にULハイキングの可能性を深めていきます。

過去に山と道HLCの1泊2日以上のハイキングプログラムに参加したことがあり、十分に山の経験がある方を対象としたプログラムです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 行動時間・距離が長いULハイキングの実践
  • 事前のギアリスト作成やアンバサダーによる道具の取捨選択への提案を経て、実際にUL装備での山行を経験
  • 山と道とシックスムーンデザインズ製品のレンタルが可能
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


石鎚参り2泊3日ULハイキング

場所:四国山地西部に位置する『皿ヶ嶺連峰/石鎚山系』
開催日:10月22日(金)ー24日(日)
集合:10月22日(金)9:00/伊予鉄道見奈良駅
解散:10月24日(日)15:00/西之川登山口
定員:8名 ※最少催行人数:4名
参加費:5,000円 ※当日現金でお支払いください。
参加対象:過去にHLC四国の1泊2日以上のハイキングプログラムに参加したことのある方
募集締切:10月7日(木)

※申し込み後に山行経験が十分でないと判断した場合、参加をお断りする可能性があります。
※雨天決行、荒天中止です。プログラムの中止の場合は、前日の15時までに判断しご連絡します。


山と道HLC四国アンバサダー 菅野哲よりメッセージ
「その昔、各村を代表して元気な若者たちがお参りのために石鎚を目指していたそうです。長い道のりを越え石鎚山へ参り、また村まで戻って村人たちに報告する。村人たちはそれを出迎えてもてなす。そんないにしえの山歩きを先人たちに想いを馳せながらご一緒しませんか? きっと、いつものハイキングとは一味違った趣のあるものになること間違いなしです。登りが連続する今回のルート、歩き通すとかなりハードな行程ですので、のんびり2泊しましょう。とはいえ、歩行時間は長めでかなり健脚でなければムリです(笑)。参加者全員で団結して無事に石鎚へお参りしましょう!」

皿ヶ嶺連峰から石鎚山系にかけてのトレイル
市街地近郊のポピュラーなハイキングコースのある皿ヶ嶺は、竜神平のホッコリ癒される湿原が広がります。ブナなど心地よい樹林帯を東へ尾根伝いに縦走することができ、いくつもの峠を越え青滝山を過ぎると、石鎚山系の西端となる堂ヶ森へ達します。広大な笹原と絶景に迎えられ、ニノ森をトラバースすればいよいよ西日本最高峰・霊峰石鎚山が間近に。山頂からは土小屋方面へ向かい、趣のあるツナノ平を通って一気に西之川まで下ります。









行程
【1日目】9:00伊予鉄道見奈良駅(集合)、9:15出発、12:30上林森林公園、14:00皿ヶ嶺山頂、15:00竜神平小屋到着
【2日目】4:00竜神平小屋出発、5:15陣ヶ森、12:00黒森峠、14:00青滝山、16:00堂ヶ森、16:15堂ヶ森避難小屋到着
【3日目】6:00堂ヶ森避難小屋出発、9:00石鎚山山頂、11:30土小屋、13:30ツナノ平、16:30西之川登山口(解散)

※地図のスタート地点に誤りがあります。『上林森林公園』でなく、正しくは『伊予鉄道見奈良駅』になります。
※昼食時間は設けません。休憩時または行動時に行動食を取りながらの山行になります。ただし、3日目は土小屋のテラスカフェで昼休憩の予定です。
※天候等により、予定は変更する場合があります。


プログラム当日までの流れ
今回のプログラムでは、参加者の方に事前のギアリストの作成やアンバサダーによる道具の取捨選択への提案、山と道製品等の軽量な道具への交換を経て、実際にULスタイルでのハイキングを経験していただくことを目的としております。そのため、参加者の方には事前に以下のプロセスへのご協力をお願いしております。
  1. お申し込み時に、ギアリストの作成方法、注意事項等を記したメールをお送りします。
  2. プログラムの山行を想定したギアリストを作成し、ご提出いただきます。※10月10日(日)まで
  3. アンバサダーがギアリストを確認し、軽量化のアドバイスを行うと共に、山と道製品等の軽量な道具へのレンタルでの交換をご提案します。※10月13日(水)まで
  4. アンバサダーからの提案を元に、ご案内するレンタルサービスからレンタル希望品をご注文いただきます。(アンバサダー提案以外の山と道製品のレンタルも可能です)。※10月17日(日)まで
  5. レンタル製品への装備の交換を経て、実際にハイキングに参加します。
※アンバサダーにより装備の軽量化がなされていると判断された方も、レンタルサービスのご利用は可能です。お試しになりたい製品があればぜひご活用ください。


必携品について
2泊3日テント泊山行の装備一式、食料、水、アルコールジェル


山と道HLCレンタルサービスについて
本プログラムでは、実施シーズンに適した山と道製品のレンタルが可能です。申し込み方法については、プログラム当日から約15日前にご案内させていただきます。

レンタル料金:800円 ※料金には発送時の送料と手数料が含まれています。返送時の送料はご負担ください。


感染防止対策について
  • ご自身もしくはご家族に、風邪の症状や37度以上の発熱がある場合は参加をご遠慮ください。
  • 移動手段で公共交通機関を使う場合はマスクを着用してください。
  • プログラム中は適宜マスクを着用し、参加者同士のソーシャルディスタンスを維持してください。
  • トイレの前後、食事の前は手洗いもしくはアルコールジェルを使った手指消毒を徹底してください。
  • 飲食時には、食器の貸し借りや食べ物等のシェアは避けてください。

その他
  • 本プログラムは登山ガイドによるツアーではなく、ULハイキングについての理解を深める目的で実施します。集合場所までの移動中またはハイキング中の事故等は、全て自己責任となることをご理解の上ご参加ください。
  • 参加費に保険料は含まれておりません。万が一の事故や怪我に備えて、YAMAP登山保険やモンベル野あそび保険等の保険に、各自で加入されることをお勧めいたします。
  • 自動車等の手配が困難で、集合・解散場所へのアクセスができない方は、一度ご相談ください。
会場
ホームページ
住所
アクセス

山と道HLC四国アンバサダー

菅野 哲 Tetsu Kanno

『T-mountain』代表。四国・松山城の麓で山道具屋『T-mountain』を営む。山は歩く、走る、攀じる、滑る、どれも好き。20代から日本の主要な山はもちろん、海外の山へも出かけてきた。近年は、自分の生活に密着した里山や決して特別ではない近くにある山々の魅力に深く心をくすぐられている。四国の素晴らしい自然を世界へ発信するため、日々あちこちでソトアソビ実践中。三人の愛娘といつまでラブラブできるか悩み中。
@hlc_shikoku

申し込みは終了しました