フィジカルアーキテクトオンラインクラス
(Physical Architect Online Class) 

"オンラインで継続的にトレーニング・リハビリテーションを行いましょう。"

トレーニング・リハビリテーション効果は継続をして行うことで目に見える結果へと繋がっていきます。フィジカルアーキテクトでは『いつでも・どこでも手軽に一流セラピスト・トレーナー・コーチと繋がる事ができ、手軽に本格的なトレーニング・リハビリテーション指導を受けられる環境』を皆様にご提案致します。

お知らせ

お問合せ電話番号
03-6455-5322
月・金 9:00~18:00

クラス紹介

スタッフ・オンライン講師

*米国ハワイ州立大学 理学療法士アシスタント学科​
  (Physical Therapist Assistant)
*カリフォルニア大学ペンシルバニア校 
   エクササイズ/サイエンス学科
*マッスルアクティベーション(MAT) 認定セラピスト
   (Muscle Activation Techniques) 
*米国ストレングス・コンディショニング協会 
   パーソナルトレーナー(NSCA CPT) 
*米国脳卒中神経促通法セラピスト(NEURO-IFRAH)
*カナダファンクショナルランジ
   コンディショニングトレーニング トレーナー
*全米スピードトレーニング協会認定トレーナー
*English / Japanese 

佐藤 雅哉

綿野 秀則

*水泳歴 45年
*指導歴 32年
*立教大学コミュニティ福祉学部ゲストスピーカー
*ベーシックライフセーバー(Basic LifeSaver) 
*スキューバライセンス(中級)
*SEFIC (中級)
*日本語教師
*フグ調理師免許(大阪)

水の中での身体に使い方は陸上と異なりちょっとしたコツが必要になってきます。
実際に思い描いている水泳の動きやイメージと全く異なってくるのでそのコツを少しでもお伝えできたらと思います。
このコツを知ることで今までの泳ぎとは全く別のものとなって楽に効率よく泳げるようになりスピードも増して泳ぐことができるようになります。

モビリティトレーニング担当

オンラインスイミング担当

PAオンラインでのメリット

環境を選ばず自宅でもトレーニング

好きな時間にすぐにトレーニング

オンラインでも対面と同じようなトレーニング効果

パーソナルなので細かな指導を提供

目的;*関節可動域向上
    (柔軟性向上)
   *運動パフォーマンス
            向上
   *関節痛予防
   *筋バランス調整 等
             
 

目的;*ご自宅で継続的な
    トレーニング
   *自重中心の
    トレーニング
   *健康維持の為の
    トレーニング
   *自粛により
    トレーニング
    環境制限がある 等

目的;*水泳の技術を向上
   *水泳に必要な
    筋力トレーニング
   *自粛により十分な
    水泳トレーニング 等

目的;*柔軟性とトレーニング
   *格闘技(寝技)を
    行っている
   *より効果的な身体動作を
    身につけたい  等