Stripe「コンプライアンス関連の質問」へどのように回答したら良いか? / Stripeアカウント作成


改正割販法の施行に伴い、決済システムStripeのアカウント作成時に「コンプライアンス関連の質問」への回答が必要になりました。
Stripeアカウント作成画面にて画面上部、最初に以下のように「コンプライアンス関連の質問」が表示されます。
stripe連携時の追加質問

これら「コンプライアンス関連の質問」の質問には、以下のように回答してください。

 

[質問]クレジットカード情報を保持する予定はありますか?
お客さまのサーバー上にカード情報を保存したり、電話にてクレジットカード情報を伺う予定の場合は[はい]とお答えください。もし全てのStripeを通した決済におけるカード情報がCheckout、Elements、Invoices、mobile SDKをご利用される予定の場合は[いいえ]とお答えください。

「いいえ」と回答します。SELECTTYPEのシステムではクレジットカード情報は保持しません。

 

[質問]お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)は追加的な手段により顧客の本人認証を行なう予定ですか?
例: 3D セキュア

「いいえ」と回答します。

 

[質問]お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)における全ての決済において券面認証を行なう予定ですか?
クレジットカードのセキュリティコード (カード確認番号 (CVC) とも呼ばれる) を Stripe に送信することを常に推奨しています。Checkout、Elements、iOS、および Android の SDK はセキュリティコードの収集を標準装備しています。

「はい」と回答します。SELECTTYPEの決済機能ではCVC番号の入力フォームを用意しStripeに送信します。

 

[質問]お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)において不正配送先情報を利用した不正対策を行なう予定ですか?
例:自社で不正な配送先などのデータを蓄積して活用することもしくは外部の不正住所を検知するサービスを利用すること。

「いいえ」と回答します。SELECTTYPEのシステムでは配送に関知しません。

 

[質問]過去5年間に特定商取引法違反もしくは過去に消費者契約法違反による敗訴判決を受けたことがありますか?

この質問はあなた(の団体)がこれまでの事業活動にて違反をしたことは無いか?をヒアリングするものです。
これら違反に類する指摘を受けたことがあるかどうか回答してください。