予約システムとGoogleカレンダーを連携して受付けた予約情報をGoogleカレンダーにも自動登録する


SELECTTYPEの予約システムでは、Googleカレンダーと連携することで受付けた予約情報をGoogleカレンダーにも自動反映することが可能です。GoogleカレンダーはGoogleアカウントをお持ちの方が利用できるスケジュール管理ツールです。普段活用されている方も多いと思います。
最初に連携設定を行ってしまえば、その後は自動でGoogleカレンダーに予約情報が反映されるようになりGoogleカレンダーでも予約の確認ができるようになります。
※連携機能はベーシックプラン以上のプランからご利用頂ける機能です。
※Googleカレンダーに登録された予定をSELECTTYPE側に登録・更新することは出来ません。

このブログエントリーでは、予約システムとGoogleカレンダーの連携方法をご案内します。

予約システムとGoogleカレンダーを連携して受付けた予約情報をGoogleカレンダーにも自動登録する

ログインしたらページ上部ヘッダーより「予約フォーム」→「予約管理カレンダー」をクリックします。

予約管理カレンダーが表示されましたら、画面下部のカレンダー下にある「Googleカレンダーと連携」をクリックします。

Googleの「アカウントの選択画面」が表示されますので、連携するGoogleアカウントを指定します。

カレンダーの表示と編集権限を「許可」します。

カレンダーのアクセス権限を「許可」します。

最終確認画面が表示されますので、「許可」します。

予約管理カレンダーに戻ります。
連携ボタンが「Googleカレンダーとの連携解除」ボタンに切り替わっています。
以上でGoogleカレンダーと連携が完了します。

Googleカレンダーにアクセスすると左メニューに「SELECTTYPE予約台帳」が出来上がっています。

予約フォームから予約を入れてみましょう。
Googleカレンダーに受付けた予約情報が自動で反映されます。

Googleカレンダー側の「SELECTTYPE予約台帳」メニューからカレンダー上の予定の表示/非表示を切り替えることが可能です。
こちらの設定が非表示になっていますとカレンダー上に予約情報が表示されません。
非表示の状態だった場合、切り替え操作をしますとカレンダー上に表示されるようになります。


以下の情報も自動で反映されるようになります。
・予約管理カレンダーから予約の代行登録した情報
・予約ステータスを切り替えた情報
・変更した予約日時や予約者情報

このようにSELECTTYPEの予約システムでは、Googleカレンダーと連携して予約情報をGoogleカレンダーに反映することができるようになります。
Googleカレンダーをご利用の方は、是非ご活用ください。

SELECTTYPE: 無料でWEBサイト/予約フォーム付き予約システム/イベント管理・セミナー管理システム/メールフォーム付きサポートシステム/各種フォーム作成(アンケート,診断テスト)