同じ人からの多重予約を防止する「重複禁止」設定 / 予約フォームの設定


故意である、無しに拘らずお客様が何度も予約フォームから予約をしてしまうと、余分に受付枠が消費されてしまい困りものです。

SELECTTYPEの予約システムで作る予約フォームでは、メールアドレスや電話番号などの項目に「重複禁止」という設定項目があります。
この「重複禁止」を指定した項目には、例えばすでに”承認待ち・確定”ステータスの予約がある場合、お客様が同じメールアドレスや電話番号の情報で予約が出来なくなります。

下の例は、メールアドレスに重複禁止設定をした予約フォームの様子です。
すでに「承認待ち/確定」となっている予約をしたメールアドレスで、お客様がもう一度予約をしようとするとエラーになります。
1.同じメールアドレスでの予約を禁止した予約フォームの様子

指定は、予約フォームの個人情報入力欄に設定します。
このブログエントリーでは同じ人からの多重予約を防止する「重複禁止」設定方法をご案内します。

 

同じ人からの多重予約を防止する「重複禁止」設定 / 予約フォームの設定

ログイン後、ページ上部ヘッダーより「予約フォーム」→「個人情報入力欄設定」をクリックします。
3.予約フォームの個人情報入力欄設定画面へ移動

個人情報入力欄設定エリアが表示されました。「編集」ボタンをクリックします。
4.質問フォーム設定エリアの編集ボタン

メールアドレスの「重複禁止」をチェックします。
※ 電話番号でお客様の予約の重複禁止を設定することも可能です。
2.「重複禁止」を指定する

最後に「保存する」ボタンをクリックして設定を反映します。
9.最後は保存ボタン

このようにSELECTTYPEの予約システムでは、同じメールアドレスや電話番号からの予約を禁止することが出来ます。お客様が誤って何度も予約をしてしまう、あるいは悪戯などの防止に「重複禁止」設定をぜひご活用ください。

 

SELECTTYPE: 無料でWEBサイト/予約フォーム付き予約システム作成/メールフォーム付きサポートシステム/アンケート作成/診断テスト,心理テスト作成