洗車サービスの予約システムセットアップ方法(営業時間タイプ)



SelectTypeの予約システムでは洗車サービスでのご予約受付でのご利用が可能です。
洗車やコーティングなど依頼内容を選択するメニューや訪問先エリアなどを選んでもらうメニューを設置することが出来ます。
またオリジナルの質問フォームの設置ができますので、メニューで設置できなかった内容をオプションとしてヒアリングすることも可能です。

このケーススタディでは、「洗車サービス予約システムのご紹介ページ」にも掲載している
「洗車予約」のテンプレートを使用して予約フォームをセットアップする手順をご紹介します。
このテンプレートは「車の種類を選ぶ」→「依頼内容を選ぶ」のメニューで選んでから空いている予約日時に予約を入れるという構成の予約フォームがセットアップされます。
オプション機能を使用して「訪問先エリアを選ぶ」メニューを追加して予約受付できるようにする方法もこの記事でご紹介します。
SelectTypeの予約システムの導入をスタートするには最初にテンプレートを選んでから作成を開始します。
この洗車予約テンプレートも開始時に選ぶことも可能です。

以下にございます目次からリンクを辿っていただきますと目的の機能の設定ガイドにスキップします。

▼目次

洗車サービスの予約フォームセットアップ方法(営業時間タイプ)

●テンプレートから予約フォームを作成する

SelectTypeの予約システムではテンプレートから予約フォームを作成し、ご自身のサービス内容にあわせて各種設定を変更して予約フォームを完成させます。
洗車サービス用のテンプレートも用意していますので、まずは洗車サービス予約テンプレートから作成してみましょう。

管理者画面の上部メニュー「予約フォーム」から「新しく作成する」をクリックします。

公共施設予約のテンプレートはカテゴリ絞込みから「ビジネス」→「車関係・カーメンテナンス」を選ぶと公共施設のテンプレートが表示されます。

希望のテンプレートを選んでテンプレートプレビューより予約フォームのイメージを確認することができます。

「このテンプレートで作成」をクリックします。

これで予約フォームが作成されました。
プレビューで確認した仮のデータでセットアップされていますので、ご提供サービスの内容に合わせて調整していきましょう。

●予約フォームの基本情報を設定する

「洗車予約」のテンプレートから作成すると予約システムのタイトルは「洗車予約システム」と仮の情報で登録されます。
また「軽自動車」「普通自動車」「大型車」と車の種類別に予約フォームが分かれて作成されています。
カレンダー上部ではどの種類の車の予約カレンダーを表示するか切り替えメニューが設置されてます。
仮で登録されているテキストや予約フォームの構成を希望の内容に変更してましょう。

まずは作成した予約フォームの最上部のタイトルは共通設定画面で変更します。
上部メニュー「予約フォーム」→「共通設定/予約システムタイトル」をクリックします。

画面最上部にタイトル情報が表示されていますので、「編集」をクリックします。

予約システムタイトル設定画面にて任意のタイトルに変更することが出来ます。
空欄で保存すると、非表示にすることも可能です。

続いて予約フォームの個別タイトルを変更します。カレンダー上部の他フォームへのメニューに表示されるラベルにもなります。
予約システムタイトル設定の下部の予約フォーム一覧から変更対象フォームの「設定」ボタンから詳細へ移動します。

予約フォーム個別設定が表示されます。
基本情報設定エリアの「設定」ボタンをクリックします。

一番上の「予約の種類名」の入力欄よりフォームタイトルの設定が可能です。
このタイトルは「フォーム切替メニュー」「予約内容」として確認画面やメールに記載されます。

予約カレンダーの上部に表示される「「予約の種類」の選択」「予約の種類」の部分はデザイン設定(表示項目)にて変更できます。
「項目テキスト変更」「予約の種類」入力欄より変更が可能です。

以上で予約フォームの上部に登録の仮テキストを変更できました。
このテンプレートでは3つの予約フォームがセットアップされますが、1つだけで利用したい、あるいは1つ削除したいという場合には
上部メニュー「予約フォーム」→「各予約フォーム個別設定/予約フォーム一覧」から予約フォームを個別に削除が可能です。

1つだけの予約フォームで使用したい場合、他フォーム切替メニューは不要になると思いますので、外したい場合はデザイン設定に移動します。
上部メニュー「予約フォーム」→「デザイン設定/デザイン設定(表示項目)」からデザイン設定に移動し、他フォームへのリンクを「表示しない」で設定をしますと他フォームリンクはカレンダーから非表示になります。

●予約スケジュールの設定

それでは、予約受付が可能な日程に予約受付スケジュールを設定します。
営業時間タイプでは定期的なスケジュールを設定して、受付できない日程がある場合は個別に受付停止するという流れが基本になります。
設定方法は、以下の3つをまず設定していきます。
(1).何曜日の何時から何時まで予約を受付するかを「受付時間設定」で設定します
(2).(1)で設定した範囲を何分刻みで受付するかを「予約時刻の単位」で設定します
(3).予約可能な時間を「接客時間」で設定します

〇受付時間/休憩時間設定
まずは受付時間の設定をみてみましょう。
受付終了時間は、設定された時間が最終受付時間となりますのでご注意ください。
19時まで設定された場合は、19時が最後の受付時間になります。

ヘッダーメニューの「予約フォーム」⇒「各予約フォーム個別設定」の「受付時間」をクリックします。

予約フォーム詳細設定画面の受付時間設定に画面が移動します。
「設定する」をクリックして設定画面を開きます。

受付時間は曜日毎に設定をします。
設定したい時間にハンドルをドラッグ操作します。
開始時間、終了時間を指定します。

同じ画面の下部には、受付を停止する時間(休憩時間など)を設定できます。
受付時間で指定した時間帯のうち停止したい時間を曜日ごとに設定します。
時間の操作方法は受付時間と同じでハンドルをドラッグ操作してご希望の時間を指定します。

〇予約時刻の単位設定
続いてカレンダーを何分区切りで表示するか設定をします。
ここで設定された時間単位ごとに予約枠が用意されます。

同じ画面の「予約時刻の単位」設定欄へ移動します。「設定する」ボタンをクリックします。

「予約時刻の単位」設定画面が表示されますので、予約時刻の単位を設定します。
設定値は分数です。何分区切りで表示するか指定します。

 

●ご予約内容メニューを設定する

営業時間タイプでは、利用時間が設定された予約内容のメニューの設置が可能です。
このテンプレートでは「手洗い洗車が30分」「コーティングが120分」で仮設定されています。
メニュー内容を適宜変更しましょう。

設定場所は予約フォーム個別設定画面の「接客時間(予約枠の消費時間)/利用時間メニュー 」にて
「利用時間としてお客様に選んでもらう」に切り替えをしますと、利用時間メニューの設定エリアが表示されます。

現在登録されている利用時間メニューのリストが表示されますので、
変更や削除されたい場合にはリストの操作メニューより行えます。

「編集」をクリックするとメニューの設定画面が表示されます。
メニューラベル、メニューの説明、所要時間には仮データがセットされていますので、適宜変更しましょう。

メニューを新しく追加するには、リストの下にある「追加する」ボタンからメニューの追加作成が可能です。

利用時間メニューには、オプションメニューの設置も可能です。
サブオプション毎に対応する利用時間メニューを選ぶこともできますので、特定のメニューを指定時のみ
オプションメニューを表示させることも可能です。

●訪問エリア選択肢を用意する

利用時間メニュー設定ではサブオプション設定を使用してオプションメニューの設置が可能です。
サブオプションはグループ分けをすると、オプションの選択可能数などを制御することもできますので、
例えば、サブオプション設定を活用して訪問エリアをヒアリングして所要時間を調整するという事も可能です。

サブオプションの登録は、サブオプションエリアの「サブオプションの追加」ボタンから登録します。
利用時間メニューと同様にメニューのラベルや説明、所要時間をセットします。
この記事では訪問エリアのオプションを用意します。

サブオプショングループはオプションメニューをグルーピング/カテゴライズして、グループ内で選択必須指定や選択可能数の指定といったグループ独自の制限を調整出来る機能です。
このテンプレートでは訪問先エリアを指定するためにグループを使用しています。
訪問先エリア設定から、必ず一つだけエリアを選択いただくように調整されています。

「新グループを作成」ボタンからグループを作成します。

空のグループが作成されるので、グループ名を登録します。

すでに作成されているオプションをこのグループに紐づけます。

グループ内のサブオプション指定を必須にしたり、選択可能数を制御することも可能です。
訪問先エリアは1つのメニューだけを必ず選んでもらうようにするので、
「選択必須にする」を有効にして。選択可能数を「1」から「1」で指定します。

予約カレンダーに訪問エリアを選ぶメニューが設置されました。

●同時刻の受付上限人数を設定する

予約される時間毎にいくつまで予約を受け入れるか設定を行います。
設定は予約フォーム個別設定の「予約枠の設定」で設定が可能です。

「同時刻の受付上限」で各枠の上限数を一律で設定します。

団体受付を有効にしますと、利用人数のヒアリングが可能になります。

さらに「申込人数分、予約枠を減らす」を有効にして利用人数で選ばれた人数も予約数としてカウントされるようになります。

指定日時のみ受付上限数を変更したい場合や特定の曜日は受付上限数を変更したい場合には、
予約枠の設定エリアの「受付上限調整(臨時)」「受付上限調整(定期)」にて設定可能です。
「指定した日時の範囲で受付枠数を調整する」「受付枠数を定期的なルールで調整する」

 

●お客様情報入力欄の設定する

次にお客様情報を登録してもらう画面の設定を見てみましょう。
ご予約者様の氏名や連絡先など予約受付時に必要な情報をヒアリングするための入力フォーム作成していきます。

設定できる項目は以下の通りです。項目ラベルも変更できます。
名前、かな(名前) 、職業、郵便番号、都道府県、住所1、住所2、電話番号、携帯電話番号、メールアドレス、携帯メール
性別、その他(単語入力欄)、その他(文章入力欄)、メルマガ受信希望、利用規約

<予約者情報入力欄の設定>
予約者様情報入力フォームの入力項目を決めます。
ページ上部「予約フォーム」「予約者情報入力設定」をクリックします。

予約者情報入力欄の設定の「編集」ボタンをクリックします。

予約者情報入力欄設定フォームが表示されます。
名前や住所、連絡先などを指定する項目が表示されていますので、
必要な項目名にチェックをいれ、使わない項目はチェックを外すだけでお客様情報を入力するフォームが出来上がります。

項目名を変えたいときには設定項目名の下にある入力欄に変更したいテキストを入力します。

項目の回答を必ず回答してもらうには「回答必須」にチェックをいれます。

予約時には控えメールが通知できるためメールアドレスは必ず登録してもらいましょう。

●予約に関するオリジナルの質問フォームを設定する

質問設定ではオリジナルのヒアリングフォームを設置します。
このテンプレートでは車のメーカーや車種名を記入してもらうフォームが登録されています。

上部メニューの「予約フォーム」⇒「質問フォーム設定」をクリックします。

質問内容を修正する場合は「この質問を編集する」から変更が可能です。

使用しない質問は削除ボタンより削除可能です。

質問の追加は、登録されている質問の最後に緑背景で表示される質問追加エリアにて追加が可能です。
作成可能な質問のタイプからご希望の質問タイプを選んで作成します。

●特定日時の予約受付をストップする

予約受付をスタートすると、この日時・期間は予約の受付をストップしたいという場合があると思います。
そのような場合には「臨時休業日時設定」を使用します。
臨時休業日時設定で指定した日時の予約を停止する事が出来ます。

設定はヘッダーメニュー「予約フォーム」⇒「各予約フォーム個別設定/臨時休業」をクリックします。

臨時休業日時設定欄に移動します。
「登録する」ボタンをクリックして設定フォームを表示します。

停止する日時を登録します。

「×表示する」を指定するとカレンダーに×マークが表示されます。

期間で設定することも可能です。

臨時休業日時が設定された日時の受付枠は×マーク表示指定があればカレンダー上に×マークが表示され
指定がなければ非表示になります。

●電話で受付けた予約を登録する

お客様から電話でのご予約を受付けた場合には、管理画面から代理で予約登録する方法がございます。
お電話での予約情報が反映されておらず、定員を超えた予約を予約フォームから受付けてしまわないように電話受付の予約も管理画面から登録しておきましょう。

登録は予約管理カレンダーにて行います。
ヘッダーメニュー「予約管理カレンダー」⇒「該当する予約フォーム」をクリックします。

予約管理用のカレンダーが表示されます。
予約を入れたい日付枠の右下にありますアイコンの一番左のアイコンをクリックします。

新規予約登録画面が表示されます。
日時と利用時間メニュー・サブオプションを指定して「予約する」をクリックします。

次に予約者の情報を登録する画面が表示されます。
予約された方の情報を入力し、「保存する」をクリックすると予約が完了します。

ご予約される方が2回目以降で顧客リストに情報が登録されている場合には
その情報をこの画面から読み込みをして自動入力することも可能です。

「顧客リストから予約者情報を読み込む」をクリックしすると

顧客情報を検索する画面が表示されます。

名前、電話番号、メールアドレスの情報で検索をして
ヒットした顧客情報から「すべて挿入」をクリックすると、顧客リストに登録された情報が各入力欄に記入された状態になります。

最後に「保存する」をクリックすると予約の代行登録が完了します。

登録が完了すると、登録した予約情報の詳細画面が表示されます。
登録された情報に問題がないか確認をして、変更したい場合には各項目の編集ボタンより変更が可能です。

洗車サービスの予約受付フォームの作成方法は以上になります。
最初の設定はお手間かとは思いますが大半が最初限りの作業でございます。
作成された予約フォームから実際のお客様と同じように予約を入れてみたり、受付けた予約情報をどこで確認するかなど
一通りお試しいただき実運用に使用できるか必ずご体験ください。

●予約システムのお薦め機能

SelectTypeの予約システムでは他にも便利な機能がたくさんございます。
予約システムのお薦め機能をご紹介します。
機能ごとのヘルプ記事は以下にまとめておりますので、気になる機能がございましたらお試しください。

【お客様からWeb経由でキャンセルを受け付けする】
https://select-type.com/blog/yoyaku-system/how-to-accept-cancellation-and-flow-from-customers/

【予約情報を複数スタッフで分担管理する】
https://select-type.com/blog/yoyaku-system/cs-reserve-app-auth/

【ご予約をされたお客様が、あとからメールアドレスで自分の予約を確認する】
https://select-type.com/blog/yoyakuform-tukurikata/reservation-inquiry-form-setting/

【メンバーシステムと連動させて、メンバー限定の予約システムとする】
https://select-type.com/blog/yoyakuform-tukurikata/for-only-member-yoyaku-system/

【メンバーの種類によって月の予約可能回数や予約可能な時間帯・曜日を制御する】
https://select-type.com/blog/yoyakuform-tukurikata/reservation-control-setting-memberplan-reservation-system/

【予約まで至らないお客様からの「お問合せ」を受け付けるメールフォームを設置する】
https://select-type.com/blog/yoyakuform-tukurikata/contact-link-on-the-reserve-form/

【オンライン決済(クレカ決済や銀行振込・コンビニ決済)を導入する】
https://select-type.com/blog/case-study/payment-function-casestudy-reserveform/

銀行振込について
https://select-type.com/blog/payment/bank-guide/

コンビニ決済について
https://select-type.com/blog/payment/konbini_payment_applyforstripe/

【お手持ちのホームページやブログに「予約する」ボタンを設置して予約システムに連動させる】
https://select-type.com/blog/yoyakuform-tukurikata/yoyaku-button/

【予約カレンダーをお手持ちのホームページやブログに埋め込む】
https://select-type.com/blog/help/embed-yoyaku-form/

【GoogleAnalyticsの計測用タグを埋め込んで、GoogleAnalyticsによるアクセス解析をする】
https://select-type.com/blog/yoyaku-system/setting-google-analytics4-selecttype/
https://select-type.com/blog/yoyaku-system/set-conversion-for-googleanalytics4-reserveform/

【受付けた予約情報を「統計画面」でグラフィカルに分析する】
https://select-type.com/blog/yoyakuform-tukurikata/howto-use-reserve-stat/

SelectType: 無料でWEBサイト/予約フォーム付き予約システム/イベント管理・セミナー管理システム/メールフォーム付きサポートシステム/各種フォーム作成(アンケート,診断テスト)