みなさま、お悩みを抱えたままでいらっしゃいませんか?
うつ病、双極性障害、適応障害、不安障害、パニック障害、人間関係、ストレス、子育て、引きこもり、不登校、アダルトチルドレン、不安、その他のこころの相談やお悩み相談など心理学や心理療法を用いて、親身にカウンセリングいたします。 
札幌の身近なお悩み相談所
カウンセリングルーム こころの相談所

完全予約制
Webかお電話にて、事前に
カウンセリングの予約をしてください

011-839-7007
https://www.cocoronosoudanjo.com
ブログ:https://aqrio3hf280k.blog.fc2.com
https://ameblo.jp/happymaha2
https://www.cocoronosoudanjo.com/blog
休業日 木・日曜日
電話受付時間 8:30~19:00
営業時間 8:30~21:00
北海道札幌市西区西町南3丁目3-5
西野ハウス413号室

低価格なカウンセリング料金と豊富なカウンセリングサービス
  • 多種多様な6つのカウンセリングサービスで相談者様の要望や状態に合わせた柔軟なカウンセリングができます
  • カウンセリングに使用する資料が豊富にあり、相談者様に優しく、効率的なカウンセリングがおこなえ、カウンセリング資料はいくら使用しても無料です
  • カウンセリング料金 1万円程度が一般的なカウンセリング業界で、当カウンセリングルームは5千円前後の安いカウンセリング料金でカウンセリングが受けられます
  • 毎週、抽選でカウンセリング料金が10%OFFになるクーポンとカウンセリング料金が無料になるクーポンを発行しているので、大変お得に安くカウンセリングが受けられます。

皆様、お悩みを抱えたままでいらっしゃいませんか?

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所 心理カウンセラー 早川昌亨

こんにちは(*^^*)
『カウンセリングルーム こころの相談所』心理カウンセラー早川昌亨といいます。
『カウンセリングルーム こころの相談所』
では、
カウンセリングを もっと身近に!! もっと気軽に!! 
そのようにお悩みや心の問題を抱えた方々が気軽にお悩み相談、心の相談ができ、気兼ねなくカウンセリングを受けられる世の中に近づいていけるように活動しています。
今の世の中は、『ストレス社会』であり、ストレスを抱えている方、お悩みを抱えていてどうしたらいいか分からなくなって悩まれている方、心の病にかかり以前のように元気に希望をもって行動できなくなっている方々など、様々な『心の問題』に苦しめられている方々など、悩み相談、心の相談ができずにいる方々が多くいらっしゃいます。
また、カウンセリングを利用してみたいけれど、周りの目が気になったり、中には、残念ながら、そのような方々を心の弱い人、甘えている人という見方をしている方などもいらっしゃり、気軽に周囲の人に悩み相談、心の相談をしたり、気軽にカウンセリング悩み相談、心の相談ができないという声もよく聞かれます。
日本でも、カウンセリングが、『ストレス社会』のこの世の中で、欧米のように認知され、当たり前のように心理カウンセラーによるカウンセリングを利用し、気軽に悩み相談や心の相談ができるようになってもらえればと思っております。
​ストレスや悩み事、心の問題などで悩み相談や心の相談ができず、『心のエネルギー』を奪われてしまった人達が、心理カウンセラーによるカウンセリングで再び『心のエネルギー』を取り戻し、元気に仕事やプライベートなどで活躍され、『幸せ』を感じられるようになっていただけたら幸いです。
心理カウンセラー資格

  • 産業能率大学 実践心理学コース 卒業
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 メンタル心理カウンセラー資格
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 上級心理カウンセラー資格
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 チャイルドカウンセラー資格
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 家族療法カウンセラー資格
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 チャイルドコーチングアドバイザー資格
  • 米国NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー

現在、『カウンセリングルーム こころの相談所』では、お得にカウンセリングを受けられる、いろいろなキャンペーンをおこなっております。
キャンペーンをご利用することで、お得でお安く『カウンセリング』でお悩み相談、心の相談ができます。
是非、皆様、お得なキャンペーンをご利用し、お得に『カウンセリング』を受け、悩み相談、心の相談をしていただければと思います。
『カウンセリングルーム こころの相談所』のキャンペーン情報については、以下をご覧ください。

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所 LINE公式アカウント

『カウンセリングルーム こころの相談所』の『LINE公式アカウント』の『友だち追加』をまだしていない方は、当カウンセリングルームの心理カウンセリングをご利用する前に『LINE友だち追加』ボタンをクリックし、お得に心理カウンセリングを受けられる『LINEクーポン』、『ショップカード』をゲットしましょう!!
毎週、お得でお安くお悩み相談、心理カウンセリングができる『LINEクーポン』をもらえるチャンスがあります。
​無料で心理カウンセリングが受けられる可能性もあります。
『LINEクーポン』の対象の心理カウンセリングは、対面カウンセリング、オンラインカウンセリング、テレビ電話カウンセリングです。
『ショップカード』は、対面カウンセリングで使用することができ、心理カウンセリングに来られる度にポイントがたまり、3ポイントたまったら、次回の心理カウンセリングはカウンセリング料金が割引されます。

https://lin.ee/et3A0cJ

札幌 カウンセリングルーム こころの相談所 心理カウンセリング

『カウンセリングルーム こころの相談所』のカウンセリングは、時間制となっています(『メールカウンセリング』以外)。
カウンセリング開始時間は7つあり、9:0010:3013:0014:3016:0017:3020:00の設定になっております。
『カウンセリングルーム こころの相談所』では、様々な相談者様のお悩み相談、心の相談、ご要望などに
対応できるように以下の6つの多種多様なカウンセリングサービスを取り揃え、臨機応変にカウンセリングをおこなえます。

  • 対面カウンセリング
  • オンラインカウンセリング
  • テレビ電話カウンセリング
  • 電話カウンセリング
  • 訪問カウンセリング
  • メールカウンセリング

『カウンセリングルーム こころの相談所』は、カウンセリングのネット予約24時間365日、受け付けております。
以下の各心理カウンセリングサービスの『お申込みページへ』ボタンをクリックするとカウンセリングのネット予約ができます。

 

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 対面カウンセリング

ご予約をいただいて、対面にてカウンセリングをおこないます。
心理カウンセラーは、相談者様の言葉だけを聞くのではなく、声のトーン、表情、ボディランゲージを観察しながら、相談者様のペースでカウンセリングをさせていただきます。
カウンセリングは1回で終わることが少ないので、相談者様の心に寄り添い、安心し、信用していただくことがカウンセリングでは一番大事だと思っております。
カウンセリングの場と空間が相談者様にとって『安心できる安全基地』にすることを心掛け、カウンセリングをいたします。
どのようなお悩み相談でも、どのようなカウンセリング技法やカウンセリング資料を使っても、一定料金でカウンセリングが受けられるので、安心してカウンセリングをご利用できると思います。
また、お悩みを抱えていらっしゃる相談者様には、いろいろなタイプの方がいらっしゃいます。
例えば、カウンセリングを受けるのが初めてで、個室でのカウンセリングに抵抗がある相談者様には、他の人達がいるカフェでカウンセリングいたしますし、お悩みの話を誰にも聞かれたくない相談者様には、カウンセリングルームでカウンセリングをいたします。
以下の2つからカウンセリングのご面会場所を選べるので、個室でもカフェでもお悩み相談ができます。
●カウンセリングルーム
●スターバックス札幌西町店
※17:30のみ、カウンセリングルームは選択できません
基本料金 50分 5,000円
延長料金+10分 500円(基本20分まで)
★相談者様の心に寄り添い、相談者様の個性を尊重して、カウンセリングいたします。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 オンラインカウンセリング

パソコンやスマートホン、タブレットなどで『Zoom』アプリを使用したオンラインカウンセリングです。
ご予約をいただいて、ご自宅にいながら、カウンセリングをおこなうことができます。
実際にお会いする対面カウンセリングに少し抵抗がある方、新型コロナを気にされている方、何らかの事情でおうちから出られない方、遠隔地にお住みの方などにお薦めの心理カウンセリングサービスです。
心理カウンセラーは、相談者様との言葉による会話だけでなく、相談者様の表情やしぐさなどを確認することができ、現在の心情などを読み取ることができるので、電話カウンセリングよりも、より質の高いカウンセリングをご提供できると思います。
カウンセリングの予約日時の5分前から時間丁度の間にお申込みの際にご入力いただメールアドレスに招待状を送らせていただいて、オンラインカウンセリングをさせていただきます。
カウンセリング中、通信状態が悪くなった時などトラブルがあった時のために、事前に『LINE公式アカウント』を『友だち追加』しておいてください。
オンラインカウンセリングにうまく参加できない、または、通信状態が不安定な場合などのトラブルが発生した時は、当カウンセリングルームから『通話リクエスト』という『LINE』を送らせていただきます。
その中に、『電話をかける』というボタンがあるのでタップし、次に『通話を開始』というボタンをタップしてください。
『音声通話』のままでいい場合は、そのままにし、『ビデオ通話』を使う場合は、『ビデオ通話を開始』ボタンをタップしてください。
LINE同士なので、通話料は無料です。
LINE通話はカウンセリングのみでの使用となります。
カウンセリングに必要な連絡のやりとり等は基本的にメールにておこないます。
カウンセリングは1回で終わることが少ないので、相談者様の心に寄り添い、安心し、信用していただくことが一番大事だと思っております。
カウンセリングが相談者様にとって『安心できる安全基地』にすることを心掛けています。
どのようなお悩み相談でも、どのようなカウンセリング技法を使っても、一定料金でカウンセリングが受けられるので、安心してご利用していただくことができると思われます。
また、相談者様に必要と思われるカウンセリング資料も状況に応じて、メールの添付資料でお送りしますので、非常に充実した内容のカウンセリングをおこなえます。
※ご利用には『LINE公式アカウント』を『友だち追加』することが必要となります
基本料金 50分 5,000円
延長はできません。
前払い制のため、2日以上の余裕をみて、予約してください。
★札幌市近郊でも札幌市外の遠隔地でも、ご自宅にいながら、お悩み相談ができますので、相談者様の表情を確認しながら、質の高いカウンセリングがおこなえます
★対面カウンセリングに少し抵抗がある方、新型コロナを気にされている方、遠隔地にお住みの方などでもお悩み相談ができるカウンセリングサービスです

『LINE公式アカウント』の詳細については、『LINE公式アカウント』ボタンをクリックすると確認できます。
現在、発行中の『LINEクーポン』は、『アメブロ』で確認できます。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 テレビ電話カウンセリング

スマートホンやタブレットを持たれている皆様方が、ほぼ利用されているLINEアプリのビデオ通話を使用したオンラインカウンセリングです。
皆様が使い慣れているLINEを使用したカウンセリングなので、多くの皆様方にお気軽で簡単にご利用していただくことができるかと思います。
ご予約をいただいて、ご自宅にいながら、カウンセリングをおこなうことができます。
実際にお会いする対面カウンセリングに少し抵抗がある方、新型コロナを気にされている方、何らかの事情でおうちから出られない方、遠隔地にお住みの方などにお薦めの心理カウンセリングサービスです。
心理カウンセラーは、相談者様との言葉による会話だけでなく、相談者様の表情やしぐさなどを確認することができ、現在の心情などを読み取ることができるので、電話カウンセリングよりも、より質の高いカウンセリングをご提供できると思います。
『テレビ電話カウンセリング』をおこなう前に『LINE公式アカウント』を『友だち追加』しておいてください。 
予約日時、丁度から5分前位の間で、『LINE公式アカウント』から『通話リクエスト』という『LINE』を送らせていただきます。
その中に、『電話をかける』というボタンがあるのでタップし、次に『通話を開始』というボタンをタップしてください。
『音声通話』のままでいい場合は、そのままにし、『ビデオ通話』を使う場合は、『ビデオ通話を開始』ボタンをタップしてください。
LINE同士なので、通話料は無料です。
LINE通話はカウンセリングのみでの使用となります。
カウンセリングに必要な連絡のやりとり等は基本的にメールにておこないます。
もし、顔を見られることに抵抗を感じている方がいらっしゃいましたら、音声通話に変えることができますので、ご安心ください。
LINEの無料通話を使用しますので、通話料がかからない分、電話カウンセリングよりもお得にご利用することができます。
カウンセリングは1回で終わることが少ないので、相談者様の心に寄り添い、安心し、信用していただくことがカウンセリングで一番大事なことだと思っております。
カウンセリングが相談者様にとって『安心できる安全基地』にすることを心掛けています。
どのようなお悩み相談でも、どのようなカウンセリング技法を使っても、一定料金でカウンセリングが受けられるので、安心してカウンセリングをご利用していただくことができるか思われます。
また、相談者様に必要と思われるカウンセリング資料も状況に応じて、メールの添付資料でお送りしますので、非常に充実した内容のカウンセリングをおこなえます。
※ご利用には『LINE公式アカウント』を『友だち追加』することが必要となります
  
基本料金 50分 5,000円
延長はできません。

前払い制のため、2日以上の余裕をみて、予約してください。
★札幌市近郊でも札幌市外の遠隔地でも、パソコンを持っていない方でも、スマートホンのLINEのビデオ通話でオンラインでお悩み相談ができます。
相談者様の表情の確認できるので、質の高いカウンセリングがおこなえます。
映像がない無料通話でのカウンセリングでもOKです。
★対面カウンセリングに少し抵抗がある方、新型コロナを気にされている方、遠隔地にお住みの方などでもお悩み相談ができるカウンセリングサービスです。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 電話カウンセリング

ご予約をいただいて、ご自宅にいながら、電話にて、カウンセリングをおこなうことができます。
実際にお会いする対面カウンセリングに少し抵抗がある方、新型コロナを気にされている方、何らかの事情でおうちから出られない方、遠隔地にお住みの方などにお薦めの心理カウンセリングサービスです。
心理カウンセラーは、相談者様の言葉だけを聞くのではなく、声のトーンなどをお聴きしながら、相談者様のペースでカウンセリングをさせていただきます。
カウンセリングは1回で終わることが少ないので、相談者様の心に寄り添い、安心し、信用していただくことがカウンセリングで一番大事なことだと思っております。
カウンセリングが相談者様にとって『安心できる安全基地』にすることを心掛けています。
どのようなお悩み相談でも、どのようなカウンセリング技法を使っても、一定料金でカウンセリングが受けられるので、安心してカウンセリングをご利用できるかと思います。
また、相談者様に必要と思われるカウンセリング資料も状況に応じて、メールの添付資料でお送りしますので、非常に充実した内容のカウンセリングをおこなえます。 
  
基本料金 60分 6,000円
延長はできません。
 
前払い制のため、2日以上の余裕をみて、予約してください。
★札幌市近郊でも札幌市外の遠隔地でも、ご自宅にいながらお悩みや心の問題など電話相談できます。
★対面カウンセリングに少し抵抗がある方、新型コロナを気にされている方、遠隔地にお住みの方などでもお悩み相談ができるカウンセリングサービスです。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 訪問カウンセリング

引きこもりや不登校など、または、相談者様が外出などできない状態で対面カウンセリングをご希望している方などへのサービスです。
移動時間などがあるため、当カウンセリングでのスケジュール調整やまずご家族の方などとの対面カウンセリングが必要となることがありますので、カウンセリングお申込み後、ご家族の方などとの対面カウンセリング時や基本メールでのやりとりにて、カウンセリングのプロセスや訪問カウンセリングの日時を設定いたします。
相談者様の心に寄り添い、安心し、信用していただくことがカウンセリングで一番大事ですので、相談者様との信頼関係(ラポール)を最も大事にし、カウンセリングいたします。
カウンセリングの場と空間が相談者様にとって『安心できる安全基地』にすることを心掛けて、カウンセリングいたします。
相談者様の状況確認や当カウンセリングルームの日程調整などありますので、まずは、お問い合わせください。
カウンセリング料金は、以下を参考にしてください。

基本料金+延長料金+移動費+駐車料金+諸費用 
●基本料金 50分 5,000円 ●延長料金 10分 500円
●移動費 片道10分単位 500円(例:片道5分の場合、往復で1,000円)
●駐車料金 コインパーキングなどを利用した場合
●諸費用 その他必要な費用(例:カラオケに行った場合など、その費用)

★引きこもりや不登校でお悩みの方、または、家から出られない状態の方でも訪問しカウンセリングさせていただきます。

ご自宅にいながら、時間に左右されず、お気軽にメールでカウンセリングを受けることができます。
実際にお会いする対面カウンセリングに少し抵抗がある方、新型コロナを気にされている方、何らかの事情でおうちから出られない方、遠隔地にお住みの方などにお薦めの心理カウンセリングサービスです。
心理カウンセラーは、文章だけでは分からない心の苦痛などを読み取り、共感できるよう想像力を最大限に発揮し、相談者様のお悩みに真摯に対応いたします。
また、相談者様に必要と思われるカウンセリング資料も状況に応じて、メールの添付資料としてお送りしますので、非常に充実した内容のカウンセリングをおこなえます。
その分は、文字数にカウントせず、無料でご提供させていただきます。
3往復分のメールのやりとりで、カウンセリングいたします。
ただし、必要な連絡のやりとりはカウントいたしませんので、ご安心ください。
  
料金は、3往復分 5,000円
1通 1,000文字以内となっています。
 
前払い制のため、ご入金が確認できましたら、カウンセリングを開始いたします。
内容を確認し、十分検討してから返信しますので、3~5日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。


★札幌市近郊でも札幌市外の遠隔地でも、相談者様は時間にとらわれず、ご自分のペースでカウンセリングを受けることができますので、気楽にお悩み相談できると思います。
また、心理療法に必要な資料もワード、エクセルの電子データにしてあるので、メールで送ることができ、レベルの高いカウンセリングをおこなうことができます。
★対面カウンセリングに少し抵抗がある方、新型コロナを気にされている方、遠隔地にお住みの方などでもお悩み相談ができるカウンセリングサービスです。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 お問い合わせ

最初に、皆様、『カウンセリングルーム こころの相談所』についてやカウンセリングについてのことなど、いろいろとご質問したいがあるかと思われます。
まずは、ご遠慮せずに、お気軽に、お電話でも、Webでも、お好きな方法で、お問い合わせをしてみてください。
Webからのお問い合わせ24時間365日、受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
ただ、お返事に半日~1日位、お時間をみていただければと思います。  
『お問い合わせ』ボタンをクリックすると、簡単に、お問い合わせができます。

『対面カウンセリング』は、『カウンセリングルーム』か『スターバックスコーヒー札幌西町店』から選んで、お悩み相談、カウンセリングができます。

〒0630062 北海道札幌市西区西町南3丁目3-5西野ハウス413号室
※『カウンセリングルーム こころの相談所』の看板などは設置していません。早川の表札の所が『カウンセリングルーム』になります
※専用駐車場はありませんが、対面カウンセリングのお申込み時に駐車可能な場所をお伝えします
※17:30開始の『対面カウンセリング』のみ選択できません
★札幌市営地下鉄 東西線 発寒南駅から徒歩約10分
★発寒橋バス亭から徒歩5分
Google Mapsで表示
札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 写真
〒0630062 北海道札幌市西区西町南4丁目1-20
※個室でのカウンセリングが苦手な方、カウンセリングが初めての方など、カウンセリングルームだけではなく、こちらの公共のカフェでも、お悩み相談、カウンセリングがおこなえます
※ 駐車場あります
(札幌市営地下鉄 東西線 発寒南駅から徒歩約8分)
Google Mapsで表示

スターバックス札幌西町店

札幌市 スターバックス札幌西町店 写真

リンク

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 地図
札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 メールカウンセリング
札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングシーン

世の中には、いろいろなお悩みやパニック障害、不安障害、アダルトチルドレンなどの心の問題を抱え、苦しまれている方は多いかと思います。
周囲の人に悩み相談や心の相談をしたいけど抵抗がある、心理的問題で苦しんでいるが、心療内科、精神科で薬物療法を受けても、いっこうに良くならない、そのように長い間、苦しまれ、悩まれていらっしゃる方も多いかと思います。
実は、ぼく自身がうつ病にかかり、13年以上も苦しんできました。
毎朝の吐き気や突然来る耐えきれない腹痛、急に胸が激痛に襲われ救急車に運ばれたこともあります。
心療内科にも通いましたが、治ることはありませんでした。
それで、僕は、藁にもすがる思いで心理学を必死に学ぶようになりました。
仕事をしながら、通信制の実践心理学コースで大学も卒業しました。
常に心のことを考える毎日で、心理学のインプット、アウトプットを自分自身に実践してきました。
そして、今では、毎朝の吐き気や突然来る耐えきれない腹痛などはなくなりました。
つまり、ぼく自身がクライエントであり、カウンセラーなのです。
なので、人の心や心理的な体の不調が、どのようなアプローチをして、どのような段階を経て解放に向かていくのか自分自身が体験しているのです。
まだまだ、日本では、カウンセリングは認知度は低いと思いますが、お悩みや心の問題をお持ちであれば、是非、心理カウンセラーによるカウンセリングをあなたの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?
選択肢は少ないよりも多いほうが良いと思いますよ(*^^*)

札幌でカウンセリングを受けるなら『カウンセリングルーム こころの相談所』へ

『カウンセリングルーム こころの相談所』の特徴

札幌『カウンセリングルーム こころの相談所』店舗情報

カウンセリングをもっと身近に!!もっと気軽に!!

キャンペーン~カウンセリング料金がお得に!!

心理カウンセリングサービス~相談者様に合わせた柔軟なカウンセリング

  • 対面カウンセリング

  • オンラインカウンセリング

  • テレビ電話カウンセリング

  • 電話カウンセリング

  • 訪問カウンセリング

  • メールカウンセリング

お問い合わせ

アクセス

『カウンセリングルーム こころの相談所』のカウンセリング料金のお支払いは、クレジットカード、LINEPayがご使用できます。

カウンセリングに来所される方は、『カウンセリングルーム こころの相談所』が少し分かりにくい所にございますので、事前にアクセスをご覧になり、カウンセリングルームの場所をご確認してもらえればと思います。

カウンセリングルームの営業日の変更などもありえますので、カウンセリングされる前に、『お知らせ』ボタンをクリックして、カウンセリングルームの営業日をご確認ください。

  • うつ病カウンセラー
  • チャイルドカウンセラー
  • 心理学的子育てアドバイザー
札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングシーン

うつ病、人間関係のお悩み、子育てのお悩み、そして、アダルトチルドレン、将来への不安、不安障害、パニック霜害、その他心理的な問題などを抱えられている皆様方は、心の傷が大きくなられるその前に、できる限り少しでも早くお悩み相談や心の相談をしていただきたいと思っております。
心の傷は深くなればなっていくほど、治療していくことがどんどん大変になっていき、さらに時間がかかるようになっていきます。
ぼくは、そのことを自分自身の体験としてよく知っています。
どのようなお悩み相談や心の相談でも親身にカウンセリングさせていただきます。
皆様、どうかお気軽にどんなことでも、ご遠慮なくお悩み相談や心の相談をしてください。

皆様は、もうすでに心が苦しい状態になっていても、頑張って耐えて思考や行動を続け、さらに心が傷ついていってしまう、あるいは、心が重たくなっていき、以前よりも活発に行動できなくなってしまった・・・
思い返してみると、そのようなことが確かにあったかもしれない・・・
皆様、そのように思われたご経験があるのかもしれません。
 
今思い返してみると、もしかしたら、ここまでは、何とか乗り越えられてきたという皆様方もいらっしゃるかもしれません。
 
皆様、もしかして、今現在もお悩みを抱えたままでいらっしゃいませんか?!

心理的専門家の心理カウンセラーが心理学の知識や知恵、心理療法などを使用し、皆様のお悩み相談や心の相談を受け、心の負担の軽減や、皆様が苦しんでいらっしゃる心の問題の解決に向けて、誠心誠意、親身にカウンセリングさせていただきますので、皆様方が心の問題の解決に向けて一歩踏み出すためのきっかけともなりますし、また、心理的専門家の心理カウンセラーによるカウンセリングを受けられることで、安心した感覚を得ながら、自分自身では分からなかった考え方や方法などに、カウンセリングにより気づく体験ができるかと思います。
ご自身の中だけで悩みや問題に対処されることも素晴らしいことだと思います。
ただ、ご自身の頭の中だけで考えられるだけよりも、まだ実際に心理カウンセラーがおこなうカウンセリングを体験したことがないのであれば、実際にカウンセリングというものを体験されてみた方が、より感覚的にカウンセリングの効果というものを実感として感じられることができるのではないかと思われます。
また、その行動により、あなたの中にカウンセリングを利用するという選択肢が増え、また、カウンセリングにより、あなたの中にあるメンタルケアに対する対応の幅が広がるかと思われます。
そのように、まだ体験されていないことは、一度、実際に体験をしてみるということに意味があり、その体験により、皆様方の世界が広くなり、安心できる要素を増やしていくことができるのではないかと、ぼくは思います。
もしかしたら、皆様方の中で、今までの人生を振り返ってみた時に、確かにそうかもしれないと思われた方もいらっしゃるかもしれません。
皆様、どう思われますか?
『カウンセリングルーム こころの相談所』のホームページをご覧になられた皆様方、現在、お悩みを抱えていらっしゃるのであれば、これを機に、心理カウンセラーによるカウンセリングを利用し、お悩み相談や心の相談をするという体験を皆様自身が実際にされてみてはいかがでしょうか?
もしかしたら、カウンセリングを受けられるそのタイミングは今なのかもしれません。 

「カウンセリングルーム こころの相談所」は、皆様が抱えている心理的なお悩み相談などについて、相談者様の心に親身に寄り添うカウンセリングをおこなっています。

カウンセリングルーム こころの相談所は、
カウンセリングを もっと身近に!! もっと気軽に!!
そのような、カウンセリングルームを目指しています。

当カウンセリングルームでは、以下の心理カウンセリングサービスをご提供させていただいております。
 

  • 対面カウンセリング
  • オンラインカウンセリング(Zoom)
  • テレビ電話カウンセリング(LINE)
  • 電話カウンセリング
  • 訪問カウンセリング
  • メールカウンセリング

 
※ 対面カウンセリング、オンラインカウンセリング、テレビ電話カウンセリング、電話カウンセリングは完全予約制時間制のカウンセリングになっています。
 
以上の『カウンセリングルーム こころの相談所』が提供しているカウンセリングサービスをご覧になられた皆様方の中には、非常に多くのカウンセリングサービスを設けているなと思われたかもしれません。
 
その理由についてご説明させていただきますと、相談者様達は、様々な状態の方がいらっしゃり、いろいろな状況や環境の中にいらっしゃり、それぞれのお悩み、異なった考えや思いをお持ちになられています。
 
また、実際の所、時間の経過により、相談者様達の状態、相談者様達が置かれている状況や環境、相談者様達の悩み、考えや思いが途中で変化することも十分考えられます。
 
そのため、カウンセリングを もっと身近に!! もっと気軽に!!をモットーとしている『カウンセリングルーム こころの相談所』では、より多くの相談者様達が安心してカウンセリングを継続できるよう、他のカウンセリングルームよりも、多くのカウンセリングサービスを設けさせていただいております。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 心理カウンセラー 早川昌亨
札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングシーン

『カウンセリングルーム こころの相談所』では、相談者様の心に親身になって、しっかりと寄り添い、カウンセリングの場が相談者様にとって安心してお悩み相談できる空間と時間になることを最も大切にしています。
 
十分に安心できる時間と空間をご用意することで、相談者様達は、重たくなってしまった心を軽くしていけるようにカウンセリングを進めていくことができるようになります。
 
今の時代は、『心の時代』と言われています。
 
ストレスを抱えている方、心の病に苦しまれている方で溢れている今の時代は、薬物療法だけでは不十分であり、心に直接アプローチをおこなう『心理ケア』を施す『カウンセリング』必要不可欠である考えています。
 
是非、皆様方には、実際に『カウンセリング』を体験され、その『カウンセリングの効果』を是非とも実感として感じていただければと思っています。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングの必要性

ぼく自身が、うつ病経験者で、13年以上もうつ病に悩まされ、苦しめられてきました。
『心の病』はそう簡単に治せるものではないということを、ぼくは身をもって知っています。
毎朝、吐き気や嘔吐が、毎日、必ずあり、そのような状態が13年以上、続きました。
何か月に1回は、立ち上がれない程の腹痛で、病院に何度も行きましたが、原因不明で、医学的対処は何もできませんでした。
胸が押し潰されそうな激痛で、心臓外科に救急車で運ばれたこともありましたが、その時も、ありとあらゆる検査をしましたが、原因不明で、医学的な対処など、結局、何もしてはもらえませんでした。
「死にたい!!」と思ったことは、もう数えきれない程あります。
心のバランスを崩したことにより起こる『心の病』は、心そのものにアプローチしていく以外、根本的な対処の方法はないのです。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングの必要性

ぼくは、自分自身を助ける方法を見つけるために、毎日、心理学の勉強をし、実際に自分自身に活用し続けてきました。
ありとあらゆる方法を、自分自身に、施して続けました。
さらに、仕事をしながら、心理学の通信制の大学を卒業して、その後も、ずっと心理学の勉強と実践、インプットとアウトプットを何度も、何度も、毎日、毎日、繰り返してきました。
そうして、ようやく、この地獄から逃れることができたのです。
今では、その13年以上も続いてきた吐き気や嘔吐、体のだるさや突然現れる耐えきれない腹痛や胸痛などはなくなりました。
つまり、ぼく自身が治療者であり、ぼく自身が患者なのです。
心理カウンセラーとクライエントの両方を体験し、続けてきたのです。
ですから、ぼくは、心の病が治っていく過程や感覚を身をもって体験しているのです。
 
結論を言うと、『医学だけでは、心の病は改善していくことはできない』というのが、実際にぼく自身が体験してきたことを元に導きだした答えです。
心療内科や精神科の薬物療法だけでは、なかなか心の病を治していくのは難しいと感じています。
 
ぼくは、いろいろな心理療法を使うことができます。
心の病で苦しんでいる人達で溢れている現代、『絶対に、心理ケア、カウンセリングは必要不可欠である』と断言することができます。
心の病で苦しんでいる皆様方、お悩みを抱えている皆様方、生きづらさを感じている皆様方、是非、ぼくのカウンセリングを受け、そして、今の苦しい状況からできるだけ早く抜け出しましょう。

  • 気分が晴れない
  • 最近なかなか眠れない
  • 学校・職場に行きたくない
  • 人と上手に話せない
  • 人間関係にうまくいっていない
  • ストレスが溜まっている
  • いつもイライラしている
  • 憂鬱になることが多い
  • 子育てに悩まされている
  • 人生に疲れ切ってしまった

 
そのようなことはありませんか?
 
自分の悩みをいつでも人に話せる環境や性格なら、愚痴を言ったり、悩み相談をして、ストレスを発散することもできるかもしれませんが、
 
『人に迷惑をかけられないから、悩み相談できない』
『人に心配をかけたくないから、悩み相談できない』
『みんな、それぞれ大変なのに、自分の悩みを人に話す気になれないから、悩み相談できない』
『悩み相談したいけど、相談できる相手がいないから、悩み相談できない』
『友人に悩み相談したいと思っても、なかなか、時間が合わないから悩み相談できない』
 
と考え、お一人でお悩みを抱えこんで、頑張ってこられていらっしゃる皆様方は、なかなか、自分の内面にあるお悩みやその辛い思いを人に悩み相談する機会が少ないのではないかと思われます。
 
つらい気分や感情に押しつぶされそうな状態、そして、もっとよく考え、行動したいと思っていても、そうする気力がない状態では、お一人でお悩みを抱えていても、自分自身を客観視することは難しく、自分の思考から抜け出すことが、どんどん困難な状態になっていってしまいます。
 
以上のようなことを解消していくための方法は、自分のつらい思いやお悩みを他者に打ち明け、他者と会話のキャッチボールを進めていくこと、悩み相談することが何よりも最も重要な方法となります。
 
皆様、悩み相談せずに、心のお悩みや重荷をひとりで抱えてこんだままにしていらっしゃいませんか?

『どうしても、家族や友人、同僚だと、心配をかけたくない、迷惑をかけたくない、恥ずかしいから言えないという感情があり、なかなか、悩み相談がしにくい』
 
『知り合い同士だと、多少なりとも、利害関係がありそうで、悩み相談することによって、自分に不利益なことが起こるかもしれない』
 
『悩み相談できる相手はいるけど、仕事の都合などにより、自分が悩み相談したい時に悩み相談できない』
 
ということが、よくあるのではないかと思われます。
 
いつでも、もっと自由に、もっと気軽にお悩み相談できる相手が欲しくはないですか?

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 心理カウンセラー 早川昌亨

その点、心理カウンセラーは、家族や同僚などではありませんので、自由に思う存分、自分の中に溜まった感情や思いを吐き出し、悩み相談や心の相談ができるのです!!
それだけではなく、心理カウンセラーとは利害関係がありませんから、もっと気楽に、さらに、自由に悩み相談することができ、あなたが悩み相談や心の相談をすることを遠慮して、自分の中に溜まった感情や思いを吐き出すことをためらう必要なんてないのです!!
さらに、当然ですが、カウンセリングでは、心理カウンセラーは守秘義務を厳守しますので、皆様がお悩み相談をし、自分のお悩みを解決していくことだけを考えて、自分の環境が悪い方向へ変わってしまうかもしれないなどと不安に思う必要なんて、一切ないのです!!
 
ご自分の中に溜まった、不満や不安、つらい感情や思いをご自分の都合の良いタイミングで、カウンセリングルームで思う存分、どんどん吐き出して、お悩み相談できるため、心がどんどん軽くなっていっているという感覚を、当カウンセリングルームでカウンセリングされる皆様方は、実感として、感じられるのではないかと思います。
是非、『カウンセリングルーム こころの相談所』でカウンセリングを受け、そのような体験をしてみませんか?

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングシーン

心理カウンセラーは、あなたと一緒に、あなた自身が持つ心の力を引き出していく技術がありますので、あなたが気づいていない既に持っている力を引き出していくお手伝いをカウンセリングによりさせていただくことができます。

ぼく自身が、うつ病で長い間、苦しめられてきました。
それで、心理学を必死に勉強し、仕事をしながら通信制の大学に入り、心理学を学び、大学を卒業しました。

ぼくは、うつ病やいろいろなお悩みを抱えている人達のお役に立てる仕事をしたくて、一人でも多くの人の心を救いたくて、心理カウンセラーになりました。

きっと、苦労をあまりせず心が病んだことがない心理カウンセラーより、散々苦労を味わってきた心理カウンセラーの方が、自分の心のつらさをより理解してもらえると、実際、皆様方がこれからカウンセリングを受けられることを想像してみると、当然、後者が良いと思われるのではないかと思います。
 
『決して一人で悩まないでください』
 
まずは、自分の中にあるお悩み、不安や不満、苦しい感情を誰かにお悩み相談し、共感してもらうことがストレス解消に向けての第一歩となりますので、今現在、お悩みを抱えている皆様方は、このホームページをご覧になられた、これを機に、是非とも、あなた自身が今、勇気を持って、第一歩を踏み出すという新しい行動をおこしていただければと思っています。
 
『ぼくが、あなたの味方になります!!』
 
『ぼくと一緒に頑張って乗り越えていきましょう!!』

『カウンセリングルーム こころの相談所』のカウンセリングを受けられる方は、『お申込ページへ』のボタンをクリックしてください。

欧米の方では、カウンセリングは世間に認知され、当たり前のようにカウンセリングを利用されて、メンタルケアは当然のようにおこなわれています。
しかし、現状、日本では、カウンセリングについては、まだまだ充分に認知されておらず、カウンセリングのご利用に未だに抵抗を感じてしまう方も、まだ、いらっしゃると思います。
 
しかし、何事もまずは実際に経験してみないと、いくら思考で考えてみても、実感として分からないこともあるのではないでしょうか?
 
たしかに、カウンセリングをまだ体験されていない方は、未経験のことなので抵抗を感じてしまうお気持ちも分かります。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングシーン

ですが・・・
 
『選択肢は一つでも多い方が良いと思います』
 
選択肢は少ないよりは、一つでも多い方が良いですよね?
 
『どうか、あなたの中で、カウンセリングを利用するという選択肢を加えてみてはいかがでしょうか?』
 
カウンセリングを利用するというその選択肢が、皆様の希望となるかもしれません。
 
皆様のカウンセリングを受けるというその第一歩が、希望へとつながる道を発見するきっかけとなるかもしれません。
 
残念ながら、現在の日本は、世界から見て、カウンセリングメンタルケアに対する認知度や関心度、ご理解などの面において、後進国と言わざるを得ない部分が多分にあると思います。
 
『心の時代』と言われる現代で、日本が少しでも早く、カウンセリングメンタルケアに対する認知度が広まり、日本に住む多くの皆様方が、カウンセリングメンタルケアに今以上に関心を持って、ご理解し、カウンセリングメンタルケアを抵抗なく、有効的に活用していける環境を作り上げていくこと、そのようにカウンセリングメンタルケアを日常的に利用する
日本に変えていくことが今の時代、すでに必要不可欠なこととなっていると考えます。
 
カウンセリングは『心について学ぶ塾』であると、ぼくは考えています。
学んだことは、決して無駄になることはないのではないでしょうか?
 
特に今現在、それほど大きなお悩みを抱えていない皆様方においても、カウンセリングを『予防カウンセリング』としてご利用することもできるのです。
 
今現在、既にお悩みを抱えていらっしゃる皆様方は、是非、一度、実際にカウンセリングを体験されてみると良いかもしれません。

カウンセリングは、今の世の中、ぼくは必要不可欠であると思っていますし、心の病は、心に直接アプローチしていく以外に根本的な改善は非常に難しいものであると、ぼくは思っています。
カウンセリングは、それ程、緊張されるようなものではありませんよ!!
カウンセリングは、『心について学ぶ塾』だと思ってもらえればと思います。
是非、一人でも多くの皆様方に、心理ケアの方法をお伝えしていき、日常生活の中で心理ケアをおこなっていくための術を身に付けていっていただけたらと思います。
学んだことは決して無駄になることなんてありませんよ。
心の傷は、深くなればなるほど、治すのが難しく、複雑になり、治すのに時間がかかてしまう状態になっていくということを、13年以上、自分自身が、うつ病に苦しめられてきたぼくは、皆様方には、是非とも分かっていただきたいことであります
また、『心のエネルギー』が高い状態を維持し、効率良く、仕事やプライベートに、ご自身の力をフルに発揮し、『幸せで充実した人生』を送っていただけることを、ぼくは願っております。
 
心理カウンセラーであるぼくは、持てる力を全て使い、全力で、皆様方をカウンセリングし、サポートさせていただきますが、皆様方においては、是非、肩の力を抜いて、緊張せず、そして、リラックスして、また、軽いお気持ちで、カウンセリングに来ていただき、お悩み相談して、気楽にカウンセリングを受けていただければと思っております。
どうぞ安心して頂いてよろしいですよ。
 
皆様、どうぞ『カウンセリングルーム こころの相談所』でお気軽にカウンセリングをご利用してください。

いつか、受けようと思っていることは、実際に行動しなければ、そのいつかは、この先も来ないということは、皆様方は、もう既に、よくお分かりになられていらっしゃることかもしれません。
 
『ぼくが、あなたの味方になります』
 
心理カウンセラーが信用できる心理カウンセラーなのかどうかが分かるのも、一度、実際にカウンセリングに行って接してみないと、分かることではないということも、皆様方は人生経験の中でもう既にお存じのことなのかもしれません。
 
人間は、限界まで追い込まれてしまうと、思考力も行動力を失くしてしまい、行動をおこすことが非常に難しい状態になってしまいます。
限界まで心が弱ってしまうその前に、自分自身に合った心理カウンセラーを見つけ、カウンセリングというものを受けてみてはいかがでしょうか?
 
皆様方には、是非とも、限界に達する前に、一度、選択肢の一つとして、カウンセリングをご利用していただきたいと思っております。

  • LINE公式アカウント~毎週抽選でカウンセリング料金が安くなるクーポンが当たります

  • カウンセリングルーム こころの相談所

カウンセリングを皆様の選択肢に加えてください!!

相談者様の心に寄り添い、親身にカウンセリングいたします

何よりも相談者様のためのカウンセリングをおこないます

カウンセリングの必要性

一人で悩まずに『カウンセリングルーム こころの相談所』にお悩み相談してください!!

カウンセリングのが当たり前の世の中へ

『カウンセリング』と『心理療法』について

  • 『カウンセリング』とは?

『カウンセリング』とは?

『カウンセリング』とは、何なのか?、『カウンセリング』ではどのようなことをするのか?、『カウンセリング』をうけることによって相談者様にとってどういうメリットがあるのか?など、まずは、『カウンセリング』の基本的な部分についてご説明いたします。
 
今現在、カウンセリング業界で基本ベースとして使用されているカウンセリング技法は来談者中心療法というカウンセリング技法です。
最も基本的なカウンセリングの技法であり、このカウンセリング技法を使えない心理カウンセラーは心理カウンセラーとは言えないでしょう。
このカウンセリングをベースにして心理カウンセラーはカウンセリングを進行していきます。
 
日常ではお一人でお悩みや問題について『思考』したり、『行動』したりして、何とかお悩みや問題を解決しようと対処されていたかと思います。 

『カウンセリング』とは?

『カウンセリング』では、基本的には、『カウンセラー』と『相談者様』の二人で、そのお悩みや問題について、『会話のキャッチボール』をおこないながら、お悩みや問題の解決に向けてカウンセリングを進行していきます。
『心理カウンセラー』は『相談者様』を評価せず、ありのままの存在を受け入れ、『相談者様』のお気持ちや感情、考えや思いに対し共感し、『相談者様』に対して、『心理カウンセラー』は飾らないありのままの態度で、お悩み相談、『カウンセリング』をおこなっていきます。
 
そのようにカウンセリングをおこなっていくことで、以下のカウンセリングの基本的な3つの効果(メリット)が生まれます。
●カタルシス効果・・・感情や思いなどを、思う存分、吐き出すことで感情浄化の効果が現れます。
●バディ効果・・・ご自分の中だけでお悩みや問題について、考えることが続くと、人は孤独感を感じるようになります。『相談者様』は『心理カウンセラー』と一緒に同じお悩みや問題を共有し、共同作業をおこなっていくことで、「自分は、一人ではないんだ・・・」という感覚を得ることができます。
●アウェアネス効果・・・『相談者様』は『心理カウンセラー』との『会話のキャッチボール』を続けていく中で、自分自身を客観視することができるようになり、違う角度から物事を見ることができ、新しい『気づき』を得ることができます。
 
これらのことは『カウンセリングルーム』であれば、大抵、この基本的なカウンセリング技法はおこなっていることでしょう。
『カウンセリング』について、あまりご存じでない方は、『カウンセリング』の基本的な流れについて、何となくイメージができたのではないでしょうか?
また、『カウンセリング』について、何となく分かっているという方は、以上の説明を聞いて、「大体分かっていたよ」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
 
ただ、皆様、『カウンセリング』が「お話を聴いて、お気持ちや感情に共感して、考えを整理していく」、ただ、それだけのものと思っていらっしゃいませんか?
 
『カウンセリングルーム こころの相談所』では、カウンセリングをおこなっていく上で、それ以外の、それ以上のたくさんのカウンセリングの『武器』を持っているのです。

  • 『心理の専門家』だけが使用できる『心理療法』

カウンセリングで用いる心理療法について

以上、カウンセリングの基本技法である『来談者中心療法』について説明してきました。
『カウンセリング』で使われる話を聴く技術を『傾聴』といいます。
この『傾聴』という技術も、やはり、『カウンセラー』はプロとして、カウンセリングをおこなってきていますので、ご家族や友人などにお悩み相談するのも、もちろん、重要な手段の一つではありますが、一般の方にご相談するよりも『傾聴』という技術を高いレベルで使いこなせますので、それだけでも『カウンセリング』は十分、効果のあるものと言えます。
ただ、ものすごく大雑把な言い方をしてしまうと、『傾聴』という技術は『上手に話を聴く技術』という言い方もできます。
簡単な技術ではありませんが、そう聞いてしまうと、「なんか、自分や周りの人でもできそう・・・」と思ってしまう方も中には、いらっしゃるのかもしれません。

カウンセリングで用いる心理療法について

『来談者中心療法』は最も基本的な技法であり、ある意味、最も重要なカウンセリング技法でありますが、『心理療法』と呼ばれるカウンセリング技法がございます。
『心理療法』は、心理学を非常に深く、広く学び、そして、研究し、トレーニングを積み重ねてきた『心理の専門家』だけが使用できるハイレベルなカウンセリング技法と思っていただければ、分かりやすいと思います。
『心理療法』を使うことができれば、カウンセリングの質は格段に高まります。
『心理療法』は、非常にたくさんあるので、得意としているものも、それぞれで、『心理カウンセラー』によっても使用できるカウンセリング技法ややり方は違ってきます。
それでは、カウンセリングにおいて、『心理療法でいったい、何ができるのか?』、さらに、『心理療法を相談者様が受けられることによって、何故、今まで変えることができなかったものを、変えられる可能性があるのか?』を例を挙げて、皆様に分かりやすく、ご理解いただけるように、ご説明いたします。

  • このような場合、あなたならどのような解決策が思いつきますか?

カウンセリングで用いる心理療法について

例えば、ある女性が、小学2年生のある日、学校の帰り道で、大人の男一人に誘拐されそうになりました。
彼女の地元は田舎で大声を出しましたが、誰も気づいてくれず、男は彼女に「大きな声を出すな!!」と怒鳴り、脅しました。
彼女は耐え難い恐怖を感じながらも、必死に抵抗をして、どうにか逃げることができました。
家に帰ると、母親がいて、怯えながら、その事を伝え、母親はすぐに警察に通報しました。
そして、その日のうちに、犯人の男は、警察に捕まりました。
 
犯人の男は、すでに捕まっています。
ですが、彼女はその出来事があってから、男の人の大きな声を聞くと、過呼吸になり、動悸がして、体がブルブルと震え出すようになりました。
例え、その男の人の声が、自分に向けられたものではなくても、笑い声であっても、彼女は、男の人の大きい声を聞くと、いつもそのような症状に襲われます。
母親が、彼女を心療内科に連れて行った所、パニック障害と診断されました。
30歳になる彼女は、今でも通院し、薬を処方してもらい、服用しています。
薬により症状を抑えることができても、病気は今でも治っていません。
彼女は心の中で叫びます・・・
「このままじゃ、ダメなのは分かっている・・・」
「男の人の声も自分に向けられたものじゃないのも分かっている・・・」
「自分ももう大人だし、あの時とは違うということも分かっている・・・」
「全部、『意識』では分かっている・・・」
「でも、どうにもできない・・・」
 
彼女のパニック障害を治せる可能性はどこにあるのでしょうか?
 
彼女がパニック障害から解放されるのを妨害しているものは何なのでしょうか?

  • 『無意識』が『心の問題』の解消を妨害している!!

カウンセリングで用いる心理療法について

人間の脳は『意識』が4%、『無意識』が96%で構成されていると言われています。
『無意識』も『意識』と同じように、あなたを守ろうと思って、『意識』よりも早く反応します。
うつ病や不安障害、パニック障害などの精神疾患、または、心の病ではなくても、
「ポジティブになりたいが、どうしてもネガティブに考えてしまう・・・」
「気持ちを切り替えたいが、なかなか切り替えられない・・・」
などの心理的お悩みも多少なりとも『無意識』が関係していると思われます。
意識ができないから『無意識』なのです。
この意識できない『無意識』に対して、あなたならどのように対応いたしますか?

  • 『心理療法』で『無意識』にアプローチすることができる!!

カウンセリングで用いる心理療法について

ぼくが、使える、いろいろな『心理療法』を使えば、『無意識』にアプローチし、『無意識』を現状に適合したものに変化させていくためのカウンセリングをおこなっていくことができます。
正直に言いますと、魔法をかけるように一瞬で治すということはできません。
どうしても、心理療法を使用したカウンセリングはある程度の時間がかかってしまいます。
もし、あなたが・・・
「どうせ、この心の病は治らないんだ・・・」
「この性格はずっと変わらないんだ・・・」
などと思っていることがありましたら、是非、一度、『カウンセリングルーム こころの相談所』にご連絡をください。
 
『カウンセリングルーム こころの相談所』のホームページをご覧になった皆様方は、是非、『希望』にかけて、第一歩を踏み出し、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

『カウンセリングルーム こころの相談所』の特徴

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの特徴

『カウンセリングルーム こころの相談所』では、まず、相談者様との信頼関係(ラポール)の構築を重視して、カウンセリングをおこなっております。
しっかりと、相談者様との信頼関係を構築し、カウンセリングの空間や時間が相談者様にとって『安心できる安全基地』になるようにすることで、安心してお悩み相談ができるようになり、積極的なカウンセリングをおこなえるようになります。
人は、十分な『安全基地』を確保することにより、新しいチャレンジに向かうことができるようになるのです。

  • どのようなお悩み相談の内容でも、どのような技法や資料を使っても、一定料金でカウンセリングをご提供いたします

カウンセリングルームによっては、お悩みの相談内容やカウンセリングで使用する技法、また、カウンセリングで資料を使うかどうかによって、カウンセリング料金が変わる所もあります。
 
例えば、
『引きこもりのお悩み相談だと、カウンセリング料金は高いプランになりますね』
『この場合だと、高度な技術を使う必要がありますので、これよりも高いカウンセリングプランになります』
『これからは、資料や書類を使ったカウンセリングとなりますので、カウンセリング料金が上がります』
などのように、
 
カウンセリング料金が一律でなかったり、途中でカウンセリング料金が上がるシステムをおこなっているカウンセリングルームもございます。

 
また、カウンセリングルームによっては、はじめてカウンセリングをご利用し、そのカウンセラーがどのようなカウンセラーか、自分の悩みを解決してくれそうなカウンセラーか分からないうちに、
 
『うちでは、対面カウンセリングは3回セットで前払いでカウンセリング料金をお支払していただいております』
 
という料金システムのカウンセリングルームもございます。
 
もちろん、全てのカウンセリングルームではないのですが、そのような方法のカウンセリングルームについて、皆様方はどう思われますか?

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの特徴
札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの特徴

そのようなカウンセリングルームにカウンセリングに来た相談者様としても、
 
『なんで、悩み相談の内容によって、カウンセリング料金が変わるの?』
『えー、カウンセリングの途中でカウンセリング料金が変わるの?』
『次から、カウンセリング料金が上がるなら、もうカウンセリングを受けるのやめようかな?』
『まだ、このカウンセラーに会って、この人が自分に合うカウンセラーか、まだ分からないのに、次回の分のカウンセリング料金も払わなければいけないの?』
 
と思われる方も多いのではないかと思います。
 
また、カウンセラー側としても、
 
『カウンセリングの途中だけど、これから先は上の料金プランに上げないとダメだし、どのように伝えようか?』
 
という状態になり、
相談者様の辛い心を軽くすること、お悩みの問題を解決するというカウンセリングのこと以外にお金のことも考えないといけない状態が起こる可能性があります。
 
ぼくは、カウンセリングのこととお金のことを同時に考えられるような器用な人間では正直ありませんし、今、目の前にいる相談者様に集中して、少しでも相談者様が良い状態になることに全力を尽くしてカウンセリングをしていきたいと思っています。 

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの特徴

なので・・・
 
『カウンセリングルーム こころの相談所』では、どのようなお悩み相談の内容でも、どのような技法を利用しても、一定料金でカウンセリングをご提供いたします。
 
これをご覧になられると、カウンセリング料金が一定料金で、お金のことは気にせず、安心して自分の悩み相談ができるカウンセリングの方が良いと皆様方は思われるのではないかと思います。

  • 相談者様にとって、とても分かりやすい資料を使い、視覚と聴覚をフルに活用した、より確実性が高く、より効率的で、より優しい、相談者様の個性や心の状態に合わせたカウンセリングをおこなえます

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの特徴

相談者様には、いろいろなお悩みを持った方々がいて、心の状態も人それぞれ違っています。
また、相談者様としては、より早く悩みを解決したいと思われている方も多いと思います。
しかし、カウンセリングを早く進めると、それがかえって、相談者様の心の負担となってしまうことが多いこともあります。
心の傷が深ければ、深いほど、より高度な心理療法や技法を使用したカウンセリングが必要となり、そのような心理療法などを使ったカウンセリングをおこなっていくためには相談者様に対する心理教育も必要不可欠となります。
 
早く苦痛から逃れたいけど、そのためには、心理教育に時間と労力をかけなければならないというジレンマに苦しめられる相談者様も多いか思います。
 
また、相談者様のお悩み相談の内容や心の状態、個性やそれぞれの要望などは千差万別であり、カウンセラーの過去の経験や感覚だけでカウンセリングをおこなうのは、カウンセラーも人間なので、その日の体調や心の状態などで違ってくるので、会話や傾聴だけでは、カウンセリングがうまく進まず、カウンセリングの確実性も欠けると思われます。
 
また、心理カウンセラーの中には
「この心理療法をおこなっていくためには、相談者様にも、いろいろと知識を持って頂かないと駄目なので、この本をご自分で買って読んでおいてください」
と言う心理カウンセラーもいらっしゃいます。
 
たしかに、著作権の問題などにより、そういう場合も必要になってくることもありますが、通常、その手の本は書いている内容が難しく、書かれている内容も多いので、心が弱っている相談者様には逆に負担になる場合も多いと思われます。
 
たしかに、カウンセリングで高度な心理療法をおこなうためには、心理教育は必要になりますが、中には分かりやすいもの、または分かりやすく工夫して説明できるものもあります。
 
会話、つまり聴覚情報だけでカウンセリングをおこなうカウンセラーもいらっしゃると思いますが、心理教育の説明を全て、カウンセリングの時間の中でおこなうのは時間がかかることですし、効率的なカウンセリングのやり方ではないと、ぼくは思います。
 
ぼくは、相談者様には、より確実性が高く、より効率的で、より優しいカウンセリングをして差し上げたいと考えております。
そのため、『カウンセリングルーム こころの相談所』では、あらゆるケース、あらゆる相談者様を想定して、柔軟なカウンセリングをおこなえる、ありとあらゆる、非常に分かりやすい、たくさんのカウンセリング資料を事前に用意しています。
 
視覚と聴覚をフルに活用したカウンセリングです。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの特徴

皆さん、想像してみてください。
 
難しい知識を言葉だけで説明されるカウンセリングと、分かりやすい資料を使いながら、言葉も使って説明されるカウンセリングでは、どちらの方が、分かりやすく、効率的で、優しいと思いますか?
 
当然、後者ですよね。
 
『カウンセリングルーム こころの相談所』では、あらゆるケース、あらゆる相談者様を想定して、ありとあらゆる、非常に分かりやすい、たくさんのカウンセリング資料をご用意しておりますので、より確実性が高く、より効率的で、より優しいカウンセリングをおこなえる準備を整えております。
 
さらに、それらのカウンセリング資料は全てワードやエクセルにデータ化してあるので、メールカウンセリングにおいても、対面カウンセリングに近いレベルのカウンセリングをおこなうことを可能にしています。
 
『カウンセリングルーム こころの相談所』は相談者様に安心してカウンセリングを受けていただくために、一律料金でのカウンセリングをおこなうことをモットーとしているので、それらのカウンセリング資料はどれだけ使用しても無料でご提供させていただきます。
 
「たくさんの資料があったら、なんか、型にはまったカウンセリングをされそう・・・」
「途中でつらくなったら、どうしよう・・・」
「私の話を聞いてくれなさそう・・・」
 
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 
ですが、いっさい心配はいりません。
 
あらゆる場面を想定し、資料を細分化し、いくつもの分岐点を考え、いつでもその時の相談者様の状態に合った方向に軌道修正できるように考え、構成された資料ですし、それもツールの一つだと考えて、カウンセリングいたします。
 
デジタルとアナログの融合で、それぞれの相談者様の個別性や心の状態に対応した、より確実性が高く、より効率的で、より優しいカウンセリングをご提供いたします。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの特徴

お悩みを抱えていらっしゃる相談者様には、いろいろなタイプの方がいらっしゃいます。
例えば、カウンセリングを受けるのが初めてで、個室でのカウンセリングに抵抗がある相談者様には、他の人達がいるカフェでカウンセリングをいたしますし、お悩み相談の話を誰にも聞かれたくない相談者様には、カウンセリングルームでカウンセリングをいたします。
 
心にお悩みを抱えていらっしゃる方々は、いつかはカウンセリングを受けてみようと思われている方も多いかと思います。
 
しかし、カウンセリングを初めて受けられる方などは、個室でのカウンセリングに抵抗を持たれている方もいらっしゃるのかもしれません。
『カウンセリングルーム こころの相談所』では、相談者様のご要望に合わせて、カウンセリングをおこなう場所を設定できるますので、皆様方は、安心して、お悩みの解決に向けて、状況を変えていくための第一歩を踏み出し、カウンセリングを受けられるのではないかと思います。
また、『カウンセリングルーム こころの相談所』では、相談者様の多種多様なご要望や状況に対応できるように、『対面カウンセリング』以外にも、『オンラインカウンセリング』、『テレビ電話カウンセリング』、『電話カウンセリング』、『訪問カウンセリング』、『メールカウンセリング』と多種多様な心理カウンセリングサービスをご用意させていただいておりますので、皆様方は、ご自分に合ったカウンセリング方法をご自由に選択し、状況に合わせて、カウンセリング方法を途中で変更したり、複数のカウンセリングを組み合わせたカウンセリングもでき、柔軟な対応が可能なので、安心してカウンセリングを受けることができます。
カウンセリングを受けられる皆様方は、是非、柔軟な対応が可能なカウンセリングルーム、『カウンセリングルーム こころの相談所』をお選びになって、カウンセリングを受けていただければと思います。

  • 他のカウンセリングルームのように、事務所での対面カウンセリングだけではなく、個室での面談が苦手な相談者様はカフェでもお悩み相談ができるので、安心して、カウンセリングを受けることができます

心理カウンセラーの紹介

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 心理カウンセラー 早川昌亨

はじめまして。
札幌市『カウンセリングルーム こころの相談所』心理カウンセラーの早川 昌亨(本名:早川 将人)といいます。
 
相談者様のお悩み相談のお話をじっくり聞かせていただき、お一人お一人に応じて、相談者様に合った『フルオーダーメイド』のカウンセリングをおこなっております。
カウンセリングと一口に言っても、そのやり方は様々です。
ですので、「そもそもカウンセリングってどういったことをするところなのだろう」と思われる方も少なくないのではないかと思います。
カウンセリングで最も大事なことは、人対人の信頼関係(ラポール)の中でおこなわれる人間同士のコミュニケーションであると思います。
もちろん、カウンセラーはカウンセリングで使用する心理学の知恵や心理療法のスキルなど、一般の人がおこなうには難しいことができ、確かに効果のあるものです。
ただ、これらの知恵や技術を使って、カウンセリングの治療をおこなっていくには、心理カウンセラーの誠意や志の部分が、カウンセリングをおこなっていく上で重要だと考えます。
 
「これに困っている」ということが明確になっていらっしゃる方はもちろん、「こんなことでカウンセリングに行っていいのだろうか」、「クリニックは敷居が高いからとりあえずカウンセリングを」という方でも、どのような方でも皆様、どうぞご遠慮なく、『カウンセリングルーム こころの相談所』にお悩み相談していただければと思っております。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 心理カウンセラーの紹介

ぼくは、カウンセリングがもっと身近で皆様に当然のように、ご利用できる世の中にしていかなければいけないと考え、そして、そうなっていくための行動をし続けていかなければいけないと思っています。
 
そのために、ぼくは、皆様にカウンセリングというものについて、SNSやブログなどを利用し、カウンセリングの重要性について発信し続けております。
 
そのメッセージを既にご覧になっている皆様方は、もしかしたら、「日本は今のままではではダメだ、変わっていかなければいけない」ということにもう既に皆様方は、気づいていらっしゃるのかもしれません。
 
また、カウンセラーはどうしても、常に相談者様とずっとそばに一緒にいることができないので、次のカウンセリングまで待っている相談者様やカウンセリングが終結した相談者様を元気づけたり、勇気づけたり、また、相談者様にとってお役に立てるような情報などをSNSやブログなどで現在、発信し続けています。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 心理カウンセラーの紹介

実は、ぼくはメンタルが弱く、うつ病にずっと、苦しめられてきました。
唯一の親友が自殺をしてしまったり、技術系の仕事をしていて、この道で頑張っていこうと思っていたのに、リーマンショックで不景気となり、給料未払いの状態になって、退職せざるを得なくなったり、必死に自分の技術を活かせる仕事を探しても、一切見つからなかったり、経営者にいいように利用され、体がボロボロになって退職したり、自分の命より大切な家族を守るために必死にずっと頑張っているのに、いつも、ありえないような不運が起き、退職、再就職を繰り返してきました。
『死にたい!!』と思ったことも数えきれない程あります。
 
そんな、ぼくだからこそ、心が弱くなっている人の心が分かり、一緒に歩んで、カウンセリングで救える人がきっといると思っています。
 
今まであまり苦労をせず、生きてこられた心理カウンセラーよりも、今までに何度も苦労や挫折をして生き続けてきた心理カウンセラーの方が、あなたが今現在抱えているつらい気持ち、悲しい気持ちなどをより深く理解することができ、そして、共感しながらお悩みの解決に向けて、二人三脚で一緒に行動し、カウンセリングでサポートいていけるのではないかとぼくは思っております。
 
是非、ぼくにあなたが抱えているお悩みを聞かせていただけませんか?

カウンセリングの方法

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの方法

『カウンセリングルーム こころの相談所』では、対面カウンセリング、オンラインカウンセリング(Zoom)、テレビ電話カウンセリング(LINE)、電話カウンセリング、訪問カウンセリング、メールカウンセリングと幅広い心理カウンセリングサービスをご提供させて頂いております。
 
対面カウンセリングにおきましては、札幌市西区のカウンセリングルームかスターバックスコーヒー札幌西町店から選んでカウンセリングを受けることができます。
 
お悩み相談に来られた相談者様に応じたカウンセリングサービスをご提供することを心がけております。
 
一般にカウンセリングと言っても、カウンセリングの方法は心理カウンセラーによって多種多様です。
特定の技法にこだわる心理カウンセラーもいれば、様々な技法を組み合わせている心理カウンセラーもいます。
 
当サービスでは以下のことを中心に相談者様との関わりを持つように心がけております。

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの方法
  • あなたの立場、目線で関わるカウンセリングをおこないます

あなたが現状どんなに苦しい状態なのかをお悩み相談の言葉の内容だけでなく、しぐさや声のトーン、メールの文面等からも想像して、情景を浮かべながらカウンセリングをおこないます。
そのためにも情報は多い方がより効果的なカウンセリングをのおこないやすくなりますので、必要に応じてカウンセリングの中で質問もおこないます。
相談者様のお悩みやお困りのお話をじっくり聞かせていただき、その後、お一人お一人に応じて、相談者様に会った『フルオーダーメイド』のカウンセリングをおこなっていきます。

  • 「傾聴」の姿勢を大切にし、カウンセリングをおこないます

カウンセラーが相談者様に答えを提示したり、自身の価値観や判断によって相談者様にアドバイスをしていたのではカウンセリングとは言えないと考えております。
相談者様が自ら考え、自らが納得できる答えを見つけるサポートに徹する姿勢が「カウンセリング」や「傾聴」には必要な姿勢と考えております。

  • 『カウンセリングルーム こころの相談所』の心理療法

札幌市 カウンセリングルーム こころの相談所 カウンセリングルームの方法

傾聴の姿勢を重要視し以下の来談者中心療法、マインドフルネス認知療法、音楽療法、アドラー心理学、ソリューション・フォーカスト・アプローチ、交流分析、認知行動療法、トランス療法、その他の心理療法などを使用して、カウンセリングをおこないます。 
  
カウンセリング中に、相談者様に分かるように丁寧にご説明いたしますので、ご心配はいりません。
 
しっかり相談者様の心に共感し、個性を理解した上で、以下のどの心理療法を使用するか、もしくは、いくつかの心理療法を組み合せるかなどして、臨機応変に相談者様とご相談し、また、相談者様の状況を把握しながら、カウンセリングをおこなっていきます。
 
ですが、心理カウンセラーは常に相談者様と一緒にいられるわけではありませんし、カウンセリングの時以外もご自分でご自分を癒せる体制を初めに作り用意させていただくことがカウンセリングでは重要だと、ぼくは考えています。
 
まず、今すぐ、できるだけ簡単な方法で少しでも早く、心の負担をある程度少なくすることをカウンセリングで重要視していきたいと考えております。
 
ただ、間違いなく言えることは、全く同じ方法でカウンセリングをおこなっている心理カウンセラーはいないということは確かだと思います。
 
カウンセリングは基本的に一対一でおこなわれるものですし、そのカウンセラーの個性もありますし、どんな経験をしてきたのか、どんな相談者様に対応してきたのか、どういう価値観を持っているのかなどで当然、カウンセリングの仕方も違ってきます。
 
ぼくの場合は一つのカウンセリング技法にはこだわらず、カウンセリングを継続していくことが何よりも重要と考えているため、今現在の相談者様の心理的、身体的耐力を一番、注視し、いつでも、カウンセリングプロセスの軌道修正のことを考え、カウンセリングいたします。
 
人間の心は理屈ではないですからね。
 
ぼくは、ホームページでできる限りのことを伝えていますが、ぼくのことを知っている皆様は何度も聞いていることと思いますが、心の傷は時間が経てば経つほど、治りにくくなってきてしまいますので、少しでも早くに対処することが必要となっていきます。
 
現在、心に深い傷を負われている皆様方は、いろいろと思考され、ずっと頑張って戦い続けてきたきたと思います。
その心に深い傷を負われている皆様も、これから先のことをイメージしてみた場合、このまま一人で悩んでいても、心が軽くなっていかないということに、皆様方は、もう既に気づかれるのではないかと思われます。

どうか、『カウンセリングルーム こころの相談所』心理カウンセラー早川の『カウンセリング』と『心理療法』の力を信じてみませんか?

  • 心理カウンセラー資格

  • 産業能率大学 実践心理学コース 卒業
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 メンタル心理カウンセラー資格
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 上級心理カウンセラー資格
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 チャイルドカウンセラー資格
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 家族療法カウンセラー資格
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 チャイルドコーチングアドバイザー資格
  • 米国NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー

『カウンセリングルーム こころの相談所』では、以上の心理カウンセリングサービスを柔軟に組み合わせ、相談者様の状況や環境などに合わせたカウンセリングをおこなえるので、相談者様は安心してお悩み相談、心の相談ができ、また、効果的なカウンセリングをおこなうことができます。
『カウンセリングルーム こころの相談所』では、以上のように、札幌市の他のカウンセリングルームでは、おこなえない心理カウンセリングサービスを相談者様にご提供できます。
オンラインカウンセリング、テレビ電話カウンセリング、電話カウンセリング、メールカウンセリングは、札幌および札幌近郊以外の東京、横浜、大阪、京都、名古屋、福岡などでも、日本全国、どこでも、こころの相談、お悩み相談のカウンセリングを受け付けています。

お悩み相談や心の問題のご相談など、親身にカウンセリングいたしますので、どうぞお気軽にご相談してください!!

Q クレジットカードでのお支払いは可能ですか?

はい(*^^*) VISA、master card、AMERICAN EXPRESS、JCB、Diners Club、DISCOVERのクレジットカードのご利用が可能です。
モバイル端末なので、カウンセリングルームの外でもご利用いただけます。
LINEPayでのお支払いもできます。

 

Q いろいろな心理カウンセリングサービスがありますが、途中で変更することはできますか?

はい(*^^*) 『カウンセリングルーム こころの相談所』では、多種多様な相談者様のニーズにお応えできるよう、対面カウンセリング、オンラインカウンセリング、テレビ電話カウンセリング、電話カウンセリング、訪問カウンセリング、メールカウンセリングなど、いろいろな心理カウンセリングサービスをご用意しています。
もし、心理カウンセリングを受けている途中で、状況がお変わったり、違う心理カウンセリングサービスの方がご自分に合っていそうだと思いましたら、途中からご自由に心理カウンセリングサービスを変更することができます。

 

Q 予約をして、あとで予定などが入った場合はどうすればいいですか?

メールまたは電話にて、カウンセリングの予約の変更やキャンセルなど簡単におこなえますので、ご安心ください。
対面カウンセリングで当日払いする場合は、カウンセリングの予約の変更やキャンセルによる料金はいただいておりませんので、お気軽にご予約ください。
ただ、前払いの心理カウンセリングサービスは、急な予定や体調不良などがあった場合は、後日、カウンセリング予約日時を改めて設定させていただきます。
前払いの心理カウンセリングサービスは、キャンセルによる返金は致しかねますので、ご了承ください。

 

Q どのような相談でもいいんですか?

はい(*^^*) どのようなご相談でもよろしいです。
抱えていらっしゃるお悩みを吐き出されるだけでも、心理的にスッキリされると思いますので、どうぞお気軽にお悩み相談、心の相談をしてください。

 

Q うつ病で心療内科に通っていますが、なかなかよくならないのですが・・・

心療内科や精神科では、薬物療法による治療がメインとなり、お悩みの解決のためのお話や心理面に対して直接アプローチする治療はあまりおこなわれないことが多いと思われます。
身体反応などの緩和などには薬物療法は有効である場合があると思いますが、問題の根本である心理面に対するメンタルケアが必要であると思われます。
当カウンセリングルームでは、心療内科や精神科による薬物療法と、心理面に直接アプローチするメンタルケアケアを並行して進めていくことをお勧めします。
メンタルケアのための心理療法などのカウンセリング技法はカウンセリングルームでおこなうことができます。

 

Q カウンセリングというわけではないですが、心理的に強くなる方法などを知りたいのですが・・・

そのような場合も、是非、『カウンセリングルーム こころの相談所』をご利用ください。
カウンセリングとは、『心について学ぶ塾』だと、ぼくは考えております。
通信制の大学を仕事をしながら卒業し、約9年以上、心理学を勉強し、大学院で習う心理学まで学習してきてますので、その知識を相談者様に合った知恵としてレクチャーさせていただきます。

 

Q どんな悩み相談の内容でも一律料金と記入されていますが、本当ですか?

本当です(*^^*) どのようなお悩み相談の内容でも、どのような高度なカウンセリング技術を使用しても、カウンセリング資料を使用するような心理カウンセリングでも一律料金で心理カウンセリングサービスをご提供できますので、相談者様は、カウンセリング料金のことは気にせず、心の問題の解決や心理的負担の軽減に向けて、安心して継続した心理カウンセリングを受けられると思います。
 

Q カウンセリング資料を無料でいくらでももらえるって本当ですか?

本当です(*^^*) 『カウンセリングルーム こころの相談所』が作成した相談者様にとって、非常に分かりやすいカウンセリング資料を必要に応じて、おしみなくカウンセリング料金の追加料金なしで、差し上げております。
心理療法という高度なカウンセリング技術を使用する場合、その心理療法について、相談者様にも、ある程度の知識を理解していただく必要があります。
その際、口頭だけで説明するよりも、分かりやすいカウンセリング資料を使用してご説明したほうが、相談者様も十分にご理解していただけますし、効率よくカウンセリングをおこなえるため、時間を有効活用することができます。

 

Q 次回のカウンセリングまで、不安な気持ちにならないか心配です・・・

そうですよね(>_<) 心理カウンセラーは相談者様にずっと付き添ってあげることができないので、そのように不安になる気持ちも分かります。
ですが、『カウンセリングルーム こころの相談所』では、あらゆることを想定した非常に多くのカウンセリング資料を準備しておりますので、次回のカウンセリングまでの間に、必要に応じて、相談者様だけでできるホームワークなどをお渡しすることができます。
心の問題の解決に向けて、何か『行動』をしていないと、人は『思考の世界』に入ってしまい、不安な気持ちになってしまいますので、相談者様だけでも『行動』できるホームワークをお渡しし、カウンセリング時間外のことも考え、その間も相談者様をサポートさせていただきます。
また、そのようにホームワークをお渡しすることで、さらに時間の効率化を図ることができ、より心の問題の解決や心理的負担の軽減を早めていくことができます。

 

Q メールカウンセリングでもカウンセリング資料をもらえますか?

はい(*^^*) メールカウンセリングでも、メールでWordファイルやExcelファイルの受信が可能であれば、あらゆるカウンセリング資料全てをWordファイルやExcelファイルに電子データ化してありますので、全て対面カウンセリングなどと同様に無料で、心理療法などに必要なカウンセリング資料を添付ファイルとしてお送りさせていただいております。
それにより、メールカウンセリングでも、より対面カウンセリングに近いレベルで心理カウンセリングをおこなうことを可能にしています。
メールカウンセリングを受けられた相談者様より「初めて本格的なカウンセリングを受けられた」という高い評価をいただいております。

 

Q カウンセリングが初めてで、個室だと少し抵抗があるのですが・・・

カウンセリングが初めてという方には、もしかしたら、個室でのカウンセリングに少し抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんね(*^^*)
 『カウンセリングルーム こころの相談所』では、カウンセリングルームだけではなく、他の方々もいらっしゃるカフェなどでも心理カウンセリングをおこなっております。
これは、『カウンセリングルーム こころの相談所』ならではの特徴と言えます。
スターバックス札幌西町店でも心理カウンセリングをさせていただいております。
他の人にお話しを聞かれたくない、静かな場所でお悩み相談、心の相談をしたいという皆様方は、もちろん、カウンセリングルームで心理カウンセリングを受けることもできます。

 

Q 対面カウンセリングをして欲しいのですが、訪問していただけるのでしょうか?

はい(*^^*) 『カウンセリングルーム こころの相談所』では、訪問カウンセリングもおこなっております。
他のカウンセリングルームでは、あまりおこなっていない心理カウンセリングサービスなので、是非、当カウンセリングルームをご利用ください。
また、引きこもりや不登校などのお悩み相談で、対面カウンセリングをしていて、訪問カウンセリングもおこなった方がいい場合もあるかと思います。
そのような場合も考えますと、いろいろな心理カウンセリングサービスがおこなえる、当カウンセリングルームをご利用いただければと思います。

Q&A

『カウンセリングルーム こころの相談所』 利用規約

第1条(本規約の範囲及び変更)
 
カウンセリングルーム こころの相談所(屋号)(以下当カウンセリングルーム)は、カウンセリングサービス(以下本サービス)において、利用者の心理的援助サービス、個人の心理的問題解決を支援するサービスを提供いたします。
 
当カウンセリングルームは、本サービスを提供するために、以下の通り利用規約を定めます。
本規約は、当サービス利用に際して、利用者と当カウンセリングルームとの間に適用されるものとし、利用者はサービスを利用するにあたり、自己責任で本規約を遵守するものとします。
 
また、当カウンセリングルームは、理由の如何を問わず、利用者が本サイトにアクセスし、本サービスを利用されたり、その他の連絡手段により本サービスを利用し、利用規約について記入されているメールを受信した時点で、本規約に同意したものとみなします。
 
本規約に記載の用語はそれぞれ次のとおりです。
 
1)利用者とは当カウンセリングルームにアクセスし、カウンセリングサービスを受ける者の事を指します。
2)本サービスとは当カウンセリングルームが本規約に基づき、利用する者に対して提供する心理カウンセリング・メールカウンセリング・電話カウンセリングその他当カウンセリングルームが定めるサービスの事を指します。尚、 サービスの詳細については当カウンセリングルームが定めるものとします。
 
第2条 (保証の否認)
 
1)当カウンセリングルームは,本サイトにおいて提供される本サービス及び記事の内容等の正確性に対する保証行為を一切しておりません。 また,当カウンセリングルームは,利用者が各サービスを利用したことに起因する直接的又は間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。
2)利用者が本サービスが提供する情報を利用する際は、最終的な決定とそれに基づいた行動の結果に対する責任は利用者本人に帰することとします。
3 )当カウンセリングルームは,本サイト内のすべての情報,記事,画像等に,ウイルスなどの有害物が含まれていないこと,および第三者からの不正なアクセスのないこと,その他本サイトの安全性に関して一切の保証をしないものとします。 
 
第3条 (情報の転載等の禁止)
 
1 )本サイトを構成するすべてのデータ,記事,画像等のすべての著作権は,当カウンセリングルーム及び画像等の作成者に帰属します。閲覧者は,当カウンセリングルームが特段の事情があると判断した場合を除き,本サイトの画像,データ及びプログラムを他のサイト,雑誌,広告等に転載できないものとします。ただし,閲覧者は,当カウンセリングルームの許諾を得た場合,本サイト上の記事及び文章をWEBサイト上において転載及び引用することができるものとします。
2)前項に違反して本サイトに掲載の情報等を無断で転載した場合,当カウンセリングルームは,同違反者に対し,著作権法に基づく各処置(警告,告訴,損害賠償請求,差止請求,名誉回復措置等請求等)を行います。  
 
第4条(損害賠償)
 
1)利用者等が本規約,本サイト内の各規約又は各ガイドライン及び法令の定めに違反したことにより,当カウンセリングルーム及び当カウンセリングルームが業務提携する事業者等を含む第三者に損害を及ぼした場合,同利用者等は,当該損害を賠償する責任を負い,いかなる場合も当カウンセリングルーム及び当カウンセリングルームが業務提携する事業者等を含む第三者を免責するものとします。
2)第3条に違反し当カウンセリングルーム,当カウンセリングルームが業務提携する事業者等又は第三者に損害を与えた利用者等は,当カウンセリングルーム,当カウンセリングルームが業務提携する事業者等及び他の利用者等又は第三者が受けたすべての損害を賠償する義務を負うものとします。
 
第5条 (各サービスの一時的な停止)
 
1) 当カウンセリングルームは,以下の事由により,利用者に事前の通知なく,一時的に各サービスの提供を停止することができるものとします。各サービスの停止による直接又は間接に生じた利用者又は第三者の損失や損害について,当カウンセリングルームは,その内容,態様の如何に係わらず一切の責任を負わないものとします。
 
(1) 申込者が実在しない場合。
(2) 電話・電子メールで連絡が取れない場合。
(3) 天変地異などにより,各サービスの提供ができなくなった場合。
(4) 本規約に違反した場合
(5) 当カウンセリングルームが提供するサービスに運営上・業務上支障をきたす場合
(6) 過去に違反があると判明した場合
 
2)当カウンセリングルームは,前項の理由により各サービスの一時停止を行った場合において,各サービスの継続的な提供が困難だと判断した場合,利用者等に対して通知を行わず各サービスを終了することができるものとします。 
 
第6条 (合意管轄等)
 
1)本規約に関連して,利用者と当カウンセリングルームとの間で紛争が生じた場合には,双方は,ともに誠意をもって協議するものとします。
2)前項により協議をしても解決しない場合は,札幌地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
3)本規約の準拠法は,日本国法とします。 
 
第7条 (利用者の行為)
 
1)利用者が本サイトを利用して送受信する場合,同送受信内容は,利用者自らが責任を負うものとします。
2)利用者は,利用者のインターネット接続環境等によって,本サービスを利用又は閲覧するために通信費等が別途必要となることに同意し,同通信費等の一切を同利用者が負担するものとします。
3)利用者は,利用者のインターネット接続環境等によって,本サービスの一部を閲覧又は利用できない可能性があることを予め了承するものとします。
 
4)カウンセリングサービスを受けた結果、利用者が万が一不利益を被った場合、虚偽や悪意のある情報を提供した場合を除き、利用者の自由な判断や意志により情報利用をしたとみなし、当カウンセリングルームは一切の責任を負わないものとします。 
 
第8条 (本規約の変更)
 
当カウンセリングルームは,当カウンセリングルームの都合により,本規約の内容を必要に応じ予告なくして改定することができ,利用者は,本サイトを利用する際,その都度,本規約の内容 を確認するものとします。改定後に利用者が各サービスを利用した場合には,改定に同意したものとみなします。なお,本ページを確認しなかったことに起因 する直接または間接に生じた利用者及び第三者に与える損害については,その内容,態様の如何に係わらず,当カウンセリングルームは一切の責任を負わないものとします。
 
第9条 (キャンセル規定)
 
前日、当日にお客様のご都合によるキャンセルにつきましては、カウンセリング料金の100%を請求致します。
 
第10条 (返品・返金について)
 
本サービスの性質上、返品・返金はできません。
 
第11条 (禁止事項)
 
利用者は、本サービスの利用にあたり、次のいずれかにあたる行為をしてはならないとします。
 
1)心理カウンセラーを誹謗・中傷する行為
2)心理カウンセラーの個人情報を聞き出す行為
3)心理カウンセラーに対するストーカー行為、またはその他のの身体・生命・自由・名誉・財産等に対して害悪を加える行為
4)心理カウンセラーへの物品販売等の営利目的の行為
5)心理カウンセラーへの宗教活動や特定団体に勧誘する行為
6)心理カウンセラーのプライバシー権、肖像権、またはその他の権利を侵害する行為
7)心理カウンセラー、またはサービスサイトの信用、もしくは名誉を損失させる行為
8)当カウンセリングルームの設備に不正にアクセスしたり、本サービスに関する情報を改ざん・消去したり、コンピューターウイルをプログラムするなどの行為
9)法令・公序良俗に反する行為
10)心理カウンセラーと個人的に会う行為
 
第12条  (その他)
 
当カウンセリングルームが提供する本サービスは、医療行為ではありません。その為、医療行為となる診断・診察・治療は行っておらず、医療保険の適用もありません。
当カウンセリングルームが提供する本サービスは、利用者の心理的な問題の解決を心理学的立場から行うことを目的としておりますが、完全な心理的な問題の解決を保証するものではありません。
 
未成年のご利用には、保護者の同意書が必要です。同意書がない場合は本サービスの提供は行うことはできません。また、同意書があった場合でも、当カウンセリングルームが本サービスの提供が難しいと判断し場合は、ご利用をお断りすることがあります。

ブログ

NO1.はじめまして(*^▽^*) 『カウンセリングルーム こころの相談所』心理カウンセラーの早川昌亨といいます(*^^)v
NO2.カウンセリングを もっと身近に!! もっと気軽に!!
NO3.カウンセリングを”当たり前に”、”気兼ねなく”利用できる世の中に変えていきませんか!?
NO4.『心が病んでしまう可能性があること』は『もう想定の範囲内』!!
NO5.心が病んでしまわれた人達は、心が弱い人、甘えている人ではありません!!
NO6.カウンセリングの利用が”当たり前”の世の中へ
NO7.まだまだ十分に認知されていない『カウンセリング』
NO8.『カウンセリング』とは?
NO9.『カウンセリング』の基本技法について
NO10.『カウンセリング』の基本的な効果について
NO11.『カウンセリング』の基本技術、『傾聴』
NO12.『カウンセリング』は”傾聴”だけではない!!『心理療法』のことをご存じですか?
NO13.非常にたくさんあるハイレベルなカウンセリング技法『心理療法』
NO14.『心理療法』の効果って?
NO15.このような場合、あなたはどうにもできないとあきらめてしまいますか?
NO16.『無意識』が『心の問題』の解消を妨害している
NO17.『心理療法』で『無意識』にも対処できる!!
NO18.心の傷は時間が経つほど、深くなり、治りにくくなり、時間がかかるようになる!!
NO19.『カウンセリングルーム こころの相談所』について
NO20.『カウンセリングルーム こころの相談所』が多様なサービスを用意している訳
NO21.これからは『心の時代』です!!
NO22.『心の病』は医学だけではなく、『心理ケア』、『カウンセリング』が必要不可欠!!①
NO23.『心の病』は医学だけではなく、『心理ケア』、『カウンセリング』が必要不可欠!!②
NO24.皆様、お悩みや心の問題を一人で抱え込んだままでいらっしゃいませんか?
NO25.心がつらくなってきた時は、そのつらい感情や思いなどをどんどん吐き出していくことが重要です!!
NO26.カウンセリングでは、自分の悩みやつらい感情や思いを吐き出すのに、ためらいはいらないのです!!
NO27.選択肢は一つでも多い方が良い!!
NO28.『カウンセリング』や『心理ケア』を日々の生活に取り入れる
NO29.カウンセリングは『心について学ぶ塾』
NO30.何よりも早めの対処が大切!!『予防カウンセリング』を受けてみませんか?
NO31.『かかりつけの心理カウンセラー』を準備しておくことが最善の方法!!
NO32.『心の問題』に対応する『行動』は『限界に達する前』が鉄則!!
NO33.『カウンセリングルーム こころの相談所』の特徴①
NO34.心の傷が深くなってしまった方が陥ってしまう苦しみのジレンマ
NO35.『心理療法』のための『心理教育』は必要不可欠だが、それが相談者様の負担となる!!その対策を考えるべき!!
NO36.『カウンセリングルーム こころの相談所』は『心理教育』の資料が非常に分かりやすく、充実している
NO37.より確実で、より効率的で、より優しいカウンセリングを提供する具体的な体制を整えています!!
NO38.メールカウンセリングでも対面カウンセリングに近いレベルのカウンセリングをおこなえる体制を整えています!!
NO39.どのような高度な技法を使っても、いくら資料を使っても、一律料金でカウンセリングが受けられる!!
NO40.自由に選んで、カフェなどでも、カウンセリングを受けることができます

NO41.『フルオーダーメイド』のカウンセリングをご提供します!!
NO42.心理カウンセラーにとって重要な要素
NO43.たくさん苦しんできた人間だからこそ、苦しんでいる人達の心がわかる
NO44.心が全ての基本!!
NO45.今の世の中は『心の問題』だらけ!!
NO46.今の日本は、学校で『心の勉強』をほとんどしていない
NO47.『心理教育』の重要性について
NO48.今こそ、人が幸せになるために『心理教育』を取り入れるべき!!
NO49.『民間レベル』で、もっと『心理教育の活動』を増やしていく
NO50.今の子ども達は『物質的な豊かさ』よりも『心理的な豊かさ』を求めている
NO51.お父さん、お母さん、今の学校の勉強だけで、子どもは『幸せ』になれますか?
NO52.変化の激しい現代で、学校の勉強だけをして、大きな会社に入っても安心はできない
NO53.お父さん、お母さん、子どもがいつか巣立っていくことを計画に入れていますか?
NO54.変化の激しい時代だからこそ、それに対応できる『心理的な術』が必要!!
NO55.子どもの人生の責任をとれるのは、子どもだけです
NO56.世の中の事件や問題を無くしていくために『心理教育』にもっと関心を持つべき!!
NO57.心理学を学ぶと常識が変わる!!
NO58.『無視』が人間にとって最も苦痛なことです!!
NO59.『心理学』を学ぶと、先のことが見えるようになってくる!!
NO60.大人と子供は全く別の生き物である!!
NO61.お父さん、お母さん、人の発達段階を理解し、子どもを健全に育てるため、心理学を学びませんか?
NO62.お父さん、お母さん、子どもの健全な成長のために今、必要な欲求を満たせていると言えますか?
NO63.子どもが健全に育っていくための最も大事な土台『愛着(アタッチメント)』
NO64.子どもが、どんどん成長いけるかどうかは、親の『愛着』にかかっている!!
NO65.皆様、『心理学』を学ぶ、3つの大きなメリットを実際に活用しましょう!!
NO66.子どもは『本能的』に、『親に愛情を受けられない=死』と捉えます!!
NO67.何よりもまず、子どもに『教育』しなければならないことは、『この世の中は安心できる』という感覚です!!
NO68.『心理学的子育て・教育』が子どもが将来、精神疾患になることを防ぐ!!
NO69.お父さん、お母さん、子どもをたくさん抱きしめてあげてください!!
NO70.3歳まで教育が特に重要!!『心理学的子育て・教育』を学んでみませんか?
NO71.『心理学的子育て・教育』の『しつけ』について
NO72.子どもに「自分はダメな子どもなんだ・・・」と思わせないようにしつけをする!!
NO73.子どもが「自分はダメな子なんだ・・・」と思わない『しつけの仕方』
NO74.難しい1歳から3歳までの『心理的子育て・教育』、『自律性』と『愛着』の両立
NO75.お父さん、お母さん、我が子を親の顔色ばかり伺う子どもに育てていませんか?
NO76.お父さん、お母さん、今の時期だけを考えて、子どもと接していませんか?
NO77.子どもの感じている世界を知りたくありませんか?
NO78.子育ての仕方を間違えると、子どもは大人では想像できないくらいの苦しみを味わう!!
NO79.1歳から3歳位の『感覚の判断基準』をしっかりとおさえておきましょう!!
NO80.1歳から3歳位までの子育ての注意点

NO81.子どもの『好奇心』、『探求心』、『夢』を親はサポートしてあげましょう!!
NO82.幼稚園、保育園の時期の子どもは『積極性』を養ってあげてください
NO83.幼稚園、保育園の時期の子どもは親子の会話を充実させ、子どもの異変を感じ取りましょう!!
NO84.3歳から6歳位の子どもは自分の『欲求』を我慢する!!だが、そのままでは健全に育たない!!
NO85.あなたの子どもは、何か『罪悪感』を抱えたままでいらっしゃいませんか?
NO86.3歳から6歳位に子どもは厳しい世界に入り始める
NO87.お父さん、お母さん、幼稚園や保育園の子どもを小さな弟、妹がいても、抱きしめてあげていますか?
NO88.3歳から6歳位までの『心理学的子育て・教育』の重要ポイントのまとめ
NO89.3歳から6歳位までの『心理学的子育て・教育』のコツ
NO90.幼少期の記憶は『忘れた』わけではない!!『忘れた状態』になっているだけ!!
NO91.小学生の時期の『心理学的子育て教育』について
NO92.徐々に『大人の自我』を取り入れていく小学生の時期
NO93.小学生の子どもとの関わり方を『心理学的』に考えてみましょう
NO94.子どもの理論的、論理的な会話には、親も理論的、論理的に話をしましょう!!
NO95.親は子どもの考えを受け入れ、『生産性』のある『欲求』を満たしてあげましょう!!
NO96.大人っぽくなった小学生でも、まだ『親に見捨てられる、親に愛されない=死』と捉える
NO97.子どもの論理的、客観的、冷静的な意見に対しては、同じように対応するのが鉄則!!
NO98.中・高・大生の時期は、「自分は何者か?」という自問自答に苦しんでいる
NO99.お父さん、お母さん、子どもに『夢』と『自信』を持てるように育てて来れましたか?
NO100.「自分は何者か」という自信を持った答えを見つけないと社会に出てから苦労をする
NO101.中・高・大生の子どもは、親に論理的、客観的、冷静的な何らかのメッセージを発している
NO102.『未来を捨てた破壊的反抗期』は何故生まれるのか?
NO103.子どもにも、子どもであるための責任がある
NO104.子どもから大人へ、その壁について
NO105.アドラー心理学を日常生活に取り入れてみましょう!!
NO106.アドラー心理学の『勇気づけ』の効果
NO107.『動機づけ』は人間社会をよりよく変えていくための重要な要素!!
NO108.ただ、『動機づけ』すれば良いわけではない!! 3種類ある『動機づけ』
NO109.『動機づけ』における『ごほうび』がもたらす4つのデメリット
NO110.『勇気づけ』とは?
NO111.『勇気づけ』と『勇気くじき』の違い
NO112.『勇気づけ』が『ごほうび』に勝る理由
NO113.『勇気づけ』の4つの注意点
NO114.『正の注目』、『負の注目』、『無視』について
NO115.『外発的動機づけ』の『罰』がもたらす5つのデメリット
NO116.『アドラー心理学』から見た従来の子育ての4つの問題点
NO117.『アドラー心理学』流・子育て法を実践するために
NO118.心理学を学んでいく上で、まず知るべきことは、目的のない行動はないこと
NO119.子どもの行動の『目的』を知り、子どもの困った行動に対処しましょう!!
NO120.子どもが『不適切な行動』をする4つのケース

NO121.子どもの『不適切な行動』を正す方法
NO122.子どものけんかは両方の話を聞く!!家族を一つのまとまりと捉え家族円満へ
NO123.子どもの『かまって行動』の対処方法
NO124.聞き下手は相手を自閉的にし、聞き上手は相手を自立的にする
NO125.子供の話を聞く9つのポイント
NO126.『勇気づけ』が必要な理由
NO127.『勇気づけ』の言葉かけ(実践編①)
NO128.『勇気づけ』の言葉かけ(実践編②)
NO129.子どもの希望を叶えられない時の対処法
NO130.『相互尊敬』と『相互信頼』
NO131.『親の課題』と『子どもの課題』、『課題の分離』について
NO132.『子どもの課題』に親が手を出すデメリットについて
NO133.親子関係で何を『共同の課題』と捉えるか①
NO134.親子関係で何を『共同の課題』と捉えるか②
NO135.親は子供から『共同の課題』を持ちかけられた時、どのように向き合えばいいか
NO136.『支配する人』から『援助する人』になりましょう!!
NO137.人間は、『怒りの感情』を自分の意思で武器として使っている
NO138.人間は失敗の経験によって成長する
NO139.『短所』だと思っていたものが『長所』だと気づける『リフレーミング』
NO140.子育ては過保護・過干渉ではなく、『結果』を『体験』させる子育てを!!
NO141.『自然の結末』と『論理的結末』の実践の注意点
NO142.子どもが成長する親子の話し合いのポイント
NO143.『アドラー心理学流』望ましい親子関係の構築のポイント①
NO144.『アドラー心理学流』望ましい親子関係の構築のポイント②
NO145.アドラー心理学(理論編)
NO146.アドラー心理学の5つの理論 1.自己決定性
NO147.アドラー心理学の5つの理論 2.目的論
NO148.アドラー心理学の5つの理論 3.全体論
NO149.アドラー心理学の5つの理論 4.認知論
NO150.アドラー心理学の5つの理論 5.対人関係論
NO151.勇気の3つの要素
NO152.勇気のある人と勇気のない人の違い
NO153.『共同体感覚』について
NO154.5つのベイシック・ミステイクス(基本的な誤り)
NO155.コモンセンス(共通感覚)を養う
NO156.『怒り』は何故、発生するのか?①
NO157.『怒り』は何故、発生するのか?②
NO158.『怒り』をコントロールする方法
NO159.うまくいかない時の対処方法①
NO160.うまくいかない時の対処方法②

NO161.ライフタスクとは?
NO162.良い人間関係を築くためのポイント
NO163.コミュニケーション上手になるコツ(観察上手)
NO164.コミュニケーション上手になるコツ(聴き上手)
NO165.人間関係でもめてしまった時の対処法
NO166.人間関係がうまくいく秘訣は適切な距離をとること
NO167.人を動かす動機づけの方法
NO168.賞罰がもたらす問題点
NO169.相手を説得する方法
NO170.人を注意することの3つの目的について
NO171.注意する時のポイント
NO172.勇気がある人は楽観主義である
NO173.親の接し方により、子どもの一生のライフスタイルが決定する
NO174.親の子どもへの悪いしつけ方はどういうものか
NO175.望ましい親子関係とは
NO176.ソーシャルサポートについて
NO177.ピントリッチの動機づけ
NO178.気分一致効果を活用し、より幸せに!!
NO179.自己複雑性人間はストレスに強い
NO180.家族システム論
NO181.家族システム論ーサブシステム
NO182.家族と言えども超えてはいけない『境界』がある
NO183.家族システムの『境界』は強すぎても、弱すぎても弊害がある
NO184.家族内で『同盟』を作ると、負の連鎖が起こる
NO185.落ち込んでしまった時は、とにかく外に目を向け、何でもいいので行動しましょう
NO186.『私的自己意識』と『公的自己意識』
NO187.落ち込んでしまった時は、『絶対評価』に切り替えましょう!!
NO188.成功した時は、喜びの感情を思いっきり表しましょう!!
NO189.相手の良い行動をよく見ている位が丁度良い
NO190.人の能力を伸ばしたければ、相手に期待を示しましょう

NO191.言葉だけでは相手に十分伝わらない
NO192.助けて欲しい時は、助ける人を指名しましょう!!
NO193.人の性格には4つの領域がある
NO194.交渉テクニック①
NO195.交渉テクニック②
NO196.落ち込んでいる時に、無理になぐさめるのは逆効果
NO197.ぎこちない人間関係を改善する方法
NO198.ユーモアのセンスを身に付ける方法
NO199.会話を弾ませるテクニック
NO200.色彩調整を活用しましょう
NO201.都会の人は本当に冷たいのか?
NO202.今こそ、善か悪かで判断する風潮を改めて考える時
NO203.理由が分からず欲求不満を感じている時は、適応機制をおこなっていないか見てみましょう
NO204.理想的なリーダー像とは
NO205.やる気を起こすパブリック・コミットメント
NO206.超重要!!『自己効力感』
NO207.『自己効力感』を高める方法
NO208.それぞれの人の物事の捉え方『認知』、それを改善する『認知療法』
NO209.『性格』は変えられる!?
NO210.ムダ、ムリ、ムラを無くし、能率を上げる
NO211.会社、組織、チームを維持する要素は?
NO212.メンバーを集団に留まらせるには?
NO213.集団の硬直化
NO214.集団での対人関係『競争と共同』『支配と服従』
NO215.集団規範による個人への影響
NO216.集団での対人関係『同調と逸脱』『達成と親和』
NO217.『対人認知』と『対人魅力』について
NO218.『対人葛藤』の対処法について
NO219.集団のデメリット①