識別パラメータ機能で、流入元を解析する / 予約システム


SELECTTYPEの予約システムで作成した予約フォームにはそれぞれユニークなオリジナルURLが発行されます。
この予約フォームにはURLパラメータに「識別パラメータ機能」に対応した値を設定することによって、どのURLから予約フォームにアクセスして予約を完了させたか?を識別することが可能です。
この機能は主にWEB広告ごとにURLパラメータを指定して、どの広告から流入した予約情報か?を判別するのに活用出来ます。

識別パラメータはフォームのURLに指定します。
形式は以下の通りです。

https://select-type.com/rsv/?id=〇〇〇〇&pm1=パラメータ1保存値&pm2=パラメータ2保存値

パラメータはインデックスが「pm1」「pm2」になります。
たとえばURLにpm1=GoogleとURLパラメータを付記していたならば、そのURLをたどって予約完了まで到達した予約情報ではパラメータ1に「Google」と保存されます。
あるいはpm2=YahooというURLパラメータを付記したURLからの予約であれば、予約情報のパラメータ2に「Yahoo」と保存されます。
パラメータに保存する文字列は、50文字以内の半角英数字であれば自由に変更することが出来ます。

この機能を利用して、例えばURLにパラメータを以下のように指定して、各WEB広告のリンク先に指定します。

https://select-type.com/rsv/?id=〇〇〇〇&pm1=google (Google広告のLPに)
https://select-type.com/rsv/?id=〇〇〇〇&pm1=yahoo (Yahoo広告のLPに)

この指定によって、各WEB広告から流入して予約された予約情報にはそれぞれ「google」「yahoo」とパラメータ情報に保存されます。
獲得した予約情報の流入元広告がこの設定により計測することが出来る、という仕組みです。

ラベルはカスタマイズ可能ですので、リストが見やすくなるラベルをご設定ください。

リストの項目に反映され、パラメータの持つ意味を直感的に分かりやすく出来ました。

このように識別パラメータ設定機能では、流入元計測など様々なケースでご利用いただけます。
設定は「予約一覧」にて行います。
ページ上部ヘッダーより「予約フォーム」→「予約一覧」をクリックします。

予約システムの「予約一覧」より右上の「設定」ボタンをクリックします。

すると操作モーダルが表示されます。識別パラメータをクリックしてください。

識別パラメータ設定モーダルが表示されます。こちらで有効にしたパラメータが保存されるようになります。
ラベルには一覧で管理/判別しやすい単語を設定しましょう。

パラメータ設定を有効にしても、これだけではパラメータは保存されません。
回答者に配布するURLに保存すべきパラメータを指定しておく必要がありますので、この点ご注意ください。
インデックスキーは、パラメータ1はpm1/ラメータ2はpm2です。

例えばWEB広告からの流入を測りたいのであれば、広告に設置するURLごとにパラメータを決めましょう。

https://select-type.com/rsv/?id=〇〇〇〇&pm1=google (Google広告に設置するリンク)
https://select-type.com/rsv/?id=〇〇〇〇&pm1=yahoo (Yahoo広告に設置するリンク)
https://select-type.com/rsv/?id=〇〇〇〇&pm1=instagram (インスタ広告に設置するリンク)

このようにSELECTTYPEの予約システムで作成する予約フォームでは、流入元を特定するためのパラメータを指定して
どこからアクセスされた予約かを判別することができます。
例えば、Twitterからのアクセス流入を特定したい場合には「&pm1=twitter」を付けたURLをtwitterのみで告知しますと
パラメータ情報「twitter」が付与された回答情報を抽出することでどのくらいの流入があったか把握できるようになります。
是非ご活用ください。

SELECTTYPE: 無料でWEBサイト/予約フォーム付き予約システム/イベント管理・セミナー管理システム/メールフォーム付きサポートシステム/各種フォーム作成(アンケート,診断テスト)