旅行/ガイドツアー

★東六番丁を北から南へ~幕末の仙台駅周辺を妄想散歩する新コース★

令和の時代によみがえった安政の古絵図【安政補正改革仙府絵図(令和版)】。その作者である厚綿広至(あつわたひろし)氏による人気シリーズ「幕末さんぽ」の令和4年改訂版です。

資料を片手にまちをめぐり、現代では失われたもの、逆に未だ残されているものを一緒に検証、幕末の仙台城下がどのようなものであったかを想像する、楽しい「妄想さんぽ」です。
各回で戊辰戦争についての概略を配布、「幕末さんぽ」からの流れも継続しつつ、戊辰戦争以外のトピックも取り上げていく全8回のまちあるきシリーズです。

第3回は仙台藩の秀才たちが学んだ養賢堂跡御用地である勾当台公園からスタート。元寺小路、花京院跡を経て、現在の仙台駅東側にあたる東六番丁を南下します。ゴールは奉行所のあった仙台国際ホテル・SS30付近です。幕末の仙台駅周辺はどのようなまちだったのか、今回も楽しく絵図と一緒に妄想さんぽします!

※約4.2kmのまちあるきコースです。途中休憩を挟みますが、原則、座って休める箇所はありません。ご了承ください。
※歩きやすい靴・服装でお越しください

(注)新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う施設営業時間の変更等により、一部内容の変更、もしくはツアー自体を中止・延期にする場合もございます。最新の情報につきましては、仙台ふららんホームページ・フェイスブック等SNSにてご確認ください。

「予約日時」の選択

1月 2022年2月 3月
受付中 ×締め切り
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4
5
6