Ikuyo Doula Services-ボストン産前産後ケアサービス-

Ikuyo Doula Services
ボストンでの出産育児の不安を日本語でサポートします。

 サービス内容

無料相談、事前面接

妊娠中全般、出産、育児不安や質問、ソーシャルネットワークへの連携などの相談をメールにて無料で受け付けています。また、直接ケアが必要な時の事前面談は無料(1時間)となっています。

両親学級

妊娠23週~36週の妊婦さんパートナーを対象に3組までの小グループ、もしくはプライベートで両親学級1-出産準備編、両親学級2-育児準備編(各回$100、3時間半育児グッズサンプル付)を行っています。
オンライン上でも両親学級を始めました!
両親学級1①-出産育児心物の準備編、両親学級1②-分娩の経過と過ごし方(呼吸法含む)、
両親学級2-新生児とお母さんの産後のスケジュールと心のこと[母乳のケア方法含む)、育児技術編 (各回$30、1時間30分)で対応しています。
内容はアメリカでの出産入院育児にフォーカスを当てながら、日本の産前産後の情報も踏まえ、楽しく育児していく知恵やアドバイスをしています。

産後ケア訪問

アメリカでは出産入院が48~72時間と短いため、産後の身体の回復が間々ならないうちに忙しい育児が始まります。また、出産後には赤ちゃんを自ら小児科に受診しなければならず、産後に人手がとても必要になってきます。産後ママさんの身体や気持ちが安定するまでの期間ご自宅に訪問し、赤ちゃんとの生活のお手伝い、上のお子さんのお世話、小児科受診のサポート、日本食財の買出し、食事作りなどを行っていきます。1回の訪問は最短2時間から$20~/Hour受け付けています。(交通費や食材どの実費は別にいただきます)

 about me
 

私は2012年の夏から主人の仕事で双子の娘達(当時3年生)と一緒にボストンのお隣のブルックライン市に住んでいます。日本では大学病院、お産の多い個人病院、都内の外来クリニックで通算13年半、助産師として働いていました。アメリカに来てからは娘の小中学校のPTO活動、ボストンに住む妊産婦さんのサポート、ブルックラライン市図書館で日本語のよみきかせなどのボランティアを行ってきて、それらは8年たった今も続けています。現在、娘達は16歳となり大学受験に向けそれぞれの道を歩み始めました。自分自身のライフワークとしてアメリカの地に足を付けて妊産婦さん、育児中のママさんに関わることを仕事として責任を持って活動しようと考え、2019年、アメリカでDONA internationalの産後ドゥーラ(産後ケアを専門に行う)認定をとりました。現在は産後ケアとブルックライン市にある産科婦人科クリニックの先生の指導の下、日本人妊婦さん対象に両親学級を行っています。

 プロフィール

相原育世ー栃木県田沼町生まれ(現在、佐野市)、栃木県立足利女子高等学校卒業、自治医科大学付属看護短大卒業し看護師資格取得、翌年同看護短大助産学専攻科卒業、助産師資格取得、英検2級、DONA interbatinal postpartam doula certificate(PDC)

 お知らせ
8月19日(水)20:30〜(ボストン時間)スペシャルゲスト理学療法士の大林まつ乃さんをお迎えして、産後骨盤底セルフケア体験レッスンを行います(参加費は無料)!!

Copyright © career-counseling. All Rights Reserved.

無料で作れるホームページ・
予約システム・メールフォーム
このページはSELECTTYPEを使って作成されました。あなたも無料で作成してみませんか?