N君 慶應(総合政策)、早稲田(人間)、明治(国際・情報)、立教(コミュ)、法政(社会・文)他

僕は現役の頃かなり勉強したつもりでしたが、自分が妥協できるレベルの大学には受からなかったため浪人を決めました。まず、浪人するからには高い目標を定める必要があると考え、現役の頃には考えもしていなかった早慶合格を目標に設定しました。この目標を達成できる予備校を探している時にDoITを見つけました。

そして数ある予備校の中から最終的にDoITに決めた理由は「早慶しかあり得ない」を掲げていたこと、嫌でも勉強しないといけない環境が作られていること、独自の授業スタイルである速読即答に興味を持ったからです。この速読即答があったから自分の英語力を早慶の水準まで持っていくことができたと思います。それだけでなく、自分の短所であったメンタルの弱さも鍛えられたと思います。速読即答だけでなく、他の授業も分かりやすく入試問題を解く上でのしっかりとした土台を作ることが出来ました。さらに、自分の成績が周りと比べられるようになっていたり、クラス分けされていたため、この人には負けたくないなどの身近な目標を持つことができモチベーションを保つことができました。

また、他の大手予備校と違って先生方がしっかりと生徒を見てくれているところもDoITの良さだと思います。自分が周りの人との意識の差に悩んでいた時も忙しいのに長い時間面談をしていただきました。この約1年間はかなり自分にとって厳しいものでしたが、DoITだったから乗り越えることができ、さらに早慶合格を達成できたと思います。



Nさん 早稲田(商・人間・教育)、慶應(文)、明治(政経・文)、中央(法・総合政策・経済他)、法政(人間環境)他

高校時代部活に打ち込み、勉強など一切しなかった私は、早稲田はもちろんのこと、GMARCHも合格することができず浪人をすることになりました。予備校選びにはかなり時間をかけ、その頃から佐藤先生には何度も相談に乗って頂きました。

最終的には先生の人柄や強制自習、少人数指導、講師常駐など他の予備校にはないDoIT独自のシステムに惹かれてこの塾で1年間頑張ることに決めました。その決断が正しかったからこそ満足のいく結果が出たのだと思います。予備校生活では心が折れそうになることも多くありましたが、私の事を理解して下さっている先生方やスタッフさんやチューターさんがいつでも話を聞いて下さったおかげで乗り越えることができました。

また、速読即答では、本番の試験以上の緊張感がある中で様々な角度から色々な事を問われ、柔軟に丁寧に物事を考えられるようになり、さらに、精神面も鍛えられ、模試の偏差値では英語は80.1・国語は76.8まで伸び、どんどん勉強が楽しくなりました。

速読即答や休憩時間を通して、友達の解答根拠や勉強方法を聞くことができたことも、自分を高めるきっかけになりました。また、文章を書くことに苦手意識があったので、時事問題を扱った書籍を読んで感じたことをまとめ、先生に添削をして頂いていました。個別に単語のテストもして頂きました。合格のために自分がしたいことにとことん付き合って下さり応援して下さるところもこの塾にしかない強みなのではないかと思います。DoITに入るまでは受験とは1人で戦うものなのだと思っていましたが、この1年間を通して、受験とは家族や友達、そして塾にいつもいてくださる皆さんなど、多くの人からの支えがあるからこそ乗り越えられるものなのだと学びました。

先生方は、勉強のことだけでなく、人としてどうすべきか、社会はどのように動いているのか、その中で自分にできることは何かなど様々なことを考えるきっかけを与えてくださいました。この1年間、初めて自分としっかり向き合い、早慶合格という1つの目標のために頑張り続けることができました。少しでもDoITへの入塾を迷っている人がいるなら絶対に先生方に思っていることをぶつけて入塾を決めて欲しいなと思います。この1年間で自分の人生が大きく変わったと思います。DoITで浪人できてよかったです。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

S君 早稲田(社会・教育)、立教(文・経済)、法政(経営)

私は、現役の時にGMARCHにすら合格することが出来ず、大手予備校で浪人しました。しかし、結局合格することが出来ませんでした。その時DoITを見つけ、佐藤先生の評判は実際の教え子である友人から聞いていたので入塾をきめました。

自分がDoITに入塾し、良かったと思うことは3つあります。1つ目は全員が早慶を目指していることです。全員がライバルであり、日々切磋琢磨することができました。2つ目は速読即答です。速読即答においては、自分とライバルの差を痛感し、さらに先生から自分の弱点を教えていただき、それらを勉強に活かすことが出来ました。これが1番の合格の要因となったと思います。3つ目は少人数指導であることです。少人数指導なので大手予備校とは違い、気軽に相談に行くことが出来ました。社学の前日に先生に相談したことがそのままテストに出たのは忘れられません。

本当に先生方、事務の方々、チューターの方々のおかげで合格することが出来ました。DoITを選んで本当に良かったです。

Kさん 慶應(経済・文)、明治(国際日本)

私がDoITに入ったのは、現役の時に通っていた増田塾でチューターをしていらっしゃった方々が、DoITの担当講師である佐藤先生と渡邊先生に指導をうけており、その先生方の優秀さ、また先生方が担当された生徒の合格実績の良さを聞いたからです。

私は慶應大学で取り組みたいことがあり、慶應大学を志していたため、そのような先生方の元、ご指導を受けることができれば、合格へ近づくと思い、入塾させていただきました。

実際、多くの早慶合格者を輩出なさった先生方であるだけに、先生方が担当する速読即答などの授業はハードなものでした。しかし、そこでは先生からの指摘を通して、自分自身と向き合い、自分がどのようにものを考えるかを知ることができ、またどのように自分の問題点を改善すべきかを考える場にもなりました。そのため、自分自身の物の見方や考え方が変わり、視野が広くなったと思います。

それと同時に速読即答での緊張感や、DoITで行われる多くの実力試験を通して、試験本番での緊張に打ち勝つメンタリティを養うことができました。

私は中高一貫校に通っていた上に部活に多くの時間を割いてため、中高時代は勉強をする習慣が全くなく、現役の時も慶應大学に合格をすることができませんでした。そのため、DoITの管理されたシステムや強制自習システムを通して自分の勉強方法の改善を図ることができたり、勉強の習慣をつけることができました。

加えて、私は少人数制という特色のあるDoITでは、同じカリキュラムをこなす友人と切磋琢磨できる環境があり、それも普通の予備校にはない良い部分だと思います。チェックテストや実力テストでランキングが張り出されるため、自分の成績と向き合い、自信にしたり、また友人の頑張りを見て、自分を奮い立たせることができました。

DoITには早慶合格を可能にする道のりが十分に用意されています。

最後まで折れない気持ち、粘り続ける気持ちを持ち続け、1年間の全てを勉強に捧げて、DoITでのカリキュラムを信じてこなして行けば、合格への切符を勝ち取ることができると思います。

最後に、先生方、スタッフの方々、チューターの方々、最後までサポートをしてくださり本当にありがとうございました。私が一年前に想像していた辛くて苦しい浪人生活よりも、より有意義な浪人生活を過ごすことができ、志望大学であった慶應大学に合格できたのは、本当に皆様のおかげだと思っています。本当に感謝でいっぱいです。