予約管理担当者に予約の認否権限を付与する/予約管理担当者機能


SELECTTYPEの予約システムでは、予約管理担当者(サブ管理者)に予約情報を承認・キャンセルできる権限を付与することが出来ます。
予約認否権限を付与された担当者(サブ管理者)は担当者専用画面より指定された予約フォームの予約情報に承認やキャンセルができるようになります。

このブログエントリーでは、予約担当者に予約の認否権限を付与する方法をご案内します。

予約管理担当者に予約の認否権限を付与する/予約管理担当者機能

ログインしたらページ上部ヘッダーの「担当者管理」をクリックします。

担当者一覧から権限を設定したい担当者の「編集」ボタンをクリックします。

担当者の編集画面が表示されます。
「予約管理権限」に現在までに登録された予約フォームの一覧が表示されています。
ここで予約フォーム毎にどの権限を付与するか設定することが出来ます。

予約情報を承認したり、キャンセルできるようにする権限の設定は「閲覧+予約認否」を選択します。

「更新しました」メッセージが表示されましたら設定は完了です。

権限の設定は以上で反映されます。
予約の認否権限を付与された担当者は、担当者画面から予約の承認やキャンセルが可能になります。

<担当者画面の予約一覧の様子>

<担当者画面から承認する時の様子>

このようにSELECTTYPEの予約システムでは、担当者に予約情報の承認・キャンセル権限を設定することが出来ます。
運営スタッフに権限を与えて、予約の承認やキャンセル作業を分担して管理できるようになります。
承認・キャンセルの操作履歴は管理画面・担当者画面それぞれで確認できますので、いつだれが承認やキャンセルをしたかも確認できます。
複数名のスタッフで予約情報を分担管理したい場合には担当者機能をご活用ください。

SELECTTYPE: 無料でWEBサイト/予約フォーム付き予約システム/イベント管理・セミナー管理システム/メールフォーム付きサポートシステム/各種フォーム作成(アンケート,診断テスト)