事前予約で楽しむ 京都旅(京都市観光協会 DMO KYOTO)

悠久の時を刻む禅寺 建仁寺霊源院~初夏の甘茶坐禅~

京都最古の禅寺と名高い建仁寺の境内にある塔頭寺院で、応永年間(1394年~1428年)に、日本に饅頭を伝えた事でも知られている龍山徳見和尚を勧請開山として弟子である一庵一麟によって創建されたお寺です。京都五山文学の中枢であった霊源院は、一休宗純和尚が修行されたお寺としても知られ、今川義元、徳川家康を育てた太原雪斎も修行されました。別名「甘茶の寺」とも言われ、5月から6月にかけて令和の枯山水庭園「鶴鳴九皐」が美しく色づいた甘茶に彩られます。当庭園は、足立美術館の庭を作庭された、昭和の小堀遠州と称される、中根金作を祖父にもつ中根行宏、直紀兄弟により作庭されました。この時期にしか見られない甘茶に彩られた庭園を眺めながら、坐禅体験と住職による法話で特別なひとときをお過ごしいただきます。

【期間】
2021年5月16(日)~6月20日(日)の限定日
※設定日はカレンダーでご確認ください。
(6月の設定日は5月中旬に掲載予定)
※今後のコロナウイルス感染拡大状況の推移や社会情勢などにより、中止や内容変更となる場合があります。予めご了承ください※

【時間】
・朝坐禅 各日 10:00~11:00
・夕坐禅 各日 15:30~16:30
※参加ご希望の2日前の10:00までにご予約下さい。

【定員】
5~30名
※1名様からお申込みいただけますが、各日お申込み人数が5名様に満たない場合は中止となります。
中止の場合は2日前の10:00以降にメールにてお知らせいたします。
※夕坐禅は、5名に満たない場合でも催行することがございます。

【料金】
1,200円
※1名あたり、おとな・こども同額
※当日、建仁寺霊源院にて参加人数分を現金でお支払いください。

【集合場所】
建仁寺霊源院

【内容】
★坐禅体験
住職による説明のあと、坐禅体験を行います。
・「坐禅」についてのおはなし
・坐禅体験
★法話
★令和の枯山水庭園「鶴鳴九皐」
★ 限定御朱印(書置き/1枚400円)
※当プラン限定の御朱印をご希望の方に授与いたします。
<住職のご紹介>
 霊源院住職 雲林院 宗碩
 ・臨済宗連合各派布教師
 ・京都観光おもてなし大使
 1976年京都市左京区生まれ。1999年に花園大学卒業後、建仁寺派西来院にて得度。小堀泰巌老師のもとで修行を経て、
 2012年に臨済宗連合各派布教師を拝命。以後、臨済宗をはじめ、多くの檀家信徒の皆様のため、全国各地へ布教伝道に勤しむ。
 同年に建仁寺塔頭霊源院住職を拝命し、多くのTV番組にも出演するなど他方面で活躍している。
 
【アクセス】
・京都駅から市バス206系統「清水道」下車徒歩約3分
・京阪電車「祇園四条駅」から徒歩約10分

【お問合せ】
TEL:075-531-0986(建仁寺霊源院)
※お電話でのお申込みは受け付けておりません。

「予約日時」の選択

2021年6月
受付中 ×締め切り
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4