EVENTS

かかりつけ薬剤師のための
医薬連携吸入指導研究会 ワークショップ


※新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、延期をすることといたしました。新しい日程が決まり次第 改めてご案内申し上げる所存です。

何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

吸入療法のアドヒアランスを向上するためにチーム医療は重要です。薬剤師の専門性を発揮し、薬に対する不安や、認識不足を解消することを目的として「医薬連携吸入指導研究会」を立ち上げました。本ワークショップは、グループ内での実際の吸入指導の実演を通して、現在、多く発売されている吸入デバイス”すべて”に対応できる技術習得を目的としております。

久留米医薬連携吸入指導研究会

©2019 KURUME “CUPID” STUDY GROUP

久留米医薬連携吸入指導研究会

対談「吸入指導に関する現状について」 

今回、吸入指導研究会の発起人であり、事務局のお二人の先生に「吸入指導に関する現状について」対談していただきました。 

無料で作れるホームページ・
予約システム・メールフォーム
このページはSELECTTYPEを使って作成されました。あなたも無料で作成してみませんか?