【こども食堂_参加のこども達等向け受付】 注)ボランティアの方の受付サイトではありません

予約の種類」の選択

対面学習支援(土)

HPでご案内のとおり、2022年3月11日に当法人は文部科学省 家庭教育支援チーム(大和郡山)となりましたので、今後学校や教育委員会の先生方の視察が予定されています。

【小学生をお子さんにもつ保護者の方へ】
こども食堂学習支援 保護者の方へご協力のお願い

以下、小学生のお子さんがこども食堂の学習支援に参加の場合につき、以下保護者の方々に是非ご協力いただきたいことをお伝えいたします。
是非、ご協力をお願いいたします。

1,こども食堂における学習支援の目的
 こども食堂では、こども達が「自ら学び、将来を生き抜く力」を醸成できるよう、こども達を支援することを基本理念として活動しています。

 学校や塾のように、行けば先生より受動的に教えてもらえるような学びの場ではなく、こども食堂においては、「自ら学ぼうとする」姿勢や意志を育てることを目的としています。

学校や塾では体験できない「自ら学ぼうとする力」を大切にするように、こども達に指導しています。
つきましては、以下の点、保護者の皆様には、こども達のためにご協力をお願いいたします。

2,ご自宅で保護者にこども達と、していただきたいこと
(1)こども食堂に行く前にお願いしたいこと
こどもと相談して、紙(どんな用紙でも結構です)に、 こども食堂で勉強する内容をできるだけ具体的に、こども達に約束させ、勉強する内容を書き出して持参させてください。
最低40分くらいは時間がかかる内容を書いてください。

(例)夏休みの宿題の算数のプリントの1~10ページ及び漢字ドリルの1~5ページなど

こども食堂には問題集やipadはありますが、それらは補助教材であり、保護者の方が何を具体的に勉強するのか自ら確認できないので、あくまでこども達がこども食堂に持ってきて勉強するドリルや問題集、宿題の中から、こども達と相談して選んで書き出してください。
 
もちろん、約束し、紙に書いた教材は持参させてください!!

こども食堂にやってきたら、まずその用紙を確認します。持参されない場合には、帰って頂き、保護者の方を

相談してから、再度来ていただくように指導しますので、必ず忘れずに持ってきていただくようにお願いします。

2,こども達が帰宅したら
こども達がこども食堂で勉強すると約束した内容が、どこまでできているのか、保護者の方が現物をみて確認してください。

できていることは褒めてあげてください。
またできなかったことは、その理由を聞いてあげてください。

またなにかこども食堂に要望や意見がございましたら、なんなりをお伝えください。
 (うるさくて勉強できなかったとか、教え方がうまくないとか)

以上、こども達の学びのために、何卒ご協力をお願いいたします。
 

「予約日時」の選択(10件選択可能)

11月 2022年12月 1月
受付中 残りわずか ×締め切り キャンセル待ち
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1