Google Analyticsで、SELECTTYPE内のあなたの作成したページのアクセス解析をする


SELECTで作成した各ページをあなたのGoogle Analyticsアカウントで解析・分析することが出来ます。

あなたが作成した予約フォーム他各種フォーム、イベントページ、簡単ページやWEBサイト。
SELECT上に作成した全てのコンテンツを解析することが可能です。

このブログエントリーでは、あなたのGoogleAnalyticsアカウントでSELECTのアクセス解析をするための設定をご案内します。

 

Google Analyticsで、SELECT内のあなたの作成したページのアクセス解析をする

まず最初にGoogle Analyticsのアカウントを作成しましょう。
今回は、すでにアカウントがあるものとして、SELECTのアクセス解析を始めるための設定をご案内します。

GoogleAnalyticsにログインしたら、ページ上部ヘッダーより「アナリティクス設定」をクリックします。
0.google analyticsヘッダーより「アナリティクス設定」を選択します
次にアカウントメニューから「新しいアカウントを選択」をクリックします。
1.アカウントメニューから「新しいアカウントを作成」を選択」


解析対象を登録するためのWEBサイトを登録するフォーム
が表示されました。
この画面でSELECTの情報を入力していきます。
項目「URL」にSELECTのアドレスを「.com」まで入力します。
2.URLにSELECTのURL情報を.comまで設定

その他の項目はどんな名前でも構いません。解りやすい名前を設定しましょう。
最後に「トラッキングIDを取得」をクリックします。

3.「トラッキングIDを取得」をクリック

SELECTの情報がGoogleAnalyticsに登録されました。
表示された画面で「トラッキング情報」をクリックします。
4.表示された画面で「トラッキング情報」をクリック

サブメニューが表示されます。
トラッキングコード」をクリックしましょう。
5.「トラッキングコード」をクリック

トラッキングIDが表示されました。
このトラッキングIDをコピーして、SELECTの設定フォームに登録すればGoogleAnalyticsによる解析が始まります。
6.トラッキングIDが表示される

SELECTにログインしたらページ右上部のアカウント名をクリック
表示されたサブメニューより「環境設定」をクリックします。
7.ヘッダーメニュー右上「アカウント名」→「環境設定」とクリック

[環境設定画面]が表示されました。
先ほどコピーしたGoogleAnalyticsのトラッキングIDを貼り付けて「保存する」ボタンをクリックします。
8.入手したトラッキングIDを保存する

これであなたが作成したSELECTページをGoogleAnalyticsで解析できるようになりました。
※ 解析は一日以上経過後にデータが蓄積されて始まります。
9.以降のSELECT内のあなたの各ページのアクセス状況が解るようになります

 

GoogleAnalyticsのアカウント情報をSESLECTに登録し、作成した予約フォームやホームページ、WEBサイトを詳細に解析しましょう!

 

SELECT!: 無料でWEBサイト/予約フォーム作成/アンケート作成/診断テスト,心理テスト作成